ヒストールのブログ

ルックバックに銃の悪魔の正体が

【チェンソーマン95話】デンジは死体でも「生物」だし!

 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ヴィヴリア神話ムーソロギアーとポチタ好きのヒストール、よろしくね。
 これは『チェンソーマン』95話考察。
 ネタバレと残酷な表現に注意。
   
 
 
 

f:id:tenfingers:20201201073257p:plain

ハートを奪われる
 
 デンジはポチタ心臓を奪われた。
 が、デンジは死体でも「生物」という体質を持つ。
 ワケがわからない?わたしもだ。 ( ´∀`)人(´∀` )ナカーマ
 

f:id:tenfingers:20201201073523p:plain

契約を確認
 
 ドイツのサンタクロース越しでトーリカの師匠が地獄の悪魔と契約した時、「このデパートにいる全ての生物を地獄へ招いてください」と言った。
 

f:id:tenfingers:20201201073927p:plain

死体のデンジ

 この時のデンジは呪いの悪魔の攻撃を受けて死んでたのに、「生物」として地獄に招かれた。これは、ひらめき多きコメント考察者ちゅうじからのアイディアだ。サンクス!
 
記事リンク【チェンソーマン考察】「デンジ君」の中の『デンジ』
 
ちゅうじ (2020年10月01日)
磔刑後なのに『全ての生物を地獄に』でも付いてくるデンジ君の生命力だよ!
 

f:id:tenfingers:20201201080815p:plain

現場を見に来た師匠
 
 トーリカの師匠は現場に来て、「その死体」と言っていたため、「このデパートにいる全ての生物とデンジの死体を地獄へ招いてください」とも言えた。このシーンをわざわざ入れたのはデンジは死体でも(心臓が止まっても)生物という伏線のためだろう。

 

f:id:tenfingers:20201201081227p:plain

デビルハンターと明記
 
 ついでに言えば、トーリカの師匠は「『呪いの悪魔』と契約するデビルハンター余命があと半年しかない(8巻)」で、「人形の悪魔」と契約する人間だ。「トーリカの師匠=人形の悪魔」と勘違いしてる読者が多そう。
 

f:id:tenfingers:20201201083124p:plain

吉田ヒロフミも知らない
 
 さらに言えば師匠の目的は不明だったし、師匠がなぜデンジの死体を「生物」としたかも不明、トーリカと師匠の国も不明(ドイツ?ソ連?)。
 

f:id:tenfingers:20201201083311p:plain

何を理解したのか
 
 師匠が何を「理解」したかも不明。師匠とマキマは「はじめまして」なのに、師匠は「あなたの夢はここで終わり」と気になる発言をしたまま逝った。師匠がマキマの夢を元々知ってたか「闇の力」で理解したかも不明。「なぜ闇の悪魔がチェンソーの心臓を欲しがったのか」すら不明。不明だらけじゃねーか!
 

f:id:tenfingers:20201001045135p:plain

デンジの体
 
 話をデンジに戻すと、マキマは2話で「キミの親友はキミの中で生きてる」「から人と悪魔二つの匂いがするもん」と言っていた。ここをなんとなく読むと、この親友は《ポチタ》で、キミの中は《心臓》と解釈すると、伝言ゲームに失敗する。 《親友》はデンジで、《君の中》は心臓以外の体だ。だから、デンジ君は心臓が止まっても【生物】に数えられる。これはすごくややこしいので、過去記事のリンクをどうぞ(【チェンソーマン考察】「デンジ君」の中の『デンジ』 )。
 

f:id:tenfingers:20201001044920p:plain

デンジの発言
 
 デンジは「飼ってる悪魔」「ポチタ」とマキマに言っただけで「親友」と言ってない。
 

f:id:tenfingers:20201001052958p:plain

マキマは聞いてた?
 
 同じく2話、デンジは「悪魔とダチだった」と言ってるが、これをマキマが聞いたとしても「ダチ(友達)」までしか情報が入らない。
 
 

f:id:tenfingers:20201201112318p:plain

何か事情がありそう
 
 仮に「親友」がポチタだとしても、チェンソーマンのファンである支配の悪魔は「デンジとチェンソーマンが親友」という不愉快な話をしない。95話で話してるこの誰かを「ですます口調でない別の契約悪魔(記事リンク:罪の悪魔はポチタのヤンデレ妹! )」としても、その悪魔もチェンソーマンに執着してるので、やはり「キミの親友」と言わない。消去法で、「親友」と言ったのは支配の悪魔や他の悪魔でなく人間マキマだ。
 

f:id:tenfingers:20201116100652p:plain

糞映画はなくなった方がいい
 
 糞映画の話を振っただけで「不愉快です」とキレる支配の悪魔とガチ映画勢のマキマは別物だし、
 

f:id:tenfingers:20201008060219j:plain

にゅあ〜
 
 支配の悪魔は「にゅあ〜」なんて言わないし、
 

f:id:tenfingers:20201008060326j:plain

こんばんわん
 
 支配の悪魔は「こんばんわん」なんて言わない。
 

f:id:tenfingers:20201008060526j:plain

(^∀^)
 
 支配の悪魔はこんないい笑顔で笑わない。この笑顔は愛犬家のそれで、犬を支配する悪魔の笑顔じゃない。
 

f:id:tenfingers:20201201131052p:plain

意趣返し?
  
 今までと違う「明白な罪でないことへの意趣返し」は何か変だし、この「チェンソーマンという悪魔が好きな《私達》」はマキマが含まれない丶丶丶丶丶丶丶丶丶
 

f:id:tenfingers:20200923173631p:plain

デンジ君みたいな「人」
 
 「デンジ君みたいな」が好きなのはマキマだけだ。「…《私達》の邪魔をするなら死んで」は悪魔達の都合だけで、マキマの気持ちや都合が入ってない。悪魔だけの《私達》はデンジとポチタを「親友」とは言わない。だが、逆に言うと…デンジとポチタを「親友」と呼ぶマキマは、悪魔の《私達》に、デンジ君がポチタ心臓の以外にチェンソーマンの命を持つことを黙っているようだ。マキマと契約悪魔の《私達》には壁がある。
 

f:id:tenfingers:20201024080646j:plain

6月12日
 
 ふつうの読者視点なら、デンジとポチタが融合したのは、デンジが16歳の時だ。しかし、デンジが幼い頃の6月12日、すでにデンジはチェンソーマンと融合したギザギザ歯をしている。すでにパワーもいて、アキもいて、三人は親しげだ。これは「あり得たかもしれない世界」でなく「あった世界」だ。可能性の世界に日付は書かれない。この写真の考察はまた別記事でやるとして、チェンソーマンはデンジが幼い頃からいた。
 

f:id:tenfingers:20200925123458j:plain

82話の誰か
 
 82話で「開けちゃダメ」な扉の話。【夢の中でデンジと言っていた側の少年丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶】は、影がチェンソーマンだ。だから、デンジ父が殺された時、すでにチェンソーマンがいてデンジの姿をしてたことは確定している。その後にポチタが来る。
 

f:id:tenfingers:20200915181101j:plain

謎の一コマ目
 
 デンジ君がパワーに騙され、コウモリの悪魔に握り潰された時の回想シーン。一コマ目では足首を出している誰かのコマがあるが、二・四コマ目は足首を出していない長ズボンの少年が映る。この辺りは別考察が必要だ。
 

f:id:tenfingers:20201121130528p:plain

スーツも埋める
 
 短パンの誰かや長ズボンの少年はさておき、デンジは死体でも「生物」に数えられる命を持っているし、この世界の日本は土葬で、蝿の悪魔ベルゼブブやウジや蝿は存在せず、遺体を分解する腸内細菌も存在しないようだ。ゾンビ達の死体の状態はとても良い。デンジは3日や40日埋まってても元気に生き返る。
 

f:id:tenfingers:20201109095547p:plain

ヒーローは必ず立ち上がる
 
 チェンソーマンは倒れても倒れても最後には必ず起き上がる。チェンソーマンは心臓がなくなっても起き上がる!デンジは生きてる。
 

f:id:tenfingers:20201116095553p:plain

デンジの気持ち
 
 デンジはまだマキマの事が好きだし、ハッピーエンドが待っている(^ω^) 
 まずはそう信じよう。
 
 
 記事にスター押し、ブクマ、コメント、リツイートしてくれるとヒストールが助かるよ(人∀・)タノム
 
tenfingers.hatenablog.com