ヒストールのブログ

太陽の戦士は悪

【藤本タツキ読切】予言のナユタ 〜魔人パワーのオリジン〜

 

f:id:tenfingers:20201202005541p:plain

才気さいき煥発かんぱつ全米感涙ぜんべいかんるい
 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ヴィヴリア神話ムーソロギアーとやんちゃな子供好きのヒストール、ヨロシク。
 これは藤本タツキ読切の『予言のナユタ』語り。これは読切の中で傑出して素晴らしい!傑出して素晴らしいあまり、この記事で結末を除いたほとんどの流れを解説してしまう。ネタバレ注意。『チェンソーマン』につながる要素あり。
 
 
 

f:id:tenfingers:20201202005225p:plain

パワーの面影
 
 この絵を見れば『チェンソーマン』の人とほとんどの人が気づきそうだ。
 

f:id:tenfingers:20201202005754p:plain

片鱗チラホラ
 
 『チェンソーマン』に出てくる路地、看板、室外機、ゴミ箱、空きびん、光陰などがすでに見える。ツノある女の子が兎猫を噛み千切る…。
 

f:id:tenfingers:20201202010059p:plain

角がパワーを思わせる
 
 この世界は少し魔法がある、少しファンタジーな現代世界。
 

f:id:tenfingers:20201202010307p:plain

お兄ちゃんと妹
 
 ナユタは世界中の魔法使いたちから「世界を滅ぼす悪魔の子」と予言された女の子。ナユタは、予言通りにツノを持ち、母を貫いて生まれた。この世界は現代だが、弱めの魔法が実在するために、予言を信じる団体がいつも「予言の子を殺せ殺せ」と街頭で叫んでいる。そんな環境だが、ナユタの兄ケンジは「どうだろうと俺はナユタを守るよ」と決めている。
 

f:id:tenfingers:20201202014258p:plain

支離しり滅裂めつれつ摩訶不思議まかふしぎ
 
  ひどいことに、ケンジとナユタの父はナユタを悪魔の子と信じた過激派に殺されてしまう。ケンジは学校に行かず働きながらナユタを育てるが、ナユタは動物を殺しまくり、本ばかり読んでいる。
 

f:id:tenfingers:20201202013855p:plain

うろんな妹
 
 ナユタは残酷な単語を並べて言うばかりで話ができず、突拍子もない行動をし、すごくいっぱい食べる。
 

f:id:tenfingers:20201202011325p:plain

「あ〜ん」と兄妹風呂はチェンソーマンへ
 
 ケンジはなんとかナユタとコミュニケーションを取ろうとするが、やはりナユタには話が通じない。どうしたものか…。
 

f:id:tenfingers:20201202011820p:plain

家畜がいっぱい
 
 ナユタの悪い噂のため、仕事をクビになるケンジ。しばらくケンジはしばらくアイスが食べられないとナユタに言う。そんな折、ナユタが真夜中に牧場に行き、凄まじい魔力で無数の大剣を生み出し、たくさんの牧場の家畜を殺しまくり、たくさんの家畜をケンジのところへ持ってくる。
 

f:id:tenfingers:20201202015327p:plain

とまどい
 
 さすがにナユタがわからなくなるケンジ。
 

f:id:tenfingers:20201202015647p:plain

チラ( ゚Д┃
 
 ケンジは必死に自分が家畜を殺したと牧場主たちに謝りナユタをかばうが、“ケジメをつける”ことになる。
 

f:id:tenfingers:20201202021052p:plain

ボロボロだぁ
 
 ケジメこと暴行を受けるケンジ。ナユタは動揺と心配らしき様子を見せる。
 

f:id:tenfingers:20201202021247p:plain

予言のはじまり
 
 ナユタの中で自分を殺せと叫ぶ人たちの光景が脳裏に浮かぶ…。早朝、普段は家にいるナユタは街へ出ると…
 

f:id:tenfingers:20201202021516p:plain

家族だもの
 
 ケンジはボコボコにされた痛みと夢の中で、自分がナユタに言っていたことを思い返す。ケンジは家族より“世間様”を優先する不人情な村人ではなく、世間よりナユタを優先する愛情深い兄だ。
  

f:id:tenfingers:20201202022226p:plain

書キ置キ
 
 朝、ケンジが起きると大食いのナユタが食事をしていない。食卓に書き置きと家畜の頭が用意してある。
 

f:id:tenfingers:20201202022455p:plain

妹の心
 
 ケンジは気づく。ナユタが動物を殺していたのは、ケンジがナユタに食事を譲っていたのを気にして、ケンジにも食べてほしかったからだと。
 

f:id:tenfingers:20201202022747p:plain

世界の終わり
 
 だがその時すでにナユタの心は爆発し、世界を滅ぼせる魔力があふれ、空を埋め尽くす大剣の群れと巨人の手が…。
 

f:id:tenfingers:20201202023055p:plain

怪獣映画
 
 世界大戦の空襲のような有様に軍隊や戦車が出動し、ナユタは発砲される。だが、無数の剣が銃撃を防ぐ!銃や戦車がナユタの魔法剣に串刺しにされ宙を舞う。

f:id:tenfingers:20201202023610p:plain

めっ
 
 ケンジはナユタのとこに向かい、ナユタをしっかり見ながらナユタの頭をはたき、しっかりナユタを叱る。
 

f:id:tenfingers:20201202023841p:plain

普通の女の子
 
 とたんに泣き出し、ケンジに抱きつくナユタ。そう、ケンジはやっとナユタに向きあった。「ナユタは残酷で、価値観が違って 世界を滅ぼすかもしれないだけの…
 

f:id:tenfingers:20201202073231p:plain

兄ちゃん、おんぶ
 
俺の妹だった…」。ケンジはナユタを殺せという声を拒み、「これからはっ世界を滅亡させないようにっちゃんとしつけますっ兄としてっ」と宣言して脱出する。
 

f:id:tenfingers:20201202074520p:plain

家族愛の逃避行
 
 世界を滅ぼせる妹と兄は世界から逃げる逃げる。逃避行中の海岸にて。ナユタはケンジに「ワタシコワクナイ?」と文字で聞いてくる。ケンジの答えは。
 
 
 
 ━━ハイ、ここまで。映画『レインマン』を見た後のような、アート絵本『うろんな客』を読んだ後のような、濃密な雰囲気を味わえた。藤本タツキの読切はどれも力があり、作者の可能性を感じるものばかりだった。そんな読切の中で、この『予言のナユタ』は可能性がしっかり形になった感じ。癇癪かんしゃくで世界を滅ぼせるナユタが心を持ってそこにいて、その隣に心を持ったケンジがいる。二人は確かにそこにいる。
 

f:id:tenfingers:20201202081730p:plain

勝てる相手には強く出る妹
 
 ツノが生えてて、ワケわからない行動を取り、剣を生み出す悪魔の妹。チェンソーマン』のパワーじゃないか!ナユタは人気出るな。ナユタのぐるぐる目はマキマに継承されたようだ。
 
 
 『予言のナユタ』はケンジとナユタだけでなく、悪意に満ちた世界も確かにそこにある感じ。ビル、路地、ビール箱、看板、室外機、空きびん。ナユタは普通の女の子のように泣いたが、やはりこの世界にあるものを滅ぼすかもしれない。不安な感じもまた映画的。
 
 
  気になった人はジャンプ+の『ファイアパンチ』の[特別読切4]から『予言のナユタ』を見てね。これは動画広告を見れば無料で読める。さァ世界のタツキを味わおう。
 
shonenjumpplus.com
  追記:チェンソーマン97話(最終回)にナユタ登場!

tenfingers.hatenablog.com

レインマン [Blu-ray]

レインマン [Blu-ray]

  • 発売日: 2011/03/18
  • メディア: Blu-ray
 
うろんな客

うろんな客