ヒストールのブログ

太陽の戦士は悪

【呪術廻戦】伏黒大好き宿儺はシヴァに勝つ 前編

 
帝高陽之苗裔兮皇考曰伯庸━━『楚辞』離騒
かつてみんながの一人称を使っていた。
 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書バイブル北欧神話ノアス・ミサラズィとアヴェスター好きのヒストール、よろしくね。
 これは『呪術廻戦』の宿儺の正体に至るしたごしらえ。何で宿儺が伏黒恵大好きで、漏瑚や魔虚羅まこらに圧勝できるか記事の前編!まずは領域展開の印解説!
 

f:id:tenfingers:20210416183637p:plain

五条悟の領域展開
 
 すでに色々な人が印相いんそうを考察してる。最強な五条悟のカッコいい「無量空処」は帝釈天印、雷神インドラの印と。五条悟や乙骨憂太の先祖が雷神と崇められる菅原道真なので考察しやすい。インドラはギリシャ神話なら主神ゼウス。まさに最強。
 

f:id:tenfingers:20210416184156p:plain

宿儺の領域展開
 
 宿儺の領域展開「伏魔御厨子」。この印相いんそう閻魔えんま天印。ギリシャ神話ポジなら冥界神プルトン。これは一見合っているように見えるけど、引っかけ。

f:id:tenfingers:20210416184629p:plain

魔虚羅
 
 なぜなら、異戒神将の魔虚羅まこらは、だい威徳いとく明王みょうおうの化身、十二神将摩虎羅まこら大将たいしょう摩睺羅伽まごらがに基づいてる。こいつは閻魔えんま殺し。

 

f:id:tenfingers:20210416185030j:plain

法陣と四つ目と頭に蛇
 
 だい威徳いとく明王みょうおうは、梵名ヤマーンタカ。この名は「夜摩ヤマの破壊者」「夜摩ヤマの征服者」の意。夜摩ヤマ閻魔えんま)に対して最も有利な相性になる存在。宿儺の正体が夜摩ヤマなら、宿儺は超不利で、魔虚羅まこらに負ける。けれど宿儺は魔虚羅まこらに圧勝、宿儺は夜摩ヤマ閻魔えんま)じゃない。
 

f:id:tenfingers:20210416192433p:plain

漏瑚の領域展開
 
 漏瑚の領域展開「蓋棺鉄がいかんてっせん」。ズアッ🌋。この印相いんそう大黒天だいこくてんいん大黒天だいこくてん、シヴァ。宿儺がヤマに基づくなら、シヴァに対しても不利になる大黒だいこくは「大国だいこく」、大国主オオクニヌシに通じるとも言う。出雲大社はかつて東大寺よりも大きかった。大国主オオクニヌシと両面宿儺なら、大国主オオクニヌシの方が優位。ところが宿儺は漏瑚に圧倒的に優位。宿儺の正体は大黒天だいこくてんと書紀からつかめない。
 

f:id:tenfingers:20210224162238j:plain

宿儺の顔
 
  昔の宿儺を見ると、右眼辺りが肉の仮面のようになってる。宿儺は仮面。
 

f:id:tenfingers:20210416190030j:plain

本名不明
 
 宿儺は本名じゃない。「宿儺の名を冠し」とあり、彼は宿儺と別の本名がある。それに「呪術全盛の時代」は安倍晴明(921〜1005年)がいる平安時代で、神話時代と違う。宿儺は仮の名。右眼は仮面つき。
 

f:id:tenfingers:20210402075218p:plain

死がどうでもいい宿儺

 平安の宿儺は「七海が死のうと真人が死のうとどうでもいい」。宿儺の正体が閻魔えんまに近い呪いなら、死と地獄が本能的になる。「死が心底どうでもいい」宿儺の正体は、死者の大王な閻魔えんまじゃない。わたしは「死の鏡」真人を閻魔えんまの鏡、浄玻璃の鏡と考察した。宿儺が閻魔えんまなら、自らの持ち物に由来する真人と対立しない。

 

 

 

f:id:tenfingers:20210330031631j:plain

f:id:tenfingers:20210329231531p:plain

儺と鬼門を書いた蔡邕(133-192)
 
于是命方相氏黃金四目,蒙以熊皮,玄衣朱裳,執戈揚楯,常以歲竟十二月從百隸及童兒,而時以索宮中,敺疫也。桃弧棘矢土鼓鼓,旦射之以赤丸,五穀播灑之以除疫殃,━━蔡邕『蔡中郎集』外集巻四「独断」
ついより四方拝に続くこそ面白けれ。晦日の夜、いたう闇きに、松どもともして、夜半過ぐるまで、人の、門叩き、走りありきて、何事にかあらん、ことことしくのゝしりて、足を空に惑ふが、暁がたより、さすがに音なくなりぬるこそ、年の名残も心ぼそけれ。亡き人のくる夜とて魂祭るわざは、このごろ都にはなきを、東のかたには、なほする事にてありしこそ、あはれなりしか。━━吉田兼好徒然草
 
 
 『リグ・ヴェーダ』は四つ目の犬とヤマ王が登場する。三国時代蔡邕さいようが書いた『蔡中郎集』「独断」には「おにやらい》亡き人の来る夜に四つ目の面をかぶり火と弓矢を用いて鬼を駆逐する」記述と、東北鬼門の記述がある。そういや、四つ目の■儺が亡き人の来る夜ハロウィンに火と弓矢を用いて鬼(漏瑚)を駆逐してたよね。でも、これらに魔虚羅まこら大黒天だいこくてんに対して有利な記述がなく、宿儺の最強さ、他の言動が説明できない。
 
 とまあ、前編はここまで!
 宿儺をめっちゃ説明できる後編につづく!
 
 この記事が面白かったか後編気になる人、スター連打、ブクマやコメントやリツイート、ヒストール盛り立て(人∀・)タノム

 

追記:2021年4月18日
後編が来た。