ヒストールのブログ

ここは新葦原中邦の島

【呪術廻戦】漏瑚🎑の名を見抜く宿儺 112話(スマホ用)

 

f:id:tenfingers:20200627194521j:plain

分析力すぐれる宿儺
 
 『呪術廻戦じゅじゅつかいせん』の宿儺すくな語り。一見何でもない宿儺すくなのセリフだが、漏瑚じょうご🎑の名を見抜いた発言。
 

f:id:tenfingers:20200627195027p:plain

「珊瑚」以外ではあまり使われない
 
《漏》はそのまま「もれる」。
《瑚》は穀物神「しょく」に供える器🎑のこと。
 
宿儺すくなは「稲🌾が」と限定せず、「実るほど」と言ってるあたり、漏瑚じょうご穀物全般に関わる名を持つと見抜いている。また、宿儺すくな菜々子ななこの術式を推理してから「つまらん」と切り捨てた。
  
宿儺すくなは、十本の指👐を提供した漏瑚じょうごからでなく、先に一本の指👆を提供した菜々子ななこ美々子みみこに対して「ガキ共 まずはオマエらだ」と優先し、頼みを聞き、不愉快を感じつつも、「面を上げろ」と間を置き、頭を自ら下げなかった美々子みみこ菜々子ななこが下げさせている)から殺し、殺害理由を述べ、「不愉快だ」と意向を示し、菜々子ななこに携帯📱を取り出せてから菜々子ななこを殺害し、菜々子ななこの術式を正確に絞り込んでから携帯📱を握り潰している。
 
宿儺すくなは、漏瑚じょうごに対しては嫌そうな顔をしながら用を聞き、「必死なのだな 呪霊オマエらも」と漏瑚じょうごの話に理解を示し、「」を語り、ハンデをつけた上で条件を満たせば「下についてやる」と提案した。
 
以上から、宿儺すくな
 
①分析力が高い
②すごく順序を重んじる (貢物みつぎものの量や強者弱者や年齢で動かない順序
③交渉が通じる  
④交渉で下手へたを打つ相手は殺す
⑤礼を重んじる
⑥尊大
⑦実力を重んじる
⑧弱い相手でも条件次第で下につく
⑨虐殺を好む
 
という人柄らしい。宿儺すくなは無秩序でなく、ある種の順序に則るタチだ。宿儺は無価値な相手をすぐ殺そうとする危険な「王👑」だが、彼なりの王道があるようだ。