十本指のブログ

十は残りのもの。残りのものには至福がある。

唯一なる「神々」と唯一なる「我ら」

f:id:tenfingers:20171213134235j:plain

「【我々は】降って行って、直ちに彼らの言葉を混乱させ、互いの言葉が聞き分けられないようにしてしまおう。」━━『創世記』11章7節


שָׁלוֹם(平和あれ)、兄弟よ、姉妹よ。

一神教は「唯一なる神々の宗教」だ。今回は、その内容、聖書やクルアーンコーラン)に出てくる「神々」と「我ら」について伝えよう。タイトルに間違いはない。「唯一なる神々」「唯一なる我ら」という矛盾したフレーズは、正しい。

聖書の神は「唯一神」であり、聖書には「神」という語が多く、「神々」という語は少ない━━と思う人は多いはずだ。しかし、それは真実に反する。聖書に【2570回】出てくる語、「エローヒーム(אֱלֹהִים)」は複数形、つまり「神々」だ。この「神々」は通常「神」と翻訳されている。では、聖書で「エール(אֵל)」という単数形は何回出てくるだろうか?【250回】だ。「神々」は【2570回】、「神」は【250回】、どちらも基本的に同じ存在を示している。ついでに言うと、聖書やクルアーンに「絶対神」「絶対的正義」という言葉は一度も出てこない。

この話をはじめて聞いた人は「聖書では『神々』が9割以上で『神』が1割未満?」「絶対神や絶対的正義という言葉はウソ?」と混乱するかもしれない。ユダヤ教キリスト教は、神々を否定する唯一絶対神の宗教ではないのかと。

そう、新約聖書に最も大事な掟として引用されている文の直前にある「神は唯一」というフレーズも、ちゃんと訳せば「神々は唯一」だ。

שְׁמַע, יִשְׂרָאֵל: יְהוָה אֱלֹהֵינוּ, יְהוָה אֶחָד.
(聞け、イスラエルヤハウェは私たちの【神々】、ヤハウェは唯一。)━━『申命記』6章4節

この最重要な文、日本語訳聖書ではどう訳されているだろうか?

「聞け、イスラエル。我らの【神】、主は唯一の主である。」━━(新共同訳)
「聞きなさい。イスラエル。主は私たちの【神】。主はただひとりである。」━━(新改訳)
イスラエルよ、聞け、わたしたちの【神】、主こそ、唯一の主である。」━━(フランシスコ会聖書研究所訳)

※英語訳でも全て「God」訳。

ちなみに、聖書の創造主も「神々」だ。聖書で天地を創造する主語、人間を創造する主語、そのどちらも「神々」だ。創造主は「神」(単数形)ではない。だから、「神々」は「“私たち”に似せて」人間を創造し、【男性と女性】(複数)を創造する。これは聖書のはじめの2ページを原語で読めば、誰でもわかることだ。聖書の最初の一文、天地創造を引用してみよう。


בְּרֵאשִׁית, בָּרָא אֱלֹהִים, אֵת הַשָּׁמַיִם, וְאֵת הָאָרֶץ.
「はじまりに【神々】が諸天(複数形)と地を創った。」

f:id:tenfingers:20171213134648j:plain


また、聖書の基本中の基本、神の一人称は「我ら、私たち」だ。これは聖書だけでなくクルアーンコーラン)でも同じ。つまりアッラーもまた【唯一なる神々】だ。学者的な、中立的な(そして退屈な)解説では、この複数形について、「昔の君主が使っていた威厳を出すための表現」と言う。しかし、本当のところ、唯一者の一人称が「我ら」である理由は不明だ。

日本の多神教徒たちは、こんな話を聞くと「聖書は多神教だったのに後世の人々が一神教に塗り替えた」「多神教一神教のテキストが混じっている」と思いたがるだろう。しかし、それらは違う。ヘブライ語アラビア語は、名詞だけではなく動詞にも単数形と複数形がある。そして、聖典では主語が「神々」や「我ら」でも、動詞は単数形だ。聖典でこのような文法は他にない。聖典では意図的に矛盾した表現が使われている。

ただ…いくら動詞が単数形でも、主語が「神々」なのに「神」と訳すのは改ざんかつ冒涜に当たる、というのが私の意見だ。日本語訳聖書は「エローヒーム(אֱלֹהִים)」を「神々」と翻訳すべきだし、英語訳聖書でも「Gods」と翻訳すべきだ。これは正論だが、クリスチャンから猛反対される正論だろう。「神々」を「神々」と翻訳すべきだと言う私は、多神教徒呼ばわりされるに違いない。

断っておくが、私はアッラー(=エローヒーム)が唯一だと信じている。私は宗教勧誘なし、自分の意志で日本人ムスリムになった人間だ。私の通った幼稚園から大学まで無宗教だし、私の家族や親戚に神を信じる人はいない。私はみんなの意見を故意に無視するのが大好きだ。私は小学生の頃、集団いじめに参加しないとお前もいじめるぞと脅されても「参加しなかった」し「いじめられなかった」。私は中学生の頃、【男子トイレでウンコするな】という暗黙の掟を破壊し、みんなが普通にウンコするようになった。

話がウンコに逸れた。とにかく、私は日本人なら多神教徒になれ、クラスの集団いじめに参加しろ、男子トイレでウンコするな等の「みんなの空気」を読まずに勇気を出すのが大好きだ。私はみんなに流されず、自分の頭で考える。だから、私は「神々を神と訳しましょう」とみんなに誘導されれば、「神々は神々だろ」と言い始める。

私は聖書やクルアーンの「我ら」が唯一だと信じる。バイブルの唯一者はゴッズで、クリエイターズだ。

一神教は神々を否定しない。神々を唯一にして肯定する。最後まで読んでくれた方にשָׁלוֹם אֱלֹהִים(神々の平和あれ)。