ヒストールのブログ

ここは新葦原中邦の島

【呪術廻戦】宿儺化と呪術師のハザマで 〜死だけだった虎杖悠仁〜

 
 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ひじりがきヤマト言葉コトバ言霊コトダマきのヒストール、よろしくね。
 これは『呪術廻戦じゅじゅつかいせん』の虎杖いたどり悠仁ゆうじ考察こうさつ。 
 本誌ほんし126までのネタバレ注意ちゅうい。グロ注意ちゅうい
 
 
 
 
 

f:id:tenfingers:20201019174238p:plain

手櫛てぐしはなかた
 虎杖悠仁いたどりゆうじ宿儺すくなしつつある。
 手櫛てぐしとヘアセットとはなかたはわかりやすい。
 

f:id:tenfingers:20201019183501j:plain

こわいよゆうじ
 
時間じかん変形へんけい
自切じせつ切合きりあわせ
 
 すくな丶丶丶めの単語たんご使用しよう危険きけん兆候ちょうこう宿儺すくなだけに!🍃❄⛄
 
 宿儺すくな価値観かちかんまではまだ侵食しんしょくしていないようだが、
 今後こんご悠仁ゆうじがどうなるかわからない。
 
 

f:id:tenfingers:20201019214735j:plain

呪いの王の顔
 
 宿儺すくな漏瑚じょうごの提案を断った。「必要ない」と。
 「虎杖いたどり悠仁ゆうじ肉体にくたい主導権しゅどうけん永劫えいごううばう“しばり”」を。
 宿儺すくなは【恩】【礼】【順序】【分】を重んじる。
 宿儺すくなは指十本分の礼を踏まえて漏瑚じょうご案を断った。
 とてもいやかんじだ。宿儺すくなかおこわいし。
 
 宿儺すくなはかつて悠仁に語った、「腕を直した【恩】」を。
 宿儺すくなは、己の指十本を献上した漏瑚でなく、【順序】、
 先に一本だけ指を献上した美々子みみこ菜々子ななこを優先した。
 

f:id:tenfingers:20201019214720j:plain

嘘ではない
 「指一本分くらいは(話を)聞いてやる」は本当だった。
 宿儺すくなみずかあたまげなかった美々子みみこを処刑したが、
 みずかあたまげた菜々子ななこを攻撃しなかった。
 宿儺すくな菜々子ななこを処刑したのはスマホを構え、
 死ねと叫び、術式じゅつしきを発動せようとしたから。
 宿儺すくなは嫌そうな顔をしながらも漏瑚じょうごに用を聞き、
 条件を満たせば自分は呪霊オマエらの下につくと約束した。
 宿儺すくなは呪いの王として女子二人と呪霊を公平に扱い、
 王として謁見を許していた。宿儺すくなは邪悪な呪いだが王だ。
 宿儺すくなは無秩序に見えるが折り目正しい王。
 
 もしもこうした王の折り目正しさが 
 悠仁ゆうじの言動に現れ始めたら、それはしばりで
 肉体にくたい主導権しゅどうけんを奪うより酷い何かの兆候だ。
 
 わたし宿儺すくなの計画に対抗する〈何か〉がいくつかあると思う。
 
 
 
 まずは120話でナナミンが悠仁ゆうじに「後を頼みます」と
 プラスな「呪い」を託して逝ったこと。
 

f:id:tenfingers:20201019232618p:plain

一見悪いように見える
 
 悠仁ゆうじちゃんと丶丶丶丶真人まひとの名を叫んでちゃんと丶丶丶丶キレたこと。
 実は「呪い」「真人まひとの名を叫ぶ」「キレる」
 これら全て、悠仁ゆうじにとって前向きで成長してる。
 以前の悠仁ゆうじちゃんと丶丶丶丶していなかった。
 悠仁ゆうじは、吉野よしの順平じゅんぺいが殺された時、
 凄まじく非人間的なヤバさを露呈していた。
 
 

f:id:tenfingers:20201019223939j:plain

先の画像と比べると鬱屈してる
 
 悠仁ゆうじ主語なく相手なく怒りの言葉なく丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶
 家族も友達も先生も好きな人も思い浮かべずに丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶
 「ブッころしてやる」と言った。異常すぎ。
 主語と述語と怒りなき透明な殺意さついという気色悪さ。
 心の中に誰もいない不気味さ。
 ひとりぼっち以下のゼロりぼっち丶丶丶丶丶丶
 怒ってるようで虚ろな顔と虚ろな殺意さつい
 さらに悠仁ゆうじの台詞は【】だけ異常に多い。
 (前記事【呪術廻戦】いつから宿儺は悠仁に記憶をいじられてるか?からの引用)
 
爺ちゃんにました (1話)
(1話)
そうだな学校からはの予感がする (1話)
ぬのは怖い (1話)
爺ちゃんもぬのは怖かったかな (1話)
今目の前にある「」と爺ちゃんの「」何か違う? (1話)
爺ちゃんは正しくねたと思うよ (1話)
こっちは間違った「」だ (1話)
知ってた?人ってマジでぬんだよ (1話)
自分が知ってる人くらいは正しくんでほしい (1話)
(どっち道オマエはぬ気じゃねーか) (1話)
なんで俺が死刑しけいなんだって思ってる (2話)
自分のに様はもう決まってんだわ (2話)
俺 即 死刑しけい!? (3話)
この遺体いたい持って帰る (6話)
にたくない‼ここでんで‼んだんだとして‼それは「正しい」か⁉ (7話)
俺は強いと思ってた に時を選べる位には強いと思ってたんだ (7話)
あ゛ーー‼にたくねぇ‼嫌だ‼嫌だぁ!!! (7話)
でもぬんだ… (7話)
「正しい」か?じゃねぇよ 甘えんな (7話)
こちとらオマエにころされてんだぞ (11話)
んでまでテメーと一緒なのは納得いかねぇけど (11話)
結局テメェもにたくねぇんだろ (11話)
そもそもテメーのせいでんでんだよ (11話)
  
 がそんなに大事か?
 他に大事なことはねーのか?
 大切な人は一人もいねーのか?
 以前の丶丶丶悠仁ゆうじ殺意さついだけのバケモノだった丶丶丶
 

f:id:tenfingers:20201019224023p:plain

伏黒ふしぐろ甚爾とうじの心
 
 悪人でクズの伏黒ふしぐろ甚爾とうじにさえ、
 心の底に妻と息子と自分を尊ぶ心があった。
 彼の心の底にはなかった。
 悠仁ゆうじの腹の底から出た本音に
 自分と相手と爺ちゃんと友達と先生と怒りの言葉がなく
 「ブッころしてやる」しかなかったのは、
 甚爾とうじより悪く、呪霊よりバケモノじみていた。
 
 
 
 しかし、ナナミンの「呪い」は悠仁ゆうじに託され、
 悠仁ゆうじの心の中に「ナナミン」が居る。
 悠仁ゆうじが「ナナミンなら」と考えられる今は良し!
 

f:id:tenfingers:20201019215848p:plain

悠仁ゆうじの変化
  
 悠仁ゆうじが「俺は独りじゃないとそう思わせてくれて」と
 「ありがとう」と思うのもいい傾向。
 (実は感謝は真人まひとの核なので、真人まひとへの怒り効果かも
 
 
 真人まひと悠仁ゆうじへの罵倒「お前が何も考えずに人を助ける(126話) 」すら
 おそらく宿儺すくなにとって不利になる何かがある。
 

f:id:tenfingers:20201019234826j:plain

軸がブレてる?
 
 真人まひとは何も考えていないようで偽夏油にせげとうを警戒してるし、
 「宿儺すくななんていなくたって」と宿儺すくななしで立ち回る気だ。
 宿儺すくな偽夏油にせげとう呪霊じゅれいとの間に一線を引いている。
 真人まひとは突然計画を変更した軸ブレ野郎に見えるが、 
 本当は呪霊側じゅれいがわでない宿儺すくな偽夏油にせげとうにうまく立ち回った。

 

f:id:tenfingers:20201020131523j:plain

呪霊じゅれい見下みくだ偽夏油にせげとう
 
 真人まひとが計画通りに動けば偽夏油にせげとうに操られた傀儡かいらい
 真人まひとは無自覚に賢い不純な天才で、宿儺すくな偽夏油にせげとうよりわかりにくい。
 真人まひと宿儺すくなが合わないのは、誰もが感じるところ。
 真人まひと悠仁ゆうじへのメンタル攻撃は、きっと宿儺すくなの計画攻撃。
 真人まひと偽夏油にせげとう宿儺すくなの争い込みで、

 

 この漫画はどこかいい所に向かっている。
 
 ナナミンの死、宿儺すくなの大量殺人、野薔薇の瀕死など
 本誌は暗い展開だ。けれどそれは、投げっぱなしではなく、
 救いか報いか「生き様」か「正しい怒り」か、
 死とは別のいい所に向かっている。たぶん!
 正しい死より、生きる、受け継ぐ、託す、祓う?
 虎杖いたどり悠仁ゆうじが「呪術師」「人間」としてどんな中身を得るか、
 それはこれから決まるはず。じゃないと面白くない。
 

f:id:tenfingers:20201020002616p:plain

頼もしく暑苦しい
 
 宿儺すくな偽夏油にせげとうの計画通りじゃしゃくさわる。
 悠仁ゆうじ真人まひとにやりたい放題されるな。
 呪術師らしく、人間らしく立って戦え! 
 平家と記憶を超越したムサい親友が待ってる。
 可愛くないしイケメンでもない親友だが独りよりマシ!
 野薔薇は生きてるといいな。
 
 この記事を読んでくれた人にサンクス。
 では〜👋