ヒストールのブログ

ここは新葦原中邦

翻訳語「存在」は存在しない。(スマホ用)

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

 

 

f:id:tenfingers:20200618165404p:plain

existenceから造られた誤訳

 

 ハロー、エヴリワン。

これは「存在ソンザイ」が存在ソンザイしない、という話。

江戸時代や清時代に「存在ソンザイ」の語も用法もない。

今日本人が話し書く「存在ソンザイ」は誤用しかない。

 

※以下、この記事の水色字は全て英語に対する全文字誤訳だ。

 

存在ソンザイ」の元になったexistence

存在ソンザイする」の元になったexist

 

ラテン語ex "forth" (see ex-)    【外に“前に”

ラテン語sistere "cause to stand,"  【立つ由(言霊ことだま:底立つ)

 

を示す。だから英語的な字面なら【外立そとだち(前立まえたち)】が正しい。

ラテン的かつ言霊ことだま的に訳すなら【前底立まえそこたち】が正しい。

ヨソモノ嫌いで古臭い日本人を直すために【外立よそだち】が望ましい。

 

日本人は幕末から明治初期にかけて日常語から哲学テツガク

語まであらゆる言葉を英語から二千以上も造り、日本

語、日本の心、日本の頭、日本を失った。存在ソンザイ哲学テツガク

という誤訳はその一部。漢詩に「存在cúnzài」が数えるほど

わずかにあるが、熟語ではない。日本人が存在ソンザイを語る

時、何の意味イミも示さない。日本人は“ある”を現代ゲンダイ風西

洋風に言っているつもりだが、存在ソンザイの語は現代ゲンダイ性や西

洋性がなく、日本語や漢文の伝統デントウ文化ブンカもない。現実ゲンジツ

理想リソウ社会シャカイ本質ホンシツ思想シソウ意見イケン批評ヒヒョウ批判ヒハンなども

セットで全文字誤訳。だから「現代思想ゲンダイシソウ)思想」や「社会シャカイ

や「存在ソンザイ」の全文字誤訳タイトルが入った雑誌や本を

出す日本人たちは、モダンな西洋人からかけ離れてい

る。全文字誤訳は英単語によくあるラテン語やフラン

ス語やギリシャ語の字面が含まれていないので、モダ

ダン以前の西洋にもつながらない。

 

      

f:id:tenfingers:20200618191117j:plain

存在や社会や現代や思想の全文字誤訳を使うアホの群れ

 

            

日本人が「存在ソンザイする/しない」と話し書いてる時、必

ずあさっての方へ突っ走る。日本人はアホ面下げて

存在ソンザイ)かかた」語りするのをやめ、【外立よそだち】と言うべきだ。

 

底立そこたち】のような言霊ことだま込みでなければ西周にしあまねから始まる

誤訳を直す見込みはない。存在ソンザイ現代ゲンダイ伝統デントウ文化ブンカ

現実ゲンジツ理想リソウ社会シャカイ本質ホンシツ思想シソウ意見イケン批評ヒヒョウ批判ヒハン

どをぼんやり使うアホの群れがこの島に真のモダンを

もたらすことはない。

 

 

翻訳語「存在」は存在しない。

www.amazon.co.jp

www.amazon.co.jp

 

 

f:id:tenfingers:20200618165404p:plain

existenceから造られた誤訳

 

               ハロー、エヴリワン。

           これは「存在ソンザイ」が存在ソンザイしない、という話。

          江戸時代や清時代に「存在ソンザイ」の語も用法もない。

            今日本人が話し書く「存在ソンザイ」は誤用しかない。

 

       ※以下、この記事の水色字は全て英語に対する全文字誤訳だ。

 

            「存在ソンザイ」の元になったexistence

            「存在ソンザイする」の元になったexist

 

      ラテン語ex "forth" (see ex-)    【外に“前に”

      ラテン語sistere "cause to stand,"  【立つ由(言霊ことだま:底立つ)

 

       を示す。だから英語的な字面なら【外立そとだち(前立まえたち)】が正しい。

        ラテン的かつ言霊ことだま的に訳すなら【前底立まえそこたち】が正しい。

      ヨソモノ嫌いで古臭い日本人を直すために【外立よそだち】が望ましい。

 

      日本人は、幕末から明治初期にかけて日常語から哲学テツガク用語まで

      あらゆる言葉を英語から二千以上も造り、日本語、日本の心、

      日本の頭、日本を失った。存在ソンザイ哲学テツガクという誤訳はその一部。

      漢詩に「存在cúnzài」が数えるほどわずかにあるが、熟語ではない。

      日本人が存在ソンザイを語る時、何の意味イミも示さない。日本人は“ある”

      を現代ゲンダイ風西洋風に言っているつもりだが、存在ソンザイの語は現代ゲンダイ性や

      西洋性がなく、日本語や漢文の伝統デントウ文化ブンカもない。現実ゲンジツ理想リソウ

      や社会シャカイ本質ホンシツ思想シソウ意見イケン批評ヒヒョウ批判ヒハンなどもセットで全文字

      誤訳。だから「現代思想ゲンダイシソウ)思想」や「社会シャカイ」や「存在ソンザイ」の全文字誤訳

      タイトルが入った雑誌や本を出す日本人たちは、モダンな西洋

      人からかけ離れている。全文字誤訳は英単語によくあるラテン

      語やフランス語やギリシャ語の字面が含まれていないので、モ

      ダン以前の西洋にもつながらない。

 

      

f:id:tenfingers:20200618191117j:plain

存在や社会や現代や思想の全文字誤訳を使うアホの群れ

 

            

      日本人が「存在ソンザイする/しない」と話し書いてる時、必ずあさっ

      ての方へ突っ走る。日本人はアホ面下げて「存在ソンザイ)かかた」語りするの

      をやめ、【外立よそだち】と言うべきだ。

 

      【底立そこたち】のような言霊ことだま込みでなければ西周にしあまねから始まる誤訳を直

      す見込みはない。存在ソンザイ現代ゲンダイ伝統デントウ文化ブンカ現実ゲンジツ理想リソウ社会シャカイ

      や本質ホンシツ思想シソウ意見イケン批評ヒヒョウ批判ヒハンなどをぼんやり使うアホの群

      れがこの島に真のモダンをもたらすことはない。

 

なぜ英語版少年ジャンプは三週間タダでエモく読まれるか?

ハローハロー。

 

f:id:tenfingers:20200613135208j:plain

 

なぜ英語版週刊少年ジャンプは三週間タダで世界にエモく読まれているか?  

 

日本人的にはムリョーナンデ!?ずるい・いいな・日本も、と思うだろう。

このシチュエーションを解きほぐす日本人が少ないので私が解説してみる。

 

最近よく見かけるネイティブ英語のサイトや本は日本人がフォロワーになるだけ

の価値がある。ただしそれらは日本人の英語学習に役立ちはしても、地球の英語

ユーザーズが「話題にして話し続ける」役回りはない。

その逆に英語版週刊少年ジャンプは、毎週ヨーロッパ人やアメリカ人が家族やパ

ートナーや友達やイベント会場で「話題にして話し続ける」ほどのクオリティを

を持っている。それはなぜか?

 

ヨーロッパ人の日本コミックファンの約八割は家族で日本コミックをシェアし、

約七割が恋人やパートナーや学校や会社やイベント会場でシェアするからだ。

 

日本でのコミックやアニメは家で学校や会社や家族のお出かけ先で共有する

コミュニケーションツールではなく、「個人的に」なりやすいが…欧米には

「空気読め」「多数派のみんなに合わせろ」「マイナーは悪い」「自己主張を

控えなさい」という価値観がない(その逆の価値観がある)。だから欧米では

「マイナー」な日本コミックの話をウチや学校や会社でしても世間の疎外がな

い。

 

21世紀になってから日本コミック・アニメの欧米売上は著しく伸びており、

家庭、恋人間、学校、会社、地域のイベントでのシェアが基本という傾向から

その影響力や重要度は日本人が想定する「誇らしさ」の範囲をとうに超えてい

る。回りくどい言い方になったが、日本コミックやアニメにはそういう需要と

新カルチャーの役回りがあり、「日本語のセリフをどう訳すか」がものすごく

重要になる。家庭、恋人間、学校、会社、地域のイベントで話し続けるための

クオリティを用意しなければならないと。英語版週刊少年ジャンプが三週間タ

ダで見れる背景はこれだ。もはや日本の「MANGA」「ANIME」は金もうけや

日本人のプライドの範囲を大きく超えた。だが当の日本人がわかっていない。

 

家庭、恋人間、学校、会社、地域のイベントで話せるジャンプ英訳

 

はネイティブ英語、洋楽、洋画、洋ゲー、最新のムーブに満ちている。

そんなに素晴らしいなら日本人もジャンプ英訳をシェアしよう。

━━という流れがいずれ起きるかもしれない。

 

逆に、なぜ日本語版週刊少年ジャンプやアニメは、家庭、恋人間、学校、

会社、地域のイベントで話せるクオリティがないのだろうか?

 

実はこれ、日本の「国民」性や「民族」性や「文化」の違いが原因ではない。

現代日本語に使われている二千以上の漢字化された英語の九割が誤訳だから丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶

現代日本語のキーワードのほとんどが全文字誤訳で濫用されているから丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶だ。

週刊少年ジャンプに限らず、全ての漫画やラノベや小説や文学や批評や哲学や

新聞や学校や学問や国会議事堂や役所や会社で漢字化された英語誤訳が濫用

れている。「漢字化された全文字誤訳を濫用する日本人」に例外はいない。

天皇や全皇族や全芸能人や全教師や全政治家や全外交官や全新聞記者や全ラノ

ベ作家や全文学者や全哲学者や全小説家もだ。それを証明するのはかんたんだ。

「今日使う全文字誤訳」「最新作の全文字誤訳」を指摘すればいいのだから。

読売や朝日や毎日や日経や産経新聞の「今日の全文字誤訳」の指摘もかんたん。

 

漫画から話が飛んだように感じるかもしれないが、

 

なぜ日本語版週刊少年ジャンプやアニメは、家庭、恋人間、学校、会社、地域

のイベントで話せるクオリティがないのだろうか?

 

の問いの答えはこれ以外にない。日本人がまともに英語訳をしていたら、英語

翻訳語を更新していたら、間違いなく日本のコミックやアニメは家庭、恋人間、

学校、会社、地域のイベントで話せるクオリティがあった。「政治」「宗教」

「教育」「文化」「歴史」「関係」「会話」「交流」「社交」「社会」「文学」

「哲学」「科学」「物理」「批評」「批判」「意見」「感情」「思考」「教養」

江戸時代にない漢字化された英語(全文字誤訳)であり、あなたがこれらのいく

つかがニガテか全部ニガテだとしたら、それは全文字誤訳が全部悪い。江戸時代

になかった「国民」性や「民族」性に原因はなく、結果もない。

 

私は現代日本語にひそむ二千以上の英語誤訳を全て直したい。

新しい訳を漫画やラノベやアニメやニュースや学校に広めたい。

ただ、それをやると今日本にいる全員はもちろん、過去の見方に対しても、

 

異世界転移する」ショックをともなう。

 

もちろん比喩だ。

だが英語転移語、同じ自分や家族や他人や星や街や山や海を見ることはない。

ただの英語ではない。色彩感覚も音楽の趣味も味覚もスキンシップも

好きなにおいも、部屋と家の中身も外観も、服も衣料品も全て変わる英訳だ。

これは冗談や誇大妄想や私情や予言やオカルトではない。

 

いずれ必ず起きることで、私がやらなくても他の誰かが起こすこと。

 

なぜ英語版週刊少年ジャンプは三週間タダで世界にエモく読まれているか? 

 

この問いの中に「日本に住む全員が異世界転移する」の兆しが含まれている。

 

謎めいた話を読んでくれた人に、新しく良い一日を。

 

 

 

「高級/低級」「階級」「身分」の語は江戸時代になかった

         

 

f:id:tenfingers:20200612214727p:plain

全く違う語に変えられてる

 

 

        「階級」闘争。

        「身分」の差。

        「高級/低級」の違い。

        「歴史」「義務」「教育」「政府」

       

         全てが明治以降に造られた誤訳。 

 

        「先輩/後輩」

        「上司/部下」

        「社長/部長/課長/係長」

 

         の不平等さえ明治に造られた。

     

         英語と漢字化された英語を学ばなければ 

         これらを知らなかなったのは恐ろしい話。

 

 

       

柄谷行人の『世界史の構造』は全文字誤訳だらけ

f:id:tenfingers:20200612210658j:plain

世界を変える気がなく英語に基づかない柄谷行人


 

          ハロー、ワールド。

 

          これは日本の作家のひどさを示す話。

 

          批評家。哲学者。思想家。文化人。歴史家。

 

          と聞くとなんとなく偉そうだが、実はこれら

          「批評」「哲学」「思想」「文化」「歴史

          は漢字化された英語で全文字誤訳だ。それら

          江戸時代に用語すらなく中身がない。批評家

          で哲学者で思想家で文化人とされる柄谷行人

          の歴史観『世界史の構造』(2015年出版)も中

          身は全文字誤訳された英語だらけ。アマゾン

          の電子書籍で読めるサンプル10ページに使わ

          れた全文字誤訳の英語、江戸時代に無かった

          語や全く使い方を変えた語を並べていく。重

          複はしない。各語に当たる漢字は英語語源か

          らフランス語、ラテン語ギリシャ語、印欧

          祖語等とすり合わせ済みだがこの記事では見

          せない。

 

f:id:tenfingers:20200618205307p:plain

1ページ目

 

                  1ページ目

 

          交換 exchange

          歴史 history

          資本 capital

          国家 nation

          思想 thought

          批判 criticism

          意味 meaning

          概念 concept

          自由 liberal

          民主主義 democracy

 

f:id:tenfingers:20200618210743p:plain

2ページ目

 

                  2ページ目

 

          大統領 president

          証明 proof

          経済 economy

          解決 solution

          原理 principle

          錯覚 illusion

          国民 the people(peopleではない)

          関係 relationship

          政策 policy

 

f:id:tenfingers:20200619065545p:plain

3ページ目

 

                  3ページ目

 

          文化 culture

          否定 contradict

          抵抗 resistance

          運動 momentum

          象徴 symbol

          存在 existence

 

f:id:tenfingers:20200619061034p:plain

4ページ目

 

                 4ページ目

        

          出版 publishing

          批評 criticism

          文学 literature

          意見 opinion

          理論 theory

          弁証法 dialectic

          観念 idea

         

f:id:tenfingers:20200619071346p:plain

5ページ目

 

                  5ページ目

 

          自然 nature

          経験 experience

          現実 reality

          承認 approval

          近代 modern

          唯物論 materialism

 

f:id:tenfingers:20200618213327p:plain

『世界史の構造』の全文字誤訳6ページ目

 

                 6ページ目

 

          感性 sensibility

          物質 matter

          本質 essence

          積極 positive

          感覚 sence

          理性 reason

          過程 process

          理念 idea

 

f:id:tenfingers:20200619074028p:plain

7ページ目/8ページ目

 

                  7ページ目

 

          倫理 ethics

          意識 consciousness

          目的 purpose

          手段 means

 

                  8ページ目

 

          次元 dimension

          実際 practical

          民族 race

          可能 possible

          政治 politics

 

f:id:tenfingers:20200619081036p:plain

9ページ目/10ページ目

 

                  9ページ目

 

          古典 classic

          画期的 epoch making

          憲法 constitution

 

                  10ページ目

 

          市民 citizen

          絶対 absolute

 

 

          たった10ページにこれだけの全文字誤訳があ

          る。文字と読みが英語とつながりのない語を

          使って正確に考えられるか?答えはNOだ。

          柄谷行人はこれらの全文字誤訳と誤用による

          ズレがわからない。彼の英語力は平凡で文の

          内容も平凡で読者に何も齎さない。柄谷行人

          や浅田彰東浩紀モダン化すらしていない丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶

          日本でポストモダンを語りたいと甘えた丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶)凡人凡人

          たち。日本はド田舎で、近代や哲学や文学や

          政治や宗教や歴史や経済や教育すら全文字誤

          訳で、誤訳の誤用を140年繰り返している。

          そろそろ日本人は田舎者の夢から醒めて前に

          進む時期。日本の見たくない面、2,000以上の

          漢字化された英語誤訳を直さなければ日本人

          は《人》の最底辺にすら届かない。

    

英語「WORLD」と「セカイ」系の哀しいズレ

f:id:tenfingers:20200611105136p:plain

実は能力で英語の「WORLD」を示している

 

        

          東浩紀はくたばれ!(あいさつ)

 

          クッ。わがうちなる荒魂あらたまよ…鎮まれ…鎮まれ…

          俺の左手丶丶に宿るアラハバキが暴れ出す…!

          という痛々しい台詞で暴言をうやむやにし

          つつ「WORLD/セカイ」語りを始めよう。

        

          WORLD の翻訳「世界」は半分ズレている。

          WORLDの語源は印欧祖語 weraldi-

          wer "man"《人》と ald "age"《世》。

          ウェアウルフ(人狼)のウェアが《人》の意。

          ワーが《人》でアルドが《世》。

      

          WORLD単体でも

 

          「人間種(the human race)」

          「人類(mankind)」

          「人間性(humanity)」

 

          の意で使えるが

          「世界」だと《人》が抜ける。 

        

          ワールドカップ🌏🏆は1951年から。

          ガイア的な意のワールドは1900年から。

          日本人がなんとなく知るワールドはこの辺。

 

          だがWORLDは古英語でギリシャ語やラテン

          語やノルド語の影響がある。馬鹿な日本大

          衆や馬鹿な日本新聞や馬鹿な日本ニュース

          や馬鹿な日本教育に合わせても馬鹿になる

          だけでワールドの使い方はわからない。

 

          東浩紀は「セカイ」語りが好きなようだが、 

          東浩紀は「批評」「批判」「文学」「哲学」

          「科学」「物理」「歴史」「政治」「宗教」

          「存在」「現実」「自然」「社会」「文化」

          「理論」「意見」「思考」「感情」「気分」

          「理性」「悟性」「感性」「直感」「関係」

          「伝達」「交流」「会話」「会談」「談話」        

          など英語から造られた全文字誤訳の漢字につ

          いて何も考えてない。これらは英語からの造

          語と言いつつ一文字も合ってないし、日本の

          カルチャーを全く引き継いでもいない。その

          ことがわからないのは浅田彰柄谷行人も小

          林秀雄も同じだ。西周の誤訳レールに乗る豚

          ども、和辻哲郎西田幾多郎井筒俊彦も含

          めて「世界」語りは「人」を齎さない。

         

          東浩紀の著作は「セカイ」以前の無知による。

    

          「存在/existence」     

          「自然/nature」

          「現実/reality」

          「社会/society」

          「政府/government」

          「政治/politics」      

          「宗教/religion」

          「原則、原理/principle」

          「会話/conversation」            

          「意見/opinion」

          「思考/thinking」

          「理論/theory」

          「哲学/philosophy」

          「文学/literature」

          「批評、批判/critique」

         

          東浩紀はこれら全文字誤訳への考えがない。

          現代日本語には膨大な造語があり、それらの

          誤訳レールに乗る多様な豚は《人》ではない。   

          実際「世界」「自然」「憲法」「性格」「物

          理」の全誤訳は原語にある人体が欠けている丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶

          カタカナ語のワールド、ナチュラル、キャラ        

          クター、フィジカルも人体の意が無いか薄い。

          「人それぞれ」と言うが、《人》が欠けた語

          を語る「批評」家はcritiqueを語る《人》に非

          ず。「批評」「ワールド」、都市伝説や昔話

          や童話や伝説や神話や聖書が欠けた「批評」

          家の「セカイ」系カタリは無と同じだ。

         

 

「カルチャー」を本気で訳すと【成るする得るやる居る住む底立つ生む作る】

 

f:id:tenfingers:20200610214930j:plain

 

カルチャー小ネタ。英語「culture」は訳せない。

ムリヤリ日本語にすると「成るする得るやる居る住む底立つ生む作る

の言霊を重ねないといけない。言えるか!

元の「colere(コレレ)」はネットによく書いてある

「文化」「耕す」なんて簡単な語じゃないのだ…(;´Д`)