十本指のブログ

十は残りのもの。残りのものには至福がある。

【FGO】異聞帯インドは二転三転する【竹箒日記の伏線】

ハロー、ワールド。

 

今回もFGOネタ。【異聞帯インドが回転する】伏線。

「リンボがアンリマユの力を拝火教の『四角』に向けて世界を回転させる」伏線。

今度は竹箒日記(2019/03/15)だ。

 

f:id:tenfingers:20190319195611p:plain

 

次回イベント「徳川【廻天】迷宮大奥」

 

f:id:tenfingers:20190319043727j:plain

 

前回イベント「旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ」の【世界を廻転】

 

f:id:tenfingers:20190319043823j:plain

 

前々回イベント「深海電脳楽土SE.RA.PH」の【リンクスリンクス大回転】

 

f:id:tenfingers:20190224191937p:plain

 

プラス【正月に食べる餅】は、蘆屋道満安倍晴明から奪った秘伝書の冒頭に

書かれているお話で、それは源頼光の源であり【正月の神(牛頭天王)】のお話。

 

f:id:tenfingers:20190224191820p:plain


それに反応したトリスタンの「シキブ=ムラサキ」。

 

f:id:tenfingers:20190224194927p:plain

 

前々々回イベント「バレンタイン2019」で実装された紫式部とリンボの関係。

 

f:id:tenfingers:20190114121959p:plain

前々々々回の【正月】イベント「閻魔亭繁盛記」で登場した山の翁(初代様)がかつて演じたジウスドゥラは、仏教では【閻魔】に該当し、閻魔は、拝火教では【イマ】に該当し、拝火教の【イマ】が造る『四角』は【アンリマユ】の大雪に耐えるもの。

 

拝火教のアンリマユ(悪の神)を喰った可能性が高いリンボと、

拝火教の『四角』に関する伏線、リンボに縁が深い【正月】と源頼光

あまりにも露骨につながりすぎる。さらに!竹箒日記に。

 

 

f:id:tenfingers:20190320125802p:plain

 

>【二転三転する】

 

という回転伏線と、

 

>「シナリオ担当すると、自分でゲームする時の驚きがなくなっちゃう」

 

と驚きの伏線を張っている!これはやはり異聞帯インドの回転予言だろう。

 

新しい発見。私は今まで異聞帯インドが【二回】回転すると予想してきた。

が、【二転三転する】から異聞帯インドは三回回転するのかもしれない。

 

「徳川【廻天】迷宮大奥」にさらなる回転伏線が待っているかも…!

異聞帯インドはやく来い来い。

【FGO】異聞帯インドは廻天する【三度目の予言】

ハロー、ワールド。

 

いい加減馬鹿らしくなってきたけれど、今回もFGO小ネタ。

【異聞帯インドは廻天する】伏線だ。

 

f:id:tenfingers:20190319195611p:plain

 

徳川【廻天】迷宮大奥。

 

f:id:tenfingers:20190319043727j:plain

 

前回イベントの「旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ」では、

モリアーティが【世界を廻転】させると言い、

 

f:id:tenfingers:20190319043823j:plain

 

前々回イベントの「深海電脳楽土SE.RA.PH」では、

タマモキャットが【リンクスリンクス大回転】と言っていた。

それに反応したトリスタンは【シキブ=ムラサキ】の名を出した。

 

f:id:tenfingers:20190224194927p:plain

 

前々々回イベントの「バレンタイン2019」では、

紫式部が登場し、リンボという【異聞帯インドを回転させる可能性が最も高い者】

の存在が匂わされていた。

 

f:id:tenfingers:20190114122346p:plain

 

前々々々回イベントの「閻魔亭繁盛記」では、

紅閻魔とグランドの初代様、それに虎名主が、リンボの【インド回転】に

関する伏線をバラまいていた。

 

私はすでにこれらの考察を何度も繰り返してきたのでここでは省略する。

 

兎に角、【異聞帯インドは回転し、廻転し、廻天する】。

実際に回転するのは二回だろう。

【FGO】異聞帯インドは二度廻る【予言再び】

ハロー、ワールド。

今回はFGOの短い小ネタ。

私はすでに【異聞帯インド】の伏線について繰り返し何度も記事にしてきた。

『深海電脳楽土SE.RA.PH』の復興イベントに続き、『旧き蜘蛛は懐古と共に糸を紡ぐ』で同じ伏線についてまた伏線があったので言及しよう。


f:id:tenfingers:20190319043727j:plain


【これは異聞帯インドが廻転する伏線だ】


f:id:tenfingers:20190319043823j:plain


【これは異聞帯インドが二度廻転する伏線だ】。

「正義の味方」という言葉が生まれた1894年

ハロー、エヴリワン。

 

 今回は「正義の味方」という日本語独特の表現について。

インターネットではこの言葉が『月光仮面』の放送、1958年(昭和33年)から始まったという記述が見受けられる。けれど、実際はさらに64年前から存在している。

 

f:id:tenfingers:20190309032005j:plain

 

それはキリスト者内村鑑三の『後世への最大遺物』だ。箱根の芦ノ湖の畔で、33歳の内村鑑三が語った近代的な講演で出てくる言葉。内村鑑三は、徳川家康の子供の頃の話を引用する。河原で子供が2グループに分かれ、石を投げ合っていた時、彼は家来に命じた「少ない方へ行って助けてやれ」と。

 

>それでわれわれのなすべきことはいつでも【少数の正義】の方に立って、

>そうしてその正義のために【多数の不義の徒】に向って石撃をやらなければなりません。

>もちろんかならずしも負ける方を助けるというのではない。

>私の望むのは【少数とともに戦うの意地】です。その精神です。

>それはわれわれのなかにみな欲しい。

>今日われわれが【正義の味方】に立つときに、

>われわれ【少数の人が正義のために立つ】ときに、

>少なくともこの夏期学校に来ている者くらいはともにその方に起ってもらいたい。

 

ここで語られてる正義の味方は、武士の意地で、

多数派につかず少数とともに戦う意地、とある。

 

確かに強い方、多数派につく側は意気地なしで

悪い打算的な心理が働いており、そこに正義はない。

みんなに合わせる側は、正義の味方側では決してない。

正義の味方は最初のうちは損をしてるようでも、最終的には徳川家康のように

天下を掴むのだろう。近代的なジャスティスはさらにこの先にある。

「多数か少数か」という前近代にある日本人には、まだジャスティスはわからない。

 

ジャスティスは、絶対君主の正義でない正義、

絶対的な王なき正義だ。天皇制を続ける日本人には理解できないし、

批判もできない尊いもの、それがジャスティスだ。

だから、「絶対的な正義を騙る海軍」や「自由な王」という

封建的で古臭い世界観にハマっている人は、近代的な正義を嫌う。

 

王や天皇に依存する人々は正義の側につけないし、

尊い正義が何のことかわからないし、正義を批判できない。

彼らは絶対的な王なき近代の正義を、絶対的正義だと勘違いする卑しい老害になる。

彼らは自由権と共にある近代の正義を理解できない卑しい老害になっている。

1日3時間しか眠れない不自由な尾田栄一郎は、自分や家族をおろそかにする

古いタイプのお父さんの典型だ。その道のりにも果てにも人の自由はない。

 

人間の正義や自由は、天皇や王やみんなに合わせるのをやめた新しい人にしか

見えてこない。

 

私は最初に言った。「ハロー、“エヴリワン(everyone)”」と。

シンプルなこの言葉は、みんなに合わせない“ワン(自分)”

を持った人へのあいさつだ。

 

あなたは正義と自由を知る「エヴリワン」だろうか?

それとも、あなたはみんなの中で意気地も正義も自由も自分も無くした、

家畜のようなモブだろうか?

 

人と人の人間関係に自由と正義はあり、

天皇と民の非人間関係には不自由と不義しかない。

 

あなたは人か?それとも民か?

 

シーユー、エヴリワン。

【FGO】モンジョワとロンギヌスの槍

モンジョワー!

f:id:tenfingers:20190307044220j:plain

 

謎のフランス語からボンジュール。

今回は、FGOのブラダマンテのかけ声「モンジョワ!」についての短い話。

モンジョワ(Montjoie)は、文字から見るとmont(山)とjoie(喜び)。

この言葉は中世フランスの武勲詩『ローランの歌』の中で、“シャルルの勝鬨”として使われている。

この武勲詩の説明によれば、「モンジョワ」の勝鬨は、ブラダマンテやローランの主君シャルルマーニュが持つ王剣【ジョワユーズ(Joyeuse)】の名から取られたとある。

 

f:id:tenfingers:20190307044312j:plain

 

このジョワユーズは、【かの聖遺物ロンギヌスの槍の切っ先を柄に埋め込んだ剣】で、フランスの王権を象徴する。なので、ジョワユーズはフランスの太陽王ルイ14世肖像画や歴代フランス王の肖像画にも描かれている。また、ナポレオンも皇帝の戴冠式にジョワユーズを使用したそうだ。そのうち、ナポレオンとブラダマンテの絡みか、ナポレオンとシャルルマーニュ(またはカール大帝)の会話にジョワユーズが出てくるかもしれない。

 

f:id:tenfingers:20190307044352j:plain

 

f:id:tenfingers:20190307044423j:plain

 

ただ、「モンジョワ」が「ジョワユーズ」に由来するとしても、モン(山)の部分はどこから来たのだろうか、という疑問が残る。私はおそらく、山で戦士したパラディンシャルルマーニュ麾下で最強のパラディンであるローランに由来すると踏んでいる。この話はすごく長くなるので今回は割愛する。が、【ローランが実在した貴族】であり、フランスに限らず、ドイツ、イタリアでも長く人気のある英雄で、決して裸になりたがる変態騎士で割り切れない、とだけ言っておこう。

 

f:id:tenfingers:20190307044937j:plain

 

モンジョワー! いつか私はローランについて書くかもしれない。

聖書の神は「父」ではない。

レディース&ジェントルメン。

今日は、バイブルを知らない日本人向け、初心者向けの軽い話。


f:id:tenfingers:20190302211602j:plain


キリスト教をよく知らない日本人は、なんとなく「父なる神」のイメージ、あるいは「男性」「ゼウス的なおじいちゃん」のイメージが強いかもしれない。これはものすごく間違っている。

旧約聖書には、「父」が神という表現はたった3回しかない。

なので、「聖書の神」と、旧約聖書を含めて言うのなら、聖書の神は、父なる神ではない。クリスチャンのエリートには、父=旧約聖書の神かもしれないが、「父なる神」は宗教的エリートにしかわからない高度な解釈だ。

そもそもが、聖書では、【神々(単数扱い)】が2520回使われ、【神】は250回しか出てこない。なので「父なる神」でなく、「(唯一の)神々」と呼ぶのが無難だ。

聖書の主は、父や神ではなく、神々。

とりあえず、その初歩からどうぞ。

【世界の恥】ガイジン差別の日本国憲法

ハロー、エヴリワン。

日本國憲法第十六条 

【外国人は平等に法律の保護を受くる権利を有す】

皆さんはこれを聞いたことがあるだろうか?今回は日本國憲法プロトタイプ、GHQ草案について。


f:id:tenfingers:20190219003301j:plain

(国立国会図書館の画像より)


現在の日本国憲法は、外国人に人権を認めていない。人権があるのは日本【国民】だけだ。しかし、日本國憲法プロトタイプ、GHQ草案には外国人の人権が明記されていた。日本人が意図的に削除した条文。

GHQは、自分たちが提案する憲法草案と、日本人が提案する憲法草案を、「日本に住む人々全員に投票で選んでもらおう」と提案したが、日本人の官僚は選択肢を潰し、自分たちの草案だけをゴリ押しした。

そして日本人は草案になかった【国民】というねつ造単位を基礎に、【国民でない外国人の人権条文を削除した】。元々、世界では、平等や人権の単位に【外国人や天皇を含んだ】グループ、「ザ・ピープル(the people)」を使う。

ザ・ピープルは世界の各憲法に使われている国際的な単位だ。差別主義者でもなければ、ザ・ピープルを否定した【国民】という単位を使わない。

しかし、日本人はガイジン差別と天皇制維持のために、【国民】をねつ造し、【外国人の人権】を削除し、70年以上もその差別憲法を「世界に誇る平和憲法」という寝言をほざいてきた。

今までそれが問題視されなかったのは、英訳の際やな【国民をthe peopleとして伝え】、憲法第10条の英訳は【日本語と異なる内容を伝えている】から。


f:id:tenfingers:20190302153837j:plain

第十条 【日本国民】たる要件は、法律でこれを定める。

f:id:tenfingers:20190302170135j:plain

Article 10. The conditions necessary for being a 【Japanese national】 shall be determined by law.


国民を【Japanese national】と英訳しているのは第10条だけだ。日本国憲法の平等と人権の単位が【日本国籍を持つ人だけ】という真実を隠すための嘘。日本【国民】でないガイジン差別を永遠に続けるための嘘。日本国憲法は、世界に嘘をついている。


憲法は更新するのが当たり前で、日本を除く大戦の敗戦国はすべて憲法を改正している。70年以上も憲法について何も考えて生きてない豚は日本人だけだ。


f:id:tenfingers:20190302154454j:plain


反日や外国人以前に、日本の基礎単位【国民】が空想という、地球最低の大嘘を70年以上もみんなで共有してきた日本人。日本は、その国名〈日本〉を放棄し、国旗〈日の丸〉を放棄するまで、決して近代国家になれないだろう。

日本や日本人は、【国民】や【非国民】、【反日】や【ガイジン】の差別から決して離れられない。だが、日本や日本人や日の丸や天皇という名称を消し去れば、差別をしない新しい人々、差別のない新しい国ができる。

日本でない新しい国。日本人という名称を改名した新しい人々。新しい憲法では、ようやく平等と人権の基礎単位が「人々(ザ・ピープル)」になり、外国人の平等と人権が認められるだろう。


“日本人は差別しかできない”

“日本人という名称を変えた新しい人々だけが近代人になれる”


それが真理だ。日本と日の丸と日本人と天皇は滅ぶしかない。新しい名を持つ人々、新しい国、新しい国旗、新しい公共だけが生きて栄える。それが真理だ。