ヒストールのブログ

弁護士バッジは「秤⚖」

【古英語&呪廻&FGO&蒼天】むかし、エルフはゴブリンだった

 
帝高陽之苗裔兮皇考曰伯庸━━『楚辞』離騒
むかし、皆が《》の一人称を使っていた。
 

f:id:tenfingers:20210424123745j:plain

エルフがゴブリン…?
 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書バイブル北欧神話ノアス・ミサラズィトールキン好きのヒストール、よろしくね。
 むかし、エルフはゴブリンだった。これは英語語源の「elf(エルフ)」の小話。エルフは、トールキンの影響で「金髪碧眼で魔法に秀でた長命種族」として定着した。しかし、トールキン前のエルフはどうだったのだろう?
 

f:id:tenfingers:20210424103532p:plain

『エルフの町の消滅(1894年)』のエルフ
 
elf (n.)
"one of a race of powerful supernatural beings in Germanic folklore," Old English elf (Mercian, Kentish), ælf (Northumbrian), ylfe (plural, West Saxon) "sprite, fairy, goblin, incubus," from Proto-Germanic *albiz (source also of Old Saxon alf, Old Norse alfr, German alp "evil spirit, goblin, incubus"), origin unknown; according to Watkins, possibly from PIE *albho- "white." Used figuratively for "mischievous person" from 1550s.
 
 Etymology(げんことば)によると、古英語(Old English)のエルフは「スプライト、フェアリー、ゴブリンインキュバス」とある。英語圏で最古の英雄叙事詩Beowulfベオウルフ)』ではエルフは罪人カインの末裔とされ、巨人や悪霊と並ぶバケモノの類に数えられている(この記事からは遠いが『ベオウルフ』は北欧神話ゾロアスターと深くつながる)。さらに元のゲルマン祖語においても、やはり「悪霊、ゴブリンインキュバス」とある。

 

f:id:tenfingers:20210424150724p:plain

ベオウルフとグレンデル

 

 Nonetheless a popular component in Anglo-Saxon names, many of which survive as modern given names and surnames, such as Ælfræd "Elf-counsel" (Alfred), Ælfwine "Elf-friend" (Alvin), Ælfric "Elf-ruler" (Eldridge), also women's names such as Ælfflæd "Elf-beauty." Elf Lock hair tangled, especially by Queen Mab, "which it was not fortunate to disentangle" [according to Robert Nares' glossary of Shakespeare] is from 1592. 
 
というのは表向きの話。アングロサクソンの名前、現代人の名、姓には 

 

「アルフレッド(エルフの助言)」名
「アルヴィン(エルフの友)」名
「エルドリッジ(エルフの統治者)」姓 

 

とあり、古代の王妃名には 

 

 「エルフフェド(エルフの美)」名 

 

とある。王妃名や現代名や姓に組み込まれるエルフが、ただのゴブリンや罪人の末裔なわけがない。先に挙げた『ベオウルフ』で罪人カインが出てくるように、最古典すら聖書化が始まっている。『ベオウルフ』は文書化されていない口承教養の厚みがあり、現代翻訳でちょっと読んでも内容がわからない。 

 

 

f:id:tenfingers:20210424125448p:plain

八岐大蛇ヤマタノオロチ八握剣ヤツカノツルギ持つ魔虚羅(摩虎羅)
 
  聖書がエルフをゴブリンに貶めた━━と書くと“一神教が排他的、多神教が寛容”と勘違いする人が出てくるだろう。日本神話は高貴な側をたくさん貶めている。たとえば、天皇位を保証する天叢雲剣アマノムラクモノツルギ八岐大蛇ヤマタノオロチの中から出てきたとされる。日本国や天皇位を保証する側が、ただのモンスターのはずはない。八岐大蛇ヤマタノオロチはのちに伊吹大明神として崇められ、龍宮城の竜王(乙姫のパパ)となり、仏法側に属する神仏なる蛇、十二神将の摩虎羅として崇敬の対象になっていた。また、『平家物語』の八岐大蛇ヤマタノオロチは「千尋の海の底、【神竜】の宝になりしかば、【再び人間に返らざるも理】とこそ覚えけれ」「素戔嗚尊に斬り殺され奉りし大蛇…八歳の帝となつて【霊剣を取り返して、海底に沈み給ふ】」とある。八岐大蛇ヤマタノオロチは、八歳の帝となって霊剣を取り返す理を持つ神竜で、敬語で尊ばれる方だ。八岐大蛇ヤマタノオロチは、ただ強いモンスターではない。八岐大蛇ヤマタノオロチ(伊吹大明神)の子とされる酒呑童子もまた、天叢雲剣の正当所有者という含みがある。 

 

f:id:tenfingers:20210222140732p:plain

蒼天航路』での正しい“残賊”
 
 『古事記』『日本書紀』は政治色が濃く、ぼんやり翻訳を読んでも内容や裏がさっぱりわからない。たとえば、 「ちはやぶる(残賊強暴)」は、日本国の天皇にまつろわぬ星神の天津甕星アマツミカボシが「殷の紂王」側、日本が「周の武王」側なこと。これは日本国こそ反逆者で、日本国の敵こそ宗主国だと中華の古典で表している。が、中華の古典のキーワード「残賊」「強暴」に明るくないと何を言ってるか全然わからない。ただ、本当に太陽神でなく星神こそ主で、天照と日本国が反逆者なら、天皇と日の丸ごと日本のポジションそのものがあやしくなる。大蛇や星神の他にも、土雲(土蜘蛛)や鬼などは日本国より高貴な国側だったから、いや、高貴な者だからこそ貶めなければならない、というのが日本国の裏事情だ。 

 

f:id:tenfingers:20210411223446p:plain

渡辺綱と土蜘蛛
 
建国から300年近く経っても、渡辺綱(953-1025)が鬼を斬って「髭切」を「鬼丸」に改称、源頼光(948-1021)は土蜘蛛を斬って「膝丸」を「蜘蛛切」に改称しければならなかった。鬼や土蜘蛛は、天皇を守る源氏にとって邪魔な「やんごとなき方々」で、現代に至るまで鬼や土蜘蛛を貶めてもまだ消えていない。日本人が1300年も忘れられない大蛇や土蜘蛛や鬼は、ただの空想や呪いではない。 

 とまあ、話がエルフから大幅にそれた。エルフが古英語でゴブリンや罪人の末裔とされていても、それらはうのみにできない。大蛇や星神や土蜘蛛や鬼が千年以上悪者にされても、それらはうのみできない。トールキンが「エルフ」の地位を向上、あるいは復帰させたのはすごい偉業だ。しかし、トールキン英語圏でも傑出したライターで、彼の作品内容を覚えるだけでは背景を理解できない。日本でも『泣いた赤鬼』のような単発的な作品はあるが、大蛇や鬼や土蜘蛛の地位そのものを復帰させた作品はまだない。日本の作者にとって、エルフ、ゴブリン、フェアリーの理解、大蛇、鬼、土蜘蛛の理解と再解釈はこれからの課題になる。  

 

 この記事が面白かったら、スターボタンの連打、コメント、リツイートをよろしく。ヒストール的には漫画記事より読み応えのある記事を書いてみたい。