読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

十本指のブログ

十は残りのもの。残りのものには至福がある。

スーパーマンの本名とヘブライ語

アメリカンコミック関連のヘブライ語小ネタ。

f:id:tenfingers:20170325185917j:plain

スーパーマンの本名は「カル・エル(Kal-EL)」という。「カール」はヘブライ語で“קָל”、《速い》を意味し、「エール」はヘブライ語くで“אֵל”、《神》を意味する。つまり、スーパーマンは《速い神》という意味で名づけられたヒーローだろう。

f:id:tenfingers:20170325185930j:plain

ニーチェは、ヒーローが嫌いで、《超人(スーパーマン)》を「神や人間たち(民衆)を超えたわたし」として発明したがっていた。しかし、皮肉にも「民衆を救うヒーロー、スーパーマン(速い神)」という対ニーチェの最悪の嫌がらせが、地球に定着した。

また、「カール(קָל)」ではなく、「カル(קַל)」は《軽い》や《単純な》を意味する。カルならば、スーパーマンは《軽い神》や《単純な神》となり、どことなく読者を小馬鹿にした意味にも受け取れる。

ニーチェまたは読者が皮肉られているのか、両方とも皮肉られているのか、とにかくスーパーマンは、「素早く空を飛ぶヒーロー」だ。

他にも、アメリカンコミックのヒーローたちにはヘブライ語ユダヤ人のネタが盛り込まれているらしいので、ネタが溜まったら、私はまた何か書くかもしれない、ان شاء الله.