ヒストールのブログ

弁護士バッジは「秤⚖」

【呪術廻戦・タイ】首都バンコクにおけるヒンドゥーの神々と黄昏

 

f:id:tenfingers:20210424182843j:plain

タイで人気になった呪術廻戦ジャパン弁当
 
riyu on Twitter: "五条先生…す、好きです(*/∀\*)💓
 
 
 五条悟弁当すごい!(あいさつ)
 
 わたし聖書バイブル北欧神話ノアス・ミサラズィとアヴェスター好きのヒストール、よろしくね。
 

mobile.twitter.com

 
 『呪術廻戦』記事の「伏黒大好き宿儺はシヴァに勝つ」が、タイ語ツイートでやけに人気だった。なのでわたしは29のツイートをグーグル翻訳で読み、タイにおけるシヴァ、ヒンドゥーを少し調べてみた。
 

f:id:tenfingers:20210424184543j:plain

Sri Mahamariamman Temple(Bangkok
 
 ミシガン壱也いちなり(大学)のエリック・ホワイト前認ぜんにん助教授)によると、ここ数十年でタイの仏法徒はヒンドゥーの神々を拝むようになってきたらしい。ふむふむ。それでタイの呪術廻戦ファンが、五条悟が無量空処むりょうくうしょで使うインドラの印相いんそう帝釈天印)、漏瑚が蓋棺鉄がいかんてっせんで使うシヴァの印相いんそう(大黒天印)、宿儺がふく厨子みずしで使うヤマの印相いんそう閻魔天印)ミトラにしてミスラなる宿儺が求めるカゲにして光のヴァルナアフラ・マズダーに反応したのか。タイは94%以上が仏法徒で、首都バンコクにおいてはヒンドゥーの祭りや寺院や神像を受け入れてると。たとえば…
 

f:id:tenfingers:20210424220110p:plain

दुर्गा
 
ドゥルガー
 

f:id:tenfingers:20210424225928j:plain

f:id:tenfingers:20210424225945p:plain

लक्ष्मी
 
ラクシュミー。吉祥天。
 

f:id:tenfingers:20210424231646j:plain

f:id:tenfingers:20210424231619p:plain

सरस्वती
 
サラスヴァティー。弁財天。マキマ。
 

f:id:tenfingers:20210424193729j:plain

f:id:tenfingers:20210424193613p:plain

गणेश
 
ガナパティ(ガネーシャ)。
  
バガヴァッド・ギーター (岩波文庫)

バガヴァッド・ギーター (岩波文庫)

  • 発売日: 1992/03/16
  • メディア: 文庫
 

 

クリシュナ。
(━━が出てくる『バガヴァッド・ギーター(श्रीमद्भगवद्गीता)』は必読!このクリシュナは、ヤマ(閻魔)で、アグニで、ヴァルナで、インドラで、シヴァで、ヴィシュヌで、スカンダ(韋駄天)で、カーマで、ラーマで、アルジュナ
 

f:id:tenfingers:20210424191600j:plain

f:id:tenfingers:20210424191618j:plain

स्कन्द/कार्त्तिकेय
 
カタラガマ(スカンダ)→カルティケーヤ、韋駄天。
 

f:id:tenfingers:20210424190324p:plain

噓はいけない
 
うんうん、知ってる知ってる。
は?ゲーム知識?
知的なワシは本で覚えたんじゃが?
  
 都会の建物や祭りはともかく、タイ語ツイートとタイにおける『呪術廻戦』までは想像が難しい。とりあえず、タイの呪廻ファンは五条悟弁当好きそう!
    
 日本の仏道ヒンドゥーがかぶると言っても、近現代のクニの基本はローマン・リパブリック。近現代ファンタジーの基本は北欧神話ノアス・ミサラズィわたしはあくまで「近現代を理解するためのアヴェスター→ギリシャ・ローマ→聖書バイブル北欧神話ノアス・ミサラズィ」の流れで語る。わたしは時代に退行しそうなヒンドゥー仏道や日本の話をしない。わたし古今東西の古典を引用するのはクニの内部にいる老害を駆逐し近現代するためで、時代退行やナショナリズムのためじゃない。
 

f:id:tenfingers:20210221115144p:plain

閻魔天印持つ宿儺の〈解〉と〈捌〉
 
 わたしの記事をよく読むと、聖書や日中の古典を引用しながらも、日本人が好む【兄弟】【姉妹】【先輩後輩】【自然】【太陽崇拝】【天皇】【源氏】【恥】【和の精神】【憲法】【虚空蔵菩薩源信)】【往生要集(源信)】【帝釈天】【四天王】【みんなに合わせろ】【努力】【頑張れ】【仲良し】などをいて分しようとしている。よく考えてみたら、これらを伐採したら日本が無くなっちゃうじゃないか。
 

f:id:tenfingers:20210425021748p:plain

脱太陽
 
 『チェンソーマン』でバズった(ゴーヴァイロした)記事も【太陽なんかない方がいいんだ!(暴論】【天動説も地動説もガリレオいらないんだ!】と魔術師や科学者(誤訳)が決して言わない事が書いてある。
 
 ヒストールのブログを長く読んでる人は、同じテーマに気づくかもしれない。
 
チェンソーマン』記事で 
 
太陽がない世界」
 
 
太陽の神格を食べたアポロン(アポリオン)」
 
 
太陽を呑み込むマーナガルム」     
 
 
 
『呪術廻戦』記事で
 
太陽より強いミスラ(アヴェスター)」+アポロン
暗黒の支配者ヴァルナ(リグ・ヴェーダ)」 
カゲは太陽の光、月の光、火の光(日本古語)」
 
  
聖書記事で
 
聖書の日(太陽)は誤訳
 
 
北欧神話記事(Fate/Apocrypha)で
  

f:id:tenfingers:20210425043955p:plain

太陽の子カルナ(Karna)
 
太陽の子カルナを撃ち落とすジーク」  
太陽より美しいライトエルフ」
太陽の気から鬼と妖怪が生まれる(論衡)」
 
 
しかし、黄昏がテーマと気づいても、これらが何に基づく秩序か丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶太陽のないさらに向こうは何処の話か丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶気づきにくい。チェンソーマン』のように繰り返し繰り返しハッキリ見せてはいるのだが。
 

f:id:tenfingers:20210425040324j:plain

パラシュラーマ(परशुराम)

  
 よく見ると太陽以外でも目につく何かが繰り返されている。FGOでもチェンソーマンでも呪術廻戦でも。カルナの師匠丶丶丶丶丶丶のパラシュラーマ(アルジュナやアシュヴァッターマンの師匠の師匠)でも目につく何か。
  

f:id:tenfingers:20210425055146j:plain

f:id:tenfingers:20210425055257p:plain

f:id:tenfingers:20210425055318p:plain

アシュヴァッターマン、アルジュナ、カルナ。
 
 ヒストールはこのブログで、同じテーマを書いている。ヒンドゥーを語っても、呪術廻戦を語っても、チェンソーマンを語っても、Fate/Grand Orderを語っても、鬼滅の刃を語っても、僕のヒーローアカデミアを語っても、蒼天航路を語っても、聖書バイブルを語っても、アヴェスターを語っても、北欧神話ノアス・ミサラズィを語っても、仏道を語っても、日本を語っても、アメリカを語っても、中国を語っても、スウェーデンを語っても、テーマは同じだ。
 何がテーマか気づくと面白いかもしれない。