十本指のブログ

十は残りのもの。残りのものには至福がある。

【Fate】なぜ歴代ハサンは十九人なのか?【Grand Order】

なぜハサンは19人なのか? Fate/Grand Order

Fate/Grand Order』で人気上昇中のキングハサン。イスラーム教のニザール派、歴代ハサンたちは「19人」。f:id:tenfingers:20170226015118j:plain

人気上昇中のキングハサンの宝具は、「死告天使(アズライール)」。f:id:tenfingers:20170226015134j:plain

なぜ、「ハサンは19人」で「キングハサンはアズライールを使う」のか?

イスラーム教徒の啓典には、世界の終わり、最後の審判に現れる地獄の天使たちは、「19人」とある。


よし、あの男、地獄の劫火で焼いてやる。さて、劫火とは何かとなんで知る。一物も残さず、一物もあまさず、皮膚をじりじり焼き通し、十九(の天使)がその番をする。――『コーラン』74章26〜30節 井筒俊彦

さて劫火の番兵には天使ばかり使うことにした。それから(十九という)その数は邪宗徒どものつまづきのもとにて特に我らの指定したもの。――『コーラン』74章31節 井筒俊彦


また、アズライールことイズラーイールは、終末のラッパを告げる天使だ。

つまり、【19】とは世界(全宇宙)の終わりを告げる数字である。


――などと書くと誤解する人たちもいるだろうが、『クルアーン』とは『新約聖書より新しい聖書』であり、この【19】も『旧約聖書』や『新約聖書』と同じ文脈、終末の文脈で用いられている。

・『ヨハネの黙示録』19章 メシア来臨。
・バビロン捕囚、エルサレム神殿が焼かれ城壁も破壊されたのは、ネブカデネザルの「第十九年」。
・『イザヤ書』19章および19節 終末の予言。
・『ルカによる福音書』19章 イエスのエルサレム入場。

などでは、「古いエルサレムが破壊され、新しいエルサレムができる(イエスのエルサレム入場、イエスの復活、救世主の来臨)」というアルカナ(内意)で終末が表現されている。

最もわかりやすいのは『ヨハネの黙示録』の19章だろう。この章で来臨するメシアは【一頭の白い馬】にまたがり【血に染められた衣をまとい】とある。それゆえ、タロットの19番目「太陽」を見ると<白馬にまたがり><赤い布をもった>赤子でソフトにメシアが示されている。f:id:tenfingers:20170226015241j:plain

そしてタロットの20番目は「審判」である。19番目「太陽(終末)」→「審判(復活)」という流れ。


イエスの復活にはさまざまな意味があり、その一つが「全ての人間は終末に復活する」という、”終末と最後の審判は本当に起きる”という知らせだ。

その終末的な状況を示す【十九】ゆえに、ハサンは十九人であり、キングハサンは魔を超え、神々の力を超え、神々の母を超え、英雄の中の英雄を軽くあしらい、魔力なしに<天候>を操り、<天命>で判断し、<天意>で動き、<天使>の名の技を使う。この場合、天とは、英雄や神々や神々の母を超えた<終末の天(の使い)>と言ったところか。f:id:tenfingers:20170226015352j:plain

なぜ、キングハサンが英雄という枠を超えているのか、グランドアサシンという冠位すら気にかけていないのか。それは彼が、己を英雄、神々、神々の母を超えた<終末の天>と己をシンクロさせているからだ。

ところで、イスラーム教徒がクルアーンの章を読む前に読む序文

بِسْمِ ٱللّٰهِ ٱلرَّحْمٰنِ ٱلرَّحِيمِ
(慈愛あまねく慈悲深い神の御名において)

は【19】文字である。またクルアーン最初の啓示(96章)は【19】節である。また、96章は終わりの章から数えて【19】番目である。また、クルアーンの章は114章で【19の6倍】である。それと、私の「タロット画像」フォルダの画像がなぜかクルアーンと同じ114画像だった。

さあ「首を出せ!」f:id:tenfingers:20170226015305j:plain

لا إله إلا الله محمد رسول الله
アッラーの他に神はなく、ムハンマドは神の使徒である)