ヒストールのブログ

ふんぐるい むぐるうなふ

なぜ英語版少年ジャンプは三週間タダでエモく読まれるか?

ハローハロー。

 

f:id:tenfingers:20200613135208j:plain

 

なぜ英語版週刊少年ジャンプは三週間タダで世界にエモく読まれているか?  

 

日本人的にはムリョーナンデ!?ずるい・いいな・日本も、と思うだろう。

このシチュエーションを解きほぐす日本人が少ないので私が解説してみる。

 

最近よく見かけるネイティブ英語のサイトや本は日本人がフォロワーになるだけ

の価値がある。ただしそれらは日本人の英語学習に役立ちはしても、地球の英語

ユーザーズが「話題にして話し続ける」役回りはない。

その逆に英語版週刊少年ジャンプは、毎週ヨーロッパ人やアメリカ人が家族やパ

ートナーや友達やイベント会場で「話題にして話し続ける」ほどのクオリティを

を持っている。それはなぜか?

 

ヨーロッパ人の日本コミックファンの約八割は家族で日本コミックをシェアし、

約七割が恋人やパートナーや学校や会社やイベント会場でシェアするからだ。

 

日本でのコミックやアニメは家で学校や会社や家族のお出かけ先で共有する

コミュニケーションツールではなく、「個人的に」なりやすいが…欧米には

「空気読め」「多数派のみんなに合わせろ」「マイナーは悪い」「自己主張を

控えなさい」という価値観がない(その逆の価値観がある)。だから欧米では

「マイナー」な日本コミックの話をウチや学校や会社でしても世間の疎外がな

い。

 

21世紀になってから日本コミック・アニメの欧米売上は著しく伸びており、

家庭、恋人間、学校、会社、地域のイベントでのシェアが基本という傾向から

その影響力や重要度は日本人が想定する「誇らしさ」の範囲をとうに超えてい

る。回りくどい言い方になったが、日本コミックやアニメにはそういう需要と

新カルチャーの役回りがあり、「日本語のセリフをどう訳すか」がものすごく

重要になる。家庭、恋人間、学校、会社、地域のイベントで話し続けるための

クオリティを用意しなければならないと。英語版週刊少年ジャンプが三週間タ

ダで見れる背景はこれだ。もはや日本の「MANGA」「ANIME」は金もうけや

日本人のプライドの範囲を大きく超えた。だが当の日本人がわかっていない。

 

家庭、恋人間、学校、会社、地域のイベントで話せるジャンプ英訳

 

はネイティブ英語、洋楽、洋画、洋ゲー、最新のムーブに満ちている。

そんなに素晴らしいなら日本人もジャンプ英訳をシェアしよう。

━━という流れがいずれ起きるかもしれない。

 

逆に、なぜ日本語版週刊少年ジャンプやアニメは、家庭、恋人間、学校、

会社、地域のイベントで話せるクオリティがないのだろうか?

 

実はこれ、日本の「国民」性や「民族」性や「文化」の違いが原因ではない。

現代日本語に使われている二千以上の漢字化された英語の九割が誤訳だから丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶

現代日本語のキーワードのほとんどが全文字誤訳で濫用されているから丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶だ。

週刊少年ジャンプに限らず、全ての漫画やラノベや小説や文学や批評や哲学や

新聞や学校や学問や国会議事堂や役所や会社で漢字化された英語誤訳が濫用

れている。「漢字化された全文字誤訳を濫用する日本人」に例外はいない。

天皇や全皇族や全芸能人や全教師や全政治家や全外交官や全新聞記者や全ラノ

ベ作家や全文学者や全哲学者や全小説家もだ。それを証明するのはかんたんだ。

「今日使う全文字誤訳」「最新作の全文字誤訳」を指摘すればいいのだから。

読売や朝日や毎日や日経や産経新聞の「今日の全文字誤訳」の指摘もかんたん。

 

漫画から話が飛んだように感じるかもしれないが、

 

なぜ日本語版週刊少年ジャンプやアニメは、家庭、恋人間、学校、会社、地域

のイベントで話せるクオリティがないのだろうか?

 

の問いの答えはこれ以外にない。日本人がまともに英語訳をしていたら、英語

翻訳語を更新していたら、間違いなく日本のコミックやアニメは家庭、恋人間、

学校、会社、地域のイベントで話せるクオリティがあった。「政治」「宗教」

「教育」「文化」「歴史」「関係」「会話」「交流」「社交」「社会」「文学」

「哲学」「科学」「物理」「批評」「批判」「意見」「感情」「思考」「教養」

江戸時代にない漢字化された英語(全文字誤訳)であり、あなたがこれらのいく

つかがニガテか全部ニガテだとしたら、それは全文字誤訳が全部悪い。江戸時代

になかった「国民」性や「民族」性に原因はなく、結果もない。

 

私は現代日本語にひそむ二千以上の英語誤訳を全て直したい。

新しい訳を漫画やラノベやアニメやニュースや学校に広めたい。

ただ、それをやると今日本にいる全員はもちろん、過去の見方に対しても、

 

異世界転移する」ショックをともなう。

 

もちろん比喩だ。

だが英語転移語、同じ自分や家族や他人や星や街や山や海を見ることはない。

ただの英語ではない。色彩感覚も音楽の趣味も味覚もスキンシップも

好きなにおいも、部屋と家の中身も外観も、服も衣料品も全て変わる英訳だ。

これは冗談や誇大妄想や私情や予言やオカルトではない。

 

いずれ必ず起きることで、私がやらなくても他の誰かが起こすこと。

 

なぜ英語版週刊少年ジャンプは三週間タダで世界にエモく読まれているか? 

 

この問いの中に「日本に住む全員が異世界転移する」の兆しが含まれている。

 

謎めいた話を読んでくれた人に、新しく良い一日を。