ヒストールのブログ

ふんぐるい むぐるうなふ

洗脳訳「自然」は江戸と欧米に通じない

f:id:tenfingers:20200528190916p:plain
 

ハロー、ワールド。

知っているだろうか。江戸時代に「自然しぜん」という語はない。

世界の常識、ネイチャーはいわゆる権利(誤訳)と同等の源だ。

もしもネイチャーを誤訳すれば、権利(誤訳)と同等なき国になる。

 

ネイチャーは人と国の根本だ。だからこれを知らないアホ人種がいたら、

その国は教育最低国で、教育もメディアも学問も世界最底辺に間違いない。

実際、某ジャパンは教育無償化において世界159位/160ヵ国の最底辺だ。

 

f:id:tenfingers:20200515083505p:plain

 

ネイチャーは「ウマレ」を意味し、人に生まれ丶丶丶ながらの同等を賦与する。

だからネイチャーは豊かさ貧しさ、多い少ないの不平等表現がない。

もしも愚かな人々を支配したいのなら、ネイチャーに変な誤訳を当てて、

ネイチャーに豊かさ貧しさ、多い少ないがあると洗脳し調教すればいい。

そうすれば人々は、生まれながらの同等を否定して、江戸時代や世界に

ない「国民」「先輩後輩」「上司部下」「社長部長課長」に従順な奴隷どれい

になる。奴隷どれいは海外にいない大統領や大臣や長官や教皇などの嘘誤訳も

うのみにする。実際日本人がそういう奴隷どれいだ。

 

日本奴隷どれいが江戸時代や世界にない不平等に従順なのは、ネイチャーの誤訳

自然しぜん」から始まったものだ。源の「自然しぜん」が誤訳なので「国民」「権利」

「自由」「民主主義」「主権」も全文字誤訳丶丶丶丶丶になる。

 

f:id:tenfingers:20200514191034p:plain

 

また、ネイチャーに直接関わる語も江戸時代にない語で全文字誤訳丶丶丶丶丶されている。

「コンスタテューシャン」は「憲法」に誤訳、

「キャラクター」は「性格」に誤訳、 

「システム」は「組織」に誤訳、

「フィジックス」は「物理学」に誤訳。

 

これら一語一語に階級的な悪意が含まれているが、奴隷どれいは理解できない。

たとえ「憲法」が神話の階級用語でも、性格の「格」が階級用語でも、

組織の「組」がやくざ側の用語でも、物理の「物」が…いや、やめよう。

奴隷どれいは何も知らないのが好きなはずだ。奴隷どれいは知りたくもない話だ。

全文字誤訳丶丶丶丶丶はともかく、原語は人体に直接関わる語だ。

だが「憲法」「自然力」「物理訓練」「キャラクター」は人体から程遠い。

 

自然しぜん憲法、性格、組織、物理は全文字誤訳丶丶丶丶丶だが、奴隷どれいは気づかない。

何のこと?(^q^)そういうところが奴隷どれい種ジャパニーズだ。

 

もし仮に「自然しぜん」が偽物と知りながら無知な者に悪どく商売する者、

自然しぜん」の洗脳語でファミリー層をだますアニメ映画監督がいたら、

人々の奴隷どれい化に組する悪人に違いない。遠回しに言うと某ジブリ

某『風の谷のナウシカ』の作品、「自然しぜん」が偽物という漫画とアニ

メ映画があった。包んで言うと、ジブリ宮崎駿は悪質な詐欺師だ。

はっきりとは言えないが、宮崎駿の「自然しぜん」アニメ洗脳は子供の教

育にすごく悪い。最悪だ。もしも私がロベスピエールなら宮崎駿

鈴木敏夫をギロチン送りにするだろう。

 

自然しぜん」「自由」「国民」「権利」「民主主義」「性格」「組織」

などの全文字誤訳丶丶丶丶丶を称えてきた奴隷どれい、悪質な洗脳と魂が一体化した

奴隷どれいは一生人間に戻れない。本人が進んで気づかなければ無理だし、

「難しいこと考えたくない」と思考停止した者は人として考え生きる

ことを嫌がる。奴隷どれいは人に戻りたくないから人に戻れない。

 

自然しぜんが豊か」「自然しぜんが貧しい」「自然しぜんが多い」「自然しぜんが少ない」

自然しぜんナチュラル)に(違和感なく)〜する」

などの誤訳誤用をやめられない者は残念ながら周囲に有害な奴隷どれいだ。 

特に親や先生や先輩として最悪だ。江戸時代には一年先に生まれたら

「先輩」という語や習慣はないので、今の日本人は江戸町民以下だ。

 

江戸町民より低い教育水準と、ネイチャーと日本語と現代語から切り

離された奴隷どれい。それは奴隷どれいというよりモンスターだろう。日本「国民」

は実にアンナチュラルなモンスターだ。

 

自然しぜん」という非日本語の英語誤訳が積み重ねたものは全て害毒で、

誇りになる日本「文化」ではない。もちろん「文化」も江戸時代と世界

にない英語誤訳だが、モンスターに人語と人のカルチャーはわからない。

 

自然しぜん」を語る老害モンスターはいずれ駆除しなければならなくなる。

人も国も日本もわからないモンスターを退治するのは人の理だ。

可哀想だが遠慮なく駆除しよう。穢れたモンスターだから仕方ない。

自然しぜん」の語は穢れなのだ。