ヒストールのブログ

ルックバックに銃の悪魔の正体が

【呪術廻戦143話】アフリカ帰りの五条悟と“十九日”の解説

 

f:id:tenfingers:20210320231759j:plain

帝高陽之苗裔兮皇考曰伯庸━━『楚辞』離騒
 
 古詩にあるように、昔は誰でも朕、詔、璽を使っていた。
 
 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ヴィヴリア神話ムーソロギアーと五条悟好きのヒストール、よろしくね。
 これは『呪術廻戦』143話についてべる記事。ネタバレと性的な話に注意。
 
 
 

f:id:tenfingers:20210322011939p:plain

へなへな憂太
 
 よかった〜。怖い憂太は芝居だった。憂太は一度悠仁を殺してから反転術式で治しただけだった。優しい憂太で一安心!
 

f:id:tenfingers:20210322013132p:plain

シマウマはアフリカに生息
 
 GTSグレート・ティーチャー・サトルは「僕になんかあったら今の一二年のことを憂太に頼みたくて」とアフリカの憂太のとこに行っていた。悟は直感も最強かよっ。そういや…
 

f:id:tenfingers:20210322013916p:plain

f:id:tenfingers:20210322013933p:plain

32話と33話
 
悟は32話で京都校の生徒に「とある部族のお守り」を配ってた。わたしアフリカ土産かな?と思いつつうっかりスルー。ちゃんと33話でバオバブの木と憂太とミゲルを並べてたのな〜!悟は禪院直毘人の遺言状(恵が禪院家当主の件)にも関わってそうだし、他の対策もあるかも。
 
 

f:id:tenfingers:20210322015409p:plain

ユージのパパ
 
 植物。悠仁の回想にある花、悠仁の爺ちゃん、悠仁のパパ「仁」、仁の前妻らしい「香織」の名が出た。ダークネス大陸行きそうなトラブルパパの名だな悠仁の“仁”はパパから継いだ名なんだね。わたしバオバブやガジュマルやレバノン杉みたいな特徴ある植物は覚えても、虎杖や日本の花は分からない!植物に詳しい人、ヘルプミー!
 

f:id:tenfingers:20210322020554p:plain

ふしだらな脳
 
  ちょ、脳男はママもやってたの?仁は香織との間に子供ができなかった…つまり、脳は仁とベッドでギシギシあんあんして悠仁を産んだの!?脳が悠仁のタフさに「我ながら流石」言ったのはそういう。体は他人だから脳が悠仁のママなのか微妙。爺ちゃんは脳ママが香織を殺したと疑ってたようだ。
 

f:id:tenfingers:20210322024353p:plain

優しい
 
 話を今に戻して。悠仁は助かった。憂太は悠仁に「君の背負った力は君の力じゃない。君は悪くない」と言う。悠仁は「まだ死ぬわけにはいかねぇ」が納得できない。
 

f:id:tenfingers:20210322030216p:plain

津美紀が大変

  悠仁と宿儺の嫁、恵がやってきて色々言うものの、ユージは「生きる」事に前向きになれない。だが恵は助けが要る。恵の最愛なるシスター、津美紀が「滅回遊めつかいゆう」に巻き込まれた。「俺を助けろ。虎杖」
 

f:id:tenfingers:20210322031514p:plain

剥奪された術式はどこへ?
 
 術式覚醒した者や結界コロニー入りした者は十九日ごとに殺し合わなければ“術式を剥奪”される。非術師100人か術師を20人殺せばルールを追加できる。追加ルールで“術式の獲得”もできるかも…?「泳者プレイヤー」の漢字は呪術的な理由がありそう。
 

f:id:tenfingers:20210322043920p:plain

f:id:tenfingers:20210322043949p:plain

十九の問いと十九人のアサシン
 
سَأُصْلِيهِ سَقَرَ وَمَا أَدْرَاكَ مَا سَقَرُ وَمَا أَدْرَاكَ مَا سَقَرُ لَوَّاحَةٌ لِّلْبَشَرِ عَلَيْهَا تِسْعَةَ عَشَرَ
よし、あの男、地獄の劫火で焼いてやる。さて、劫火とは何かとなんで知る。一物も残さず、一物もあまさず、皮膚をじりじり焼き通し、十九(の天使)がその番をする。――『コーラン』74章26〜30節 井筒俊彦

 

十九は『クルアーン』で終末に地上で具現化する火の地獄丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶の番をする天使の数として使われている。十九は別にイスラムや地獄専門ではないけど、アヴェスターや旧約聖書新約聖書数秘術「十九」を知らない人は誤用するだろうFGO十九エルサレムや山の翁や太陽の騎士丶丶丶丶丶ガウェインと絡めてちゃんと使ってるが、芥見下々は誤用してるかも。
 

f:id:tenfingers:20210322050615j:plain

受胎告知
 
قَالَ إِنَّمَا أَنَا رَسُولُ رَبِّكِ لِأَهَبَ لَكِ غُلَامًا زَكِيًّ
彼(ガブリエル)はべた。わたしは、貴女(マリア)の主から遣わされた使徒に過ぎない。清純な息子を貴女に授ける(知らせの)ために。
━━クルアーン19(マリア)章19

 

f:id:tenfingers:20210322035859j:plain

19番目のタロットは太陽丶丶騎士な赤子丶丶丶丶丶
 
黙示録アポカルプシス19章では降臨するメシアが「一頭の白い馬にまたがり」「血に染まった衣をまとい」とあるように、19は個人の死を表さない。19は通常の世界の死、終末とメシア到来に関わる数字だ。クルアーン19章はマリア(マルヤム)章で、19章19節はガブリエル(ジブリール)による受胎告知
 

f:id:tenfingers:20210322044923p:plain

死ぬわけには
 
 悠仁はナナミンの呪いに生かされつつ、まだ生きる事に迷ってる。「僕は悪くない」とかなかったことオールフィクションにするんじゃねえとか球磨川禊か!憂太や恵は悠仁を受け入れてるし、宿儺が悠仁を死なせる筈がないが、人の答えじゃなくて悠仁自身の答えが必要だ。しばらくは津美紀を守る戦いになるか?宿儺スマイルはただ「伏黒恵!よくぞ来た」 だけだったのか?張相ちょうそう鳥葬ちょうそうされたのか?色々気になるけど、悠仁は生きろ!生きて!死に抗え!
  
 スター押し、ブクマ、コメント、リツイートなどのリアクションが増えると記事も増えるよ!(人∀・)ネッネッ

 

コーラン〈中〉 (岩波文庫)

コーラン〈中〉 (岩波文庫)

  • 発売日: 1964/01/01
  • メディア: 文庫