ヒストールのブログ

三国志級のローマ漫画がほしいな…

英語から造られた偽日本語

 

f:id:tenfingers:20200802140132p:plain

全日本人が必ず使う英語誤訳



  英語から造られた漢字、全文字誤訳を少し並べると丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶こうなる。2000を超える誤訳1884年の哲学辞典『哲学字彙 改訂増補版』で広まった。

 

個人コジン人格ジンカク自然シゼン存在ソンザイ権利ケンリ主権シュケン民主主義ミンシュシュギ共和国キョウワコク政府セイフ政治セイジ警察ケイサツ宗教シュウキョウ教会キョウカイ教育キョウイク教科書キョウカショ公共コウキョウ社会シャカイ会社カイシャ経済ケイザイ資本シホン歴史レキシ文化ブンカ伝統デントウ哲学テツガク芸術ゲイジュツ文学ブンガク科学カガク物理学( ブツリガク本質ホンシツ観念カンネン概念ガイネン主観シュカン客観キャッカン理性リセイ本能ホンノウ目標モクヒョウ目的モクテキ手段シュダン問題モンダイ解決カイケツ具体グタイ抽象チュウショウ肯定コウテイ否定コウテイ思想シソウ感情カンジョウ表現ヒョウゲン意見イケン交換コウカン議論ギロン批判ヒハン批評ヒヒョウ会話カイワ交流コウリュウ体験タイケン経験ケイケン実感ジッカン実験ジッケン実際ジッサイ実現ジツゲン現象ゲンショウ現実ゲンジツ理想リソウ

 

 日本人は口頭で、新聞で、TVニュースで、雑誌で、広告で、ドラマで、映画で、漫画で、アニメで、ゲームで、教科書で、官公庁で、会社で、必ずこれらの全文字誤訳を誤用する。これらの字と読みに、元の英語(字)につながる言葉はない。日本人がこれらをニガテとするのは、これらの字と読みが全てニセモノだからだ。

 

主人公が消え【ヒーロー】に変わる時代(ERA)が来た

f:id:tenfingers:20200802032201j:plain

S P

 ハロー、ガイズ。

 これは古い言葉の“主人公”は消え、“ヒーロー”に変わるだろう話。たとえば、子どもたちとって『鬼滅の刃』の竈門炭治郎は、ヒーローだろうか?しゅじんこうだろうか?もちろん、ヒーローだ。子どもに“しゅじんこう”なんてながいコトバはわからない。

 

 近ごろ、『僕のヒーローアカデミア』『ワンパンマン』、ダイレクトなヒーロー漫画、ヒーローアニメが増えてきた。考えてみて。日本の漫画は、あまりヒーローとは言わない。“主人公”と言う方が多い。ラノベやなろう小説以前に、小説や文学でも主人公と言う。

 

 主人公、魔王、悪魔、魔法、僧侶、執事、これらはみんな仏法(仏教)用語で、ゲームのファンタジーに出てくるけれど、本当は西洋やファンタジーとつながっていない。これらは、エルフ、ゴブリン、ドワーフ、ニンフの世界とズレている。愛、恋愛、愛情、正義、味方、正義の味方という言葉も明治に造られたニセ翻訳で、ホンモノの中身がない。日本のニセモノファンタジーで使われる翻訳用語、宗教シュウキョウ教会キョウカイ教皇キョウコウ枢機卿スウキキョウ司教シキョウ司祭シサイは元の英語(字)と漢字が一文字も合っていない。これらはかすりもしない全文字誤訳だ。これらは学校や新聞やTVや学者も使うので、漫画家や漫画編集者やアニメ監督やゲーム会社や小説家や文学家や哲学者の手に余る。というより、哲学テツガク文学ブンガク会社カイシャ教育キョウイク教科書キョウカショすら、元の英語(字)と漢字が一文字も合っていないニセ翻訳だ。

 

 英語から造られた全文字誤訳はまだまだある。それらは日常でも物語でもニュースでも使う語だ。まとめて言うと、個人コジン人格ジンカク自然シゼン存在ソンザイ権利ケンリ主権シュケン民主主義ミンシュシュギ共和国キョウワコク政府セイフ政治セイジ警察ケイサツ宗教シュウキョウ教会キョウカイ教育キョウイク教科書キョウカショ公共コウキョウ社会シャカイ会社カイシャ経済ケイザイ資本シホン歴史レキシ文化ブンカ伝統デントウ哲学テツガク芸術ゲイジュツ文学ブンガク科学カガク物理学( ブツリガク本質ホンシツ観念カンネン概念ガイネン主観シュカン客観キャッカン理性リセイ本能ホンノウ目標モクヒョウ目的モクテキ手段シュダン問題モンダイ解決カイケツ具体グタイ抽象チュウショウ肯定コウテイ否定コウテイ思想シソウ感情カンジョウ表現ヒョウゲン意見イケン交換コウカン議論ギロン批判ヒハン批評ヒヒョウ会話カイワ交流コウリュウ体験タイケン経験ケイケン実感ジッカン実験ジッケン実際ジッサイ実現ジツゲン現象ゲンショウ現実ゲンジツ理想リソウこれらは読み方も漢字も、元の英語とつながりがなく、日本語とのつながりもない。これらはシェアされてきた意と過去がない。だからこれらの漢字や読み方からイメージすれば100%誤用するし、これらを日本語だと思えば、その人は人生そのものがおかしくなる。日本人は、個人コジン人格ジンカク自然シゼン存在ソンザイ権利ケンリ政治セイジ公共コウキョウ社会シャカイ歴史レキシ文化ブンカ伝統デントウ感情カンジョウ意見イケン議論ギロン批評ヒヒョウ会話カイワ体験タイケン経験ケイケン実感ジッカン現実ゲンジツ理想リソウのいずれも敬わなかったし、今も敬わない。なぜなら全ての語が全文字誤訳なため。こういう語は、『哲学字彙 改訂増補版』(1884)で急に2000語以上広められた。全ての日本人は密かに発狂している。全ての日本人はこれらを日本語や正しい訳と思い込み、これら全てを誤用する。

 

 とは言え、今すぐ英語誤訳を禁止し削除すれば、新聞や教科書や漫画や小説や批評や哲学は空白だらけになる。日本人の発狂はすぐに治らない。ただ主人公をヒーローに改めればいいという話ではない。漢字化された英語に加え、カタカナ英語や個々の勘違いを含めれば間違いは万を超える。日本人一人一人が万の間違いを犯し、億倍となり、兆の間違いが日本人を人以下のもの、日本を国以下のものに落としている。日本のほぼ全てが間違いであり、明治も大正も昭和も平成も令和も間違いだらけだ。

 

 主人公という仏法(仏教)用語が消える“カタキタチdestiny”は変えられない。13世紀インドで仏法(仏教)が絶滅したのと同じこと。英語の背景にあるラテン語やアヴェスター語やギリシャ語やアラム語ヘブライ語は、田舎語の仏法(仏教)用語よりはるかに広く細かく深い。主人公が消え、ヒーローが基になったなら、今ある英語誤訳は一つも残らない。現代日本語はハリボテで中身がなく、虚ろな語は中身を求める。

 

 世間(さま)、迷惑、あきらめ、我慢、根性、苦行、餓鬼、愚痴、出世、接待、大衆、頂戴、皮肉、方便、面目。これら老害語は若返らない。下らない仏法(仏教)用語は全て消える“カタキタチdestiny”。英語からありもしない語を造り、英語に日常で使わない文献用語をあてはめ、居ないものが海外にいると嘘をつく。僧や尼に日本のここ150年を“シタタチunderstanding”できる者はいない。巫女や神主に“カシコシラシwisdom”ある者はいない。儒者道家に“シルタナknowledge”持つ者もいない。

 

 ヒーローは万の言葉を軍隊として連れて来る。主人公は、残らない。

 

 

ジャスティス誤訳《正義》から逃げる老害たち(スマホ版)

f:id:tenfingers:20200606095632p:plain

本当の発音はジャステス

 

 《正義》はジャスティ(       ✕の誤訳。

《正義》は使い方も誤用。

 

 ハロー、エヴリワン。

日本人は《正義》を避けるか、「否定」的に語る向きがある。だが《正義》は誤訳で、ジャステス丶丶丶丶丶は国内と外交の【公正ジャステス】だ。【公正ジャステス】は全ての国の柱で、アメリカやイングランド「文化」ではない。だが日本人にジャステス丶丶丶丶丶がわかる人はいない。《正義》を避けても「否定」しても国内と外交が悪化していく。

 

ところで、なぜ私がカッコを使い分けているかと言うと━━「文化」「否定」「肯定」「政府」「宗教」「社会」「会社」などが英語から造られた全文字誤訳丶丶丶丶丶で、日本国と関わりないから。日本と全く関わりがない全文字誤訳丶丶丶丶丶に、日本を支える力がない為。私がこの記事で「」を使う時は、英語の全文字誤訳丶丶丶丶丶に限る。《》は誤訳や誤訳。【】は正しい訳だ。

 

 

現代日本語のキーワード数百語は、英語から造られた全文字誤訳で、現代と日本に関わりがない。

 

 

地域性の強いカルト教団の子供たちが、自分の生き方に疑問を感じないように、非日本的な日本人も自分たちの非日本ぶりや非現代ぶりに自覚がない。彼らは非現代的かつ非日本的で、人や国を支える法以前のセンスやルールやマナーやモラルが一つもない。つまり人ですらない。

 

「民主主義」「憲法」「国民」「主権」「権利」「自由」は英語からの全文字誤訳丶丶丶丶丶で現代性の中身がないウソ語だ。デモクラシー、コンスタチューシャン、ザ・ピープル、サヴァランティ、ライト、リバティ(フリーダム)は、現代日本人が全く守っていない。日本人は人でなし。

 

《正義》以前に、大多数の日本人は日本以外で人以外だ。正しいか正しくないかの前に、日本と人と国の蚊帳の外。彼らは“人それぞれ”を語るけれど、人として生きていない。彼らは“日本は日本”を語るけれど、日本や国を知らない。彼らは《正義》誤訳を語るけれど、ジャステス丶丶丶丶丶を知らない。

 

怪物は【公正ジャステス】を「正義」、【再結フタムスビ】を「宗教」と呼ぶ。だが怪物は正義も悪も中立も「宗教」もわからない。怪物は日本/非日本、現代/非現代を区別するものさしがない。怪物のものさしは現代と日本と人と国が欠如している。

 

「文化」「政府」「政治」「宗教」「原則」「社会」「民主主義」「市民」「民族」「会社」「社長」「哲学」「科学」「歴史」「文学」「芸術」「物理学」「自然」「憲法」「国民」「主権」「権利」「自由」「会話」「意見」「交流」「議論」「批判」「批評」「肯定」「否定」「積極」「消極」「具体」「抽象」「感情」「感覚」「気分」「情緒」「感性」「直感」「体験」「経験」「理性」「悟性」「観念」「概念」

  

これら英語から造られた全文字誤訳は、現代と日本と人と国に関わりがない。

 

怪物が使う怪物語は、人語ではない。《正義》をどう語ろうが中身がない。

 

怪物の言い回しは現代や日本語とのつながりがない。「意見」しようが「批判」しようが人語の中身がない。怪物の「感情」「体験」「感性」「理性」は元が壊れている。

 

私は人とカミューニケイシャン丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶したいが、「会話」「交流」「社交」「伝達」「意見」「議論」が非日本語の非英語の誤訳なシチュエイシャン丶丶丶丶丶丶丶丶の島では、カミューニケイシャン丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶できる人がなかなかいない。

 

《正義》を避ける者は老害《正義》を「否定」する者も老害だ。

 

残念ながらNHKNHK「教育」テレビも《正義》語りで【公正ジャステス】は全くない。人気コミックかつアニメの『僕のヒーローアカデミア』『進撃の巨人』すら、《正義》語りを避ける「消極」的な老害に属する。これらに【公正ジャステス】はない。

 

比較的まともなのは【公正ジャステス】を語るネィティブ英語ユーザーくらいだ。それも比較的なもので、私のように全文字誤訳丶丶丶丶丶を全て直そう丶丶丶丶丶丶と思う人ではない。誤訳直しは「政府」「宗教」「哲学」「文学」の教養と敵対が避けられない。

 

日本は家も学校も会社も官公庁も新聞もTVも本も娯楽もネットも狂っている。日本人は必ず有害な怪物になる。日本人は誰もが人に迷惑をかける怪物だ。《正義》を避けてもジャスティ(       ✕を「批判」しても邪悪な怪物になる。

 

公正ジャステス】を受け入れない限り、ジャパニーズは国や人の外にいる怪物だ。 

 

【英漢字】政治と宗教と原則が誤訳のジャパン

f:id:tenfingers:20200706084748p:plain

全文字誤訳かつ誤用の「政治」「宗教」「原則」

 

 ハロー、エヴリワン。

これはジャパンにまだ国の礎がない、という話。ジャパンには【政教セイキョウ分離ブンリ原則ゲンソク】というプリンシパルがある━━ことになっているが、実はそれがない。私はジャパンで「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」「原則ゲンソク」という全文字誤訳を尊重する集団や世代を見たことがない。大学を卒業したジャパニーズに「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」「原則ゲンソク」は何か聞いても、100人中99人は間違えるだろう。リアルな話、ジャパンは学校無償化 世界159位/160ヵ国のひどい島国で、まだモダン化していない。ジャパニーズは、1億人以上が分離以前に「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」「原則ゲンソク」が何のことかわからない。先祖代々わからないことを分離できるはずもない。ジャパニーズは自分を指す「国民コクミン」「市民シミン」「公共コウキョウ」すら全文字誤訳かつひどい誤用だが自覚がなく、どの都道府県🗾に生まれ育っても、必ず異常者になる。たとえば、芸能人や声優や身近な人やネットの向こう側の人に対して【「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」の話をするな】と強いる異常者、【自分は「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」を一生考えなくていい】とする異常者になる。ジャパニーズで、人として最低限「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」を知る人は1%もいない。なぜなら、仏法や神道や儒道や「科学カガク」は、モダンな国の条件、モダンな人(シチズンれかも)の条件を全く持っていないからだ。祖父母や両親や先生や新聞記者や天皇や大臣たちが知らないことを自力で身につける人は1%もいない。

 

※この記事の「」にある語は、英語由来の全文字誤訳。

 

ポリティクス、ポリス、パブリックは三つともピープルやシチズンにつながる語。だが、ジャパニーズの1億人以上が「政治セイジ」「警察ケイサツ」「公共コウキョウ」を、「国民コクミン」「市民シミン」の自分(ピープル)のことを指さないと思っている。また、町民や村民は自分が「市民」でないと勘違いする。ジャパンの集団や「個人コジン」はピープルやシチズンの礎が「政治セイジ」「警察ケイサツ」「公共コウキョウ」にあるとわからない。たとえるなら、ジャパニーズの1億人以上が、白米🍚やおにぎり🍙や餅が稲🌾と「関係カンケイ」ないと思っている有様。そんな狂った億の民の間に生きれば、自分がピープルかつシチズンで、人は人として「政治セイジ」「警察ケイサツ」「公共コウキョウ」の元の語を尊ぶべきとわからなくなる。この話はどうしても、自分の父母、祖父母、兄弟姉妹、自分の通った学校の先生、先輩、後輩、TVの芸能人、著名人、政治家までみんな狂った異常者だ、という話に向かう。ジャパニーズは下等なイナカモノで、ジャパンは世界最底辺国という話に向かう。真実シンジツその通りだから認めるしかない。だが、自分を「国民コクミン」「市民シミン」で、自分と「政治セイジ」「警察ケイサツ」「公共コウキョウ」「宗教シュウキョウ」「原則ゲンソク」と「関係カンケイ」ないと信じる狂人は、“さあ正気に戻ろう”と言われても戻れない。その人は自己認識と境界線そのものが壊れ、心と頭が深刻に壊れている。この種のケースは、カウンセリングやビジネスセミナーや「個人コジン」的な努力ドリョクでは直らない。

 

ハッキリ言えば、最低でも天皇や皇族が皆クリスチャンになり、天皇宮内庁が非オフィシャルになり、極右の神社本庁が解体される程度のことが起きなければ、ジャパニーズは直らない。すでにない二種の神器はレプリカで、帝位の根拠にならないと公表し、全国の天皇古墳は天皇絡みかわからないので、徹底的に学術調査をしよう、「教科書キョウカショ」から天皇古墳の記述を消そう、程度の大きな流れが要る。元々、天皇家は代々真言密教を信じ、即位も葬儀も仏式だった。明治「政府セイフ」が明治天皇に対し廃仏毀釈し、「国家コッカ神道を強いたのは過ちだった、明治維新と令和までの流れは過ちだったと国でシェアしない限り、1億のジャパニーズは狂った異常者としてしか生きられない。

 

ジャパニーズは自分が「国民コクミン」「市民シミン」であるという狂気、自分の知らない「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」「原則ゲンソク」によって【政教セイキョウ分離ブンリ原則ゲンソク】できるという狂気から逃げられない。ジャパニーズは「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」の話をするな、という人そのものを壊すTVやアニメのアンチルールの悪影響を必ず受ける。ジャパニーズが語る「宗教シュウキョウ」「〜教ナントカキョウ」は狂いすぎていて、普通の説明や説得では直らない。その人が人生や家庭のあり方を根本的に改めるまで普通の人になれない。国民コクミン」「民族ミンゾク」は英語の全文字誤訳で、「文化ブンカ」「歴史レキシ」も英語の全文字誤訳だ。日本人の「国民コクミン」性や「民族ミンゾク」性や「文化ブンカ」「歴史レキシ」という薄っぺらい造語は、自己防御の壁にならない。

 

まず、ジャパニーズは「国民コクミン」「市民シミン」「民族ミンゾク」と全文字誤訳されたザ・ピープル(ピープル)やシチズンやレイスが何のことで、「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」「原則ゲンソク」と全文字誤訳されたポリティクスやリリジャンやプリンシパルが何のことで、自分や家族や地元の人やTV出演者や著名人がいかにアホで何も知らないかを心の底から思い知るべきだ。ジャパニーズは、心の底から【自分や日本人はなんてアホなんだろう】と痛感しない限り、地に足がつかない。ジャパニーズは皆、地獄行きのレールに乗ったトロッコで生活している。だからジャパニーズは、アースやヘブンやネイチャーさえも誤訳し誤用している。え?アースは大地で、ヘブンは天国で、ネイチャーは「自然シゼン」 じゃないの?という生き恥の極み。

 

自然シゼン」 「国家コッカ」 「国民コクミン」「市民シミン」「民族ミンゾク」「政府セイフ」「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」「原則ゲンソク」「警察ケイサツ」「公共コウキョウ」「科学カガク」「文化ブンカ」「歴史レキシ」「関係カンケイ」が英語から造られた全文字誤訳で、自分やジャパニーズがこれら全てを誤用してると気づかないのは、かなり深刻だ。これらは日本語ではないし、モダンな使い方もされていない。全文字誤訳された英語と誤用はこれらだけでなく、数百語ある。そしてそれらは人や国の最低限を壊す誤訳と誤用で、トラブルを起こさない日本人はひとりもいない。壊れた誤用のひとつ【「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」の話をするな】を芸能人や声優やリアルやネットに求めるのは、人として完全に頭が逝っている。欧米や中東や中国に【多数に合わせろ】【「空気クウキ」読め】という狂ったアンチルールはないし、これらも人や国の最低限を壊す狂気だ。ジャパニーズ全員はこれら狂ったアンチルールの二つもやめなければならない。宗教シュウキョウ」や)無宗教シュウキョウ」に関わらず、ジャパニーズ全員は必ず【多数に合わせろ】【「空気クウキ」読め】【「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」の話をするな】を必ずやめなければならない。そうでなければ、ジャパニーズは人にすらなれず、ジャパンは国になれないから。数百はある英語誤訳や誤用、何百あるかわからないカタカナ英語の誤字や誤用も直さなければ、ジャパニーズは狂ったモンスターのままだ。

 

世界やジャパンに「自然シゼン」「国家コッカ」 「国民コクミン」「市民シミン」「民族ミンゾク」「政府セイフ」「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」「原則ゲンソク」「警察ケイサツ」「公共コウキョウ」「科学カガク」「文化ブンカ」「歴史レキシ」「関係カンケイ」なる珍妙ワードはない。1億のジャパニーズは無自覚に全文字誤訳をひどい誤用するアホだ。千を越えるひどいな過ちを直さないで、「政治セイジ」「宗教シュウキョウ」だけをわかったフリをしたい、「思考シコウ」停止したい、体裁をつくろいたいと願っても無理だ。はだかの王ならぬはだかのジャパニーズは、つくろう前に服を着ること(ゼロからやり直し)からはじめなければならない━━。

誤訳「進化🎦」と偽ダーウィン🐒で19年だます国害自民党

f:id:tenfingers:20200628124304j:plain

「進化」は誤訳で、ダーウィンはそう言っていない。

 

 誤訳「進化シンカ」や偽ダーウィン🐒を語ることは国害だ。

 

Evolutionに《進》《化》の字面はない。

Evolutionはex《外》+ラテン語 volvere 《巻》"to roll," 。

エヴォリューションは「巻かれたものを外す(開く)」。外巻はずしまき。意訳なら開巻ひらきまき。中国風の音読みでは子供や学生にわからないので、日本語の訓読みにすべき。

 

自民党は偽ダーウィンの言葉を誤用しているが、ダーウィンのどの著書📚にもこの言葉はない。おまけにこの訳の最後は、肝心の部分が抜けている。

 

It isn't the strongest of the species that survive,
nor the most intelligent but the ones most responsive to change.

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びる訳でもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。」

   

  国害自民党は「進化シンカ」を語り、「憲法ケンポウ」改正を目論んでいるが、それは「国民主権コクミンシュケン(popular sovereignty)」を排除するためで、「国民主権コクミンシュケン」は国の最低条件だ。国害自民党は国の最低条件「国民主権コクミンシュケン」が何かわからないまま、国の礎を壊そうとする国害グループ。国の礎を壊すことを「進化シンカ」と呼ぶ危険な国害グループはテロリストよりも危険だ。テロリストより危険な国害を与党の座につけるメディアや大衆もきわめて危険だ。

 

また、さらに危険なことに、「憲法ケンポウ」「国民コクミン」「主権シュケン」「民主主義ミンシュシュギ」は全文字誤訳で、原語と逆の漢字が使われている。自民党に対して「憲法」を守れ、「国民主権」を守れ、「民主主義」を守れ、と反対する側さえも国害老害の類。国害自民党も、反自民の国害も、何も考えて生きていない。

 

世界と江戸時代に「国民コクミン」「権利ケンリ」という言葉はない。The peopleは国や「民族」で区別しない用語だから、人の等しさの柱になれる。Rightは返事や語尾や“右👉”として使われる日常語で、権威や利益と違い万人が持っているもの。スラングじゃあるまいし、「国民」「権利」という真逆の汚い字を使う大人は、頭がどうかしている。

 

進化シンカ」や偽ダーウィンを語る国害自民党も、「憲法ケンポウ」「国民コクミン」「主権シュケン」「権利ケンリ民主主義ミンシュシュギ」というスラングを語る国害も、どちらも日本に不要な老害だ。

 

偽物語ニセモノガタリをやめて、まことモダニズムをそろそろ始めなければならない。まずはエヴォリューションの訳、外巻はずしまき、意訳の開巻ひらきまきから始めよう 。

 

英語の「エア」は「空気読め」と逆

dictionary.cambridge.org

 ハロー、エヴリワン。

これは英語の「エア」が思ったことを言っていいという話。

 

f:id:tenfingers:20200620192819p:plain

Airは名詞「吹(ふき)」動詞「吹く」

 

「空気」という英語翻訳語は、ラテン語の「空」寄りに訳されているが、これだと英語の air がわからない。

 

ホントの英語 air は《ふき》の漢字で表せる。Air は名詞だけでなく動詞で「(話す, 述べる)」の使い方があるが、《空》《気》はどちらも動詞に使えない。

 

The meeting will give us all a chance to air our views.

「ミーティングとは私達みんなに見解を(述べる)チャンスが与えられるものだ」

            (Cambridge Dictionary)

 

エアの語そのものがオピニオンを語る、の動詞丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶 丶丶丶

 

日本人はエアを「空気」と誤訳し、フリーやリバティを「自由」と誤訳し、オピニオンを「意見」と誤訳し、サタン的ワードによって悪意ある輪廻を140年ぐるぐる回している。ジャパニーズは「空気読め」で「自由な意見」を言わせない子供たちをつくるマッドサイエンティストたち。頭おかしい。普通になれよ。

 

人や国の礎たるエアすら誤訳しルールを真逆に変える ジャパニーズは実にクレイジー。「空気読め」を語るジャパニーズはジュラ紀に滅んだトカゲのように古い。

 

マイロードよ、ダイナソー的なジャパニーズに言葉の隕石を送って悪い語を滅ぼし、「エア」《ふき》を使うジャパニーズと取り替えて🙏

 

柄谷行人の『世界史の構造』は全文字誤訳だらけ(スマホ用)

 

f:id:tenfingers:20200612210658j:plain

世界を変える気がなく英語に基づかない柄谷行人


 

   ハロー、ワールド。

 

  これは日本の作家のひどさを示す話。

 

  批評家。哲学者。思想家。文化人。歴史家。

 

  と聞くとなんとなく偉そうだが、実はこれら

  「批評」「哲学」「思想」「文化」「歴史

  は漢字化された英語で全文字誤訳だ。これら

  は江戸時代に用語がなく中身もない。批評家

  で哲学者で思想家で文化人とされる柄谷行人

  の歴史観『世界史の構造』(2015年出版)も中

  身は全文字誤訳された英語だらけ。アマゾン

  の電子書籍で読めるサンプル10ページに使わ

  れた全文字誤訳の英語、江戸時代に無かった

  語や全く使い方を変えた語を並べていく。重

  複はしない。各語に当たる漢字は英語語源か

  らフランス語、ラテン語ギリシャ語、印欧

  祖語等とすり合わせ済みだがこの記事では見

  せない。

 

f:id:tenfingers:20200618205307p:plain

『世界史の構造』1


 

       1ページ目

 

      交換 exchange

      歴史 history

      資本 capital

      国家 nation

      思想 thought

      批判 criticism

      意味 meaning

      概念 concept

      自由 liberal

      民主主義 democracy

 

 

f:id:tenfingers:20200618210743p:plain

『世界史の構造』2

       2ページ目

 

      大統領 president

      証明 proof

      経済 economy

      解決 solution

      原理 principle

      錯覚 illusion

      国民 the people(peopleではない)

      関係 relationship

      政策 policy

f:id:tenfingers:20200619065545p:plain

『世界史の構造』3


 

 

       3ページ目

 

      文化 culture

      否定 contradict

      抵抗 resistance

      運動 momentum

      象徴 symbol

      存在 existence

 

f:id:tenfingers:20200619061034p:plain

『世界史の構造』4



 

       4ページ目

        

      出版 publishing

      批評 criticism

      文学 literature

      意見 opinion

      理論 theory

     弁証法 dialectic

      観念 idea

 

f:id:tenfingers:20200619071346p:plain

『世界史の構造』5



         

       5ページ目

 

      自然 nature

      経験 experience

      現実 reality

      承認 approval

      近代 modern

      唯物論 materialism

 

f:id:tenfingers:20200619054123p:plain

『世界史の構造』6

 

       6ページ目

 

      感性 sensibility

      物質 matter

      本質 essence

      積極 positive

      感覚 sence

      理性 reason

      過程 process

      理念 idea

 

f:id:tenfingers:20200619074028p:plain

『世界史の構造』7, 8



 

       7ページ目

 

      倫理 ethics

      意識 consciousness

      目的 purpose

      手段 means

 

       8ページ目

 

      次元 dimension

      実際 practical

      民族 race

      可能 possible

      政治 politics

 

f:id:tenfingers:20200619081036p:plain

『世界史の構造』9, 10



 

       9ページ目

 

      古典 classic

      画期的 epoch making

      憲法 constitution

 

        10ページ目

 

      市民 citizen

      絶対 absolute

 

 

  たった10ページにこれだけの全文字誤訳があ

  る。文字と読みが英語とつながりのない語を

  使って正確に考えられるか?答えはNOだ。

  柄谷行人はこれらの全文字誤訳と誤用による

  ズレがわからない。彼の英語力は平凡で文の

  内容も平凡で読者に何も齎さない。柄谷行人

  や浅田彰東浩紀モダン化すらしていない丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶

  日本でポストモダンを語りたいと甘えた  丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶)凡人凡人

  たち。日本はド田舎で、近代や哲学や文学や

  政治や宗教や歴史や経済や教育すら全文字誤

  訳で、誤訳の誤用を140年繰り返している。

  そろそろ日本人は田舎者の夢から醒めて前に

  進む時期。日本の見たくない面、2,000以上の

  漢字化された英語誤訳を直さなければ日本人

  は《人》の最底辺にすら届かない。