ヒストールのブログ

ここは新葦原中邦の島

【チェンソーマン93話〜終】出自不明のチュッパチャップス

 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ヴィヴリア神話ムーソロギアーとマキマ好きのヒストール。
 これは『チェンソーマン』最終回後に書かれてる記事、全てのネタバレ注意。
 
 これはどこから来たかわからないチュッパチャップス考察。これはあまりに面倒くさいので放棄していたネタ。これは第2部以降でないと解けないだろう。あまりに複雑で、絡む《問題》がさらに複雑で結論が出せない。今のところは《問題》提起にとどまる。気になる事をとことん考える人向け。
 
 

f:id:tenfingers:20201217123603p:plain

真ん中に
 
 これは93話、デンジがマキマを殺そうとして、マキマを思い出してるシーン。デンジはまだ自分がマキマを好きと再確認する。それはいい。《問題》はこの記憶の真ん中に「この世界にない記憶」が紛れてることだ。
 

f:id:tenfingers:20201217122906p:plain

画像の元
 
  チェンソーマン読者なら誰でも覚えてるこのシーン。何がおかしいのか、この世界でない根拠のコマがどれなのか、「黒枠は前の世界」同意者でも気づいてる人は稀だろう。このシーンは、今の世界ではありえない。
 
 黒枠記事
tenfingers.hatenablog.com
 

f:id:tenfingers:20201217130114p:plain

黒枠の世界では
 
 黒枠の世界では、マキマがデンジに「デンジ君大丈夫?外の《空気》吸おっか?」と声をかけていた。この一連のシーンは荒井がデンジをトイレで介抱した後や前と考えるとおかしい。荒井がデンジを介抱した後にマキマがデンジに声をかけるのか?前ならよりおかしい。
 

f:id:tenfingers:20201217131527p:plain

お目々すっきり
 
  黒枠の世界では、マキマは自分の口をつけたチュッパチャップスをデンジにしゃぶらせ、デンジの意識はハッキリしてる。
 

f:id:tenfingers:20201217131818p:plain

持ち帰り
 
 ところが今の世界のデンジは意識を失い、姫野に持ち帰りされてる。デンジがまず思い出すのは「ゲロ女に……ゲロキスされたんだ……」。デンジが酔いとショックで混乱してたとしても、意識がハッキリした状態でのチュッパチャップスを忘れるのはおかしい。そして黒枠の世界にはあった「スーパーの酔い薬」の描写はない。デンジが薬を飲んだなら意識を失わないし、マキマの犬のようなデンジが「寝る前に水と一緒に飲む事」を忘れるはずがない。つまり、今の世界には酔い薬そのものがない。
 

f:id:tenfingers:20201217133044p:plain

誰が用意した?
 
 デンジは酔い薬を飲んでいないし、マキマから酔い薬を渡されてない。なら、このチュッパチャップスはどこからきた?誰が用意したんだ、コレ?マキマがチュッパチャップスを用意したとすると、「酔い薬なしに」の条件がついてワケわからなくなる。デンジが自身でチュッパチャップスを用意したとすると、なぜ忘れてるのか、ワケわからなくなる。従って、このチュッパチャップスコーラ味はどこからきたかわからない。なぜ93話の思い出コマの中心がチュッパチャップスなのかもわからない。従ってチュッパチャップスについて何もわからないということがわかった!この記事には書かないがこの飲み会はあと五つほど面倒くさい謎がある。

 

f:id:tenfingers:20201217133625j:plain

ループ説の源
 
 デンジは81話でまだ起きてない未来を思い出して、なんでと疑問に持ち、明日が自分の誕生日と思い出す。この三つの順序も中身もおかしい。ここはデンジがループして前の世界を偶発的に思い出せる…の《前提》がないとワケわからない。ループしてない説で強引に《説明》する人がいるが、他の黒枠の不審点を何も考えてないだけで、考察や説になってない。
 

f:id:tenfingers:20201217140748p:plain

レゼとの思い出
 
 デンジがなぜか読める金玉は、前の世界のレゼに教わった記憶。
 

f:id:tenfingers:20201217140830p:plain

負の記憶
 
  デンジがコーヒーを飲んだ時「コーヒー以上に苦々しい顔」をするのは、前のレゼにフラレた記憶(やはりマキマが止めたのか)の気持ちだけ思い出してるから。
 

f:id:tenfingers:20201217140909j:plain

アイスが糞に
 
 デンジがアイスが糞味となり吐いてしまうのは、前の世界でもアキを殺したという記憶も思い出してるから。
 

f:id:tenfingers:20201217141012p:plain

サムライソードがヒントマン
 
 そう考えると考察の幅が広がる。ついでに言うと、姫野がアキと中華料理を食べている店は、今の世界、白枠で描かれたことがない。天使がアキにチェンソーのエンジン音を語るコマすら、黒枠で今の世界ではない。姫野らがサムライソードに襲撃された時は、サムライソードが「ここのラーメンよく食えるな……味酷くないか?」と強調し、なぜ今の世界はあの本格的な中華料理店でなく、安っぽい中華料理屋なのか、読者に考えを促すように描かれてる。ここは色々なところにつながっていく。黒枠について何も考えない人は「サムライソードは高学歴でグルメで嫌なやつ」と《思考》や《感情》を支配され、中華料理店について何も考えられない。
   

f:id:tenfingers:20201214185604p:plain

最終回の黒枠
 
 黒枠は前の世界だ━━。だから、最終回の黒枠も、前の世界でホントにあったこと。チェンソーマンは読み返す価値があり、第2部もある。白の世界も、黒の世界も謎だらけだ。
 
※ 《》の語は英語誤訳から造られた偽日本語。

 

 聖痕持つマキマと現代日本語の秘密。

 

tenfingers.hatenablog.com