ヒストールのブログ

ふんぐるい むぐるうなふ

【呪術廻戦146話】ケンコバと宿儺殺しゆかりの髙田家(おもろい誤読)

 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ヴィヴリアとアヴェスターと乙骨憂太好きのヒストール、よろしくね。
 これは『呪術廻戦』146話語り、ネタバレ注意。
 今回も情報量が多い!全ては語れないのでまず一回目の記事。
 (誤読記事だけどケンコバの「おもろい」を見習って残しておくよ
 

f:id:tenfingers:20210419064843p:plain

目的
 
 いよいよ悠仁たちが死滅回遊を始める!当面の目的は、天使こと来栖華を見つけ、獄門彊「裏」を開け、五条悟を救出する事。しかし、空も大地も「人間のいない時間」を欲している。天地を自我とし「人の心までは分からない」呪霊天元の狙いは【五条悟を殺す】が含まれてそう。「獄門彊『裏』を開ける」事が五条悟の死につながるか、別な人または呪霊が入っているかだ。
 

f:id:tenfingers:20210412074539p:plain

進化後
 
 前回、天元は「進化した私の魂は至る所に在る」と言っていた。当然、魂が見える真人なら「至る所に在る天元の魂」を見ていた。この辺りが明かされるのは死滅回遊の終わりかな。
 

f:id:tenfingers:20210419071915p:plain

10の結界
 
 ともあれ、死滅回遊を始める。鹿児島から青森県までの10の結界コロニーコロニーって帝国主義インペリアリズムの植民地の事だから、マジで縁起悪いな。
 

f:id:tenfingers:20210419072459p:plain

アイヌの呪術連
 
 「北海道が入っていないのは呪術連の結界」「既に巨大な霊場として慣らしが済んでいる」らしい。北海道は死滅回遊にこそ関わらないものの、0巻に出たアイヌ呪術連は今後絡むようだ。やっぱ「虎杖」とアイヌの「虎杖丸」はアリか。

 

 

f:id:tenfingers:20210419073106p:plain

f:id:tenfingers:20210419073123p:plain

秤金次
 
 三年の秤金次が参加。憂太が言うには「ノッてる時は僕より強い」、真希は「それはナイ」。金次は憂太に次ぐ実力者で、戦力的に期待できる。五条悟も金次を憂太と並べて期待してたから、呪術師らしくないイイヤツだろうか?停学中の理由が人間的な理由だといいなあ。
 

f:id:tenfingers:20210419073718p:plain

憂太は先に参加
 
 憂太は津美紀と離れた結界で、 一足先に死滅回遊に参加。憂太なら呪術師を殺しても、その人を反転術式で蘇生できる。宿儺の監視役がいなくなるが仕方ない。
 

f:id:tenfingers:20210419074121p:plain

真希
 
 真希は禪院家に戻り、呪具の回収。真希は「五条悟のハンガーラック」を作りたがっていた組屋くみや鞣造じゅうぞうのアトリエからも呪具を回収するようだ。もう伏黒恵は禪院家の当主に。禪院恵?とりあえずその説明は後。
 

f:id:tenfingers:20210419074737p:plain

いい兄弟
 
 九十九由基と張相お兄ちゃんはここで離脱。張相が人気あるのはわかる。でも、人を殺しまくった張相がずっと「いいお兄ちゃん」的なのは変だし、妥当な切り上げ。人間側からすれば色々問題だけど、悠仁を独りにしないでくれたのは本当に「助かった」。ありがとう、張相。由基がやけに張相に優しいのは何でだろ。
 

f:id:tenfingers:20210419075600p:plain

含蓄
  
ずっと売れ続ける奴には二種類おんねん。
ずっとおもろい奴と
ずっと自分のことおもろいと勘違いできる奴や

 

 おそらく関西の芸人たち。ケンコバっぽい人がめっちゃ含蓄ある事言ってる。「おもろなくても売れる奴は売れんねん」はスゲー響くわ。漫画じゃなくてリアルな芸人話っぽい。ありがてぇ言葉だ。
 

f:id:tenfingers:20210419082237p:plain

f:id:tenfingers:20210419082344p:plain

ナナミンの十劃呪法
 
 「本当は七三くらいが……」。どうやら売れない芸人、たか史彦ふみひこがナナミンと同じ十劃とおかく呪法じゅほうに目覚めたようだ。これ、かなり重要っぽい。死滅回遊で、泳者プレイヤーは死んだ呪術師の術式を継承する。「彼岸」「術式の剥奪」の関わりか。泳者プレイヤーは死んだ呪霊の術式も継承するのかな。
 

f:id:tenfingers:20210419082518p:plain

髙田家の家紋
 
  田」でなく「田」が気になり、調べてみれば。
 髙田家の先祖はなんと武内宿禰タケウチノスクネ
 

f:id:tenfingers:20210419083309j:plain

武内宿禰タケウチノスクネ
 
三月丙申朔庚子、命武內宿禰・和珥臣祖武振熊タケフルクマ、率數萬衆、令擊忍熊王
━━『日本書紀神功皇后 
 
六十五年、飛騨国有一人、曰宿儺。其爲人、壹體有兩面、面各相背、頂合無項、各有手足、其有膝而無膕踵。力多以輕捷、左右佩劒、四手並用弓矢。是以、不隨皇命、掠略人民爲樂。於是、遣和珥臣祖難波根子武振熊タケフルクマ而誅之。
━━『日本書紀仁徳天皇

 

 武内宿禰タケウチノスクネは、両面宿儺を殺した武振熊タケフルクマと同じ側にいた神話上の大臣で武人。『日本書紀』における両面宿儺がこの作品でどう扱われるかまだ不明。「宿儺の名を冠した宿儺」は、神話の宿儺じゃなく平安時代の宿儺とは言え、何かある。わざわざナナミンを連想させるたか史彦ふみひこを出してるから、キャラ的に凝ってそう。
 

f:id:tenfingers:20210417124124j:plain

羂索けんさく持つヴァルナ
 
 別記事に書いたこと、ヴェーダのヴァルナ羂索けんさくを持ち、羂索観音くうけんさくかんのんと真逆で、羂索けんじゃくの思惑と真逆で、その先で「布瑠部由良由良ふるべゆらゆら」と同じ力を持つ。宿儺は「は生に限る」と叫ぶのに、の術式持つ伏黒恵を高評価する理由っぽいところ。ヴェーダ四つ目の犬を送るヤマがいて、宿儺の伏魔御厨子の印はヤマの印「閻魔天印」だ。

 

 

 

 『呪術廻戦』が神仏の情報めっちゃあると明らかになってきた。
 増えて!神仏考察勢!
 この記事が興味深かったらスター押し連打、ブクマ、コメント、リツイート(人∀・)タノム
  
 おまけ。FGOの宇津見エリセ。
 1:11〜「ふるべ…ゆらゆらとふるべ


www.youtube.com

 

 追記:2021年4月19日
 髙田史彦は「髙羽」史彦の誤読だった。おもろい!
 ちょうどいい。ケンコバの「ずっと自分のことおもろいと勘違いできる」を練習するチャンス!というわけで、おもろい勘違い記事を残しておく。