ヒストールのブログ

日を直すナホビノ

【英語】リバティは「仁解」 〜仁愛、仁徳天皇、仁王、仁義、仁侠〜

 
 仁解。じんとく、にんとく。
 これはリバティの訳を「仁愛で解放」の【仁解じんとく仁解にんとく)】とする話。
 

f:id:tenfingers:20210929230554j:plain

七つのリベラルアーツ
 
 ローマの女神リーベルタース🗽は日本にいない。リバティ・リベラルは、12世紀から「ソーシャル」「コミュニティ」「ユニバーシティ」「アート」に直結する。リバティは仏典用語「自由」では形に成らない。
 

f:id:tenfingers:20211003040249j:plain

liberal
 
 リバティ・リベラルは「noble(高貴な)」「generous(寛大な、種の)」「gracious(寛大な、親切な、優美な)」「civil(【選挙ある】【愛される】街人)」「people(人々)person(人)」を含む。
 

f:id:tenfingers:20211003041233j:plain

 
 【仁】はラヴ、ノーブル、ジェネラス、グレイシャス、シヴィル、シティ、タウン、ピープル、パーソンに関わる。【仁】は、高貴さ、寛大さ、種の、選ぶ側、愛される者beloved、京、人々な人に関わる語だ。仁は「思いやり」と訳されるが、それは家や村や町のせまい思いやりではなく、国以上と国全体に広がる、京人の思いやり。仁は中華の国を超えて半島と日本に広がった思いやり。地方人や賤職でも「仁」の人は国全体を徳化する。「仁」ならば「仁愛」からloveに近く、【free(愛解あいとく】と接する。仁は徳に近く、仁徳にんとく天皇━━かまどの煙なきを見て減税する聖帝━━を連想させる。儒の「仁」は仁義や仁侠とも接する。「自由」は軽すぎる上、自己中心的な悪事に使いたがる者も少なくない。狭い家や狭い村で使いにくい広さと大きさ、公や人々につながる個。愛、儒、徳、竈、解、選、挙、京、仁徳じんとく、仁王、仁義、任侠、仁(人)、仁(種)、公、個、大、減税、寛さを熟慮すれば、libertyは【仁】を含む。  
 

f:id:tenfingers:20211003032455j:plain

freistadt(Freetown)のブレーメンにあるローラン像
 
 【解】は「角」「刀」「牛」。モーゼの角、イスカンダルの角(アレクサンダー大王コーランに登場)、中華でない「オニ(温羅、前鬼、後鬼、酒呑童子茨木童子角大つのだいの良源、貴船の鬼娘)」の角。ここの「刀」は古語により、古銭かつ王権や権威に関わる刀剣とする。劉邦属鏤しょくる始皇帝が用いたけい匕首スサノオが八岐大蛇から得た天叢雲剣アマノムラクモノツルギ、天下を守護する源氏の二刀(髭切ひげきり膝丸ひざまる)、アーサーの王のエクスカリバー、フランス王剣ジョワユーズ、トロイアの英雄ヘクトールのドゥリンダナ及びローランの騎士剣デュランダル宮中戦士パラディンローランはフランスを超えてドイツやイタリアに広まり、愛解都市フリータウンの守護者になった。牛は「א(アレフ)」、モーゼの角、イスカンダルの角、ゼウスの牛、アポロンの牛、ミスラ(ミトラ)の屠る牛、牛耳るの牛、ゴータマ(最高のうし)、牛頭天王うし、丑御前のうしうしの年・うしの月・うしの日・うしの刻に現れた貴船の神霊、丑寅うしとらうし、牢の牛。聖書やコーランの牛は反芻動物で、与えられた価値観をうのみにせずに反芻し(自分で考え)、個を持って群れる。「角」「刀」「牛」は王国における勝者と敗者、王国における支配する側と支配される側を含む。【解】は王国を解いた先、リパブリック(共和制)のアメリカ🇺🇸や フランス🇫🇷を示し得る。
 

f:id:tenfingers:20210607031940j:plain

Statue of Liberty
 
 「自由」にない幅と深みが【仁解じんとく】で形に成る。儒は現代の国や法では滅ぶべき体系だが、儒を支えてきた「仁」をほぐし、封じられた女性の「仁」をき、再利用されるべきもの。リバティは女性の仁解じんとく

 

tenfingers.hatenablog.com