ヒストールのブログ

日を直すナホビノ

【ヒストールのブログ】創作意欲ってのがよくわからない

 

 ハロー、ガイズ。

 私は聖書と神話とチェンソーマン好きのヒストール。

 これは自分の創作意欲について考えてみる記事。

 

 私はチェンソーマン記事や呪術廻戦記事をいっぱい書いてみた。けれど、私がギャラリー回りで見てきた芸術家や、原稿描いてる漫画家と比べると…自分は創作意欲ってヤツが薄くて弱く、正直そこに嫉妬とあきらめがある。ヒストールが自分で漫画やなろう小説、あるいは新興宗教でも作れば良いのかもしれないが、どうも私は受け身だ。私は伝えたい事がたくさんあるけれど、【何で】表せばいいのかわからないってのも本音。私は現代日本語の何千もの英語誤訳を直したい。けれど、それを真面目にやろうとすると、どうしても現代日本語を造った人たち、箕作麟祥(1846-1897)や西周(1829‐1897)や井上哲次郎(1856‐1944)に駄目出しするしかない。英語から造られた誤訳━━〈哲学〉〈科学〉〈文学〉〈芸術〉〈宗教〉〈教会〉〈教育〉〈出版〉〈広告〉〈社会〉〈会社〉〈自然〉〈権利〉〈表現〉━━にも駄目出しするしかない。真面目に考えていくと、欧米のブラザーやシスターに兄弟姉妹がなく、ピープルやシチズンに民がなく、ホームやハウスに豕(豚)がなく、「邦を国」「京師を京都」の避諱がないので、明治維新文化大革命どころか、中華や日本の《国》《家》ごと駄目出しするしかない。中華は日本語の「オニ(鬼)」や「キモン(鬼門)」がない。いや、私がやりたいのはまさにこの儒、道、国、家、オニごと直すことで、誤訳や避諱のレール上に私のやりたい事がない。これらは「表現」「娯楽」「芸術」「革命」「“国”作り」の範囲を超えている。私の望みは、バイブル、クルアーン、アヴェスター、ギリシャ、ローマ込みで漢字圏か変わること。それと、ヘブライ語の一文字ごとの理解に基づき、「אֱלֹהִים」を複数形「A Gods([唯一の]神々)」か「Elohim」のみで正しく訳し、「God(神)」で改ざんしてきた聖書訳を絶滅させること。エラダ(ギリシャ)語の一文字ごとの理解に基づき、パウロ文書を除外した「聖書」を地球規模でシェアすること。凡人どころか聖人や天才でも不可能だった望み。どう考えても、私の望みは、家、国、自然、宗教、娯楽、芸術、文学、会社の中に入らない。私の望みは、カウンセリングやグループセラピーの範囲も超えている。私の望みは、近代カバラ、魔術結社の範囲も超えている。私の望みはどう考えても既知のレール上にない。

 

 整理してみれば、私が「創作意欲」を持てないのは当然だ。私の望みが叶ったら《国》《家》《民》〈大臣〉〈天皇〉《兄》《弟》《姉》《妹》は漢字圏から消え、漢字圏の“邦名”が変わり、聖書から「God(神)」誤訳とパウロ文書が消える。カトリックプロテスタントやロシアン・オーソドックスが消えそう。問題は小分けするといいと聞くが、この問題は小分けできるものだろうか。唯一なる神々は何でもできる、私はそう信じたい。