ヒストールのブログ

弁護士バッジは「秤⚖」

【藤本タツキ】ルックバック4コマ考察でわけわからん!

 

 やっぱり太陽が描かれない!(あいさつ)
 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖典スクリプチャー北欧神話ノアス・ミサラズィ藤本タツキ好きのヒストール、よろしく!  
 これは藤本タツキ読切『ルックバック』の考察途中記事。ネタバレ注意。
 すでにこの読切を読んだ人向け。『ルックバック』9月3日に発売決定!ヒャッホー!
 いくら『ルックバック』が無料とは言え、1日でジャンプの倍、300万人が見てるのは期待値すごいよな!『チェンソーマン』はまだアニメ化してないのに。
 
 『ルックバック』感想記事はこちら。
 
 
  

f:id:tenfingers:20210721114153p:plain

すでに違う
 
  この読切では、成人した藤野歩が破り捨てた4コマの1コマ目だけ、別世界の過去に飛んだ…ような描写がある。しかしこの右側上下にある1コマと、大ゴマの1コマは別々だ。
 
f:id:tenfingers:20210721114652j:plain
f:id:tenfingers:20210721114635j:plain
f:id:tenfingers:20210721114620j:plain
別々の世界
 
 並べると破れ方の違いがよくわかる。右から順に。
 
○右端の1コマ(メイン世界)
 中央が尖ってる。周囲は暗い。
 
○中央の1コマ(別世界?)
 中央が尖ってる。周囲は明るい。 
 
○左端の1コマ(別世界)
 中央が凹んでる。周囲は明るい。
 
 よく見れば他も違うように見えるが、とりあえず他とハッキリ違うのは、小6(卒業日)の京本が手にしてる1コマだ。この世界の京本は、この日に藤野と話していない。卒業日の藤野は京本家に入らず、この4コマを描かない。仮に、メイン世界の1コマが別世界の過去に飛ばなかったとすれば、誰が、何の目的でこの1コマを京本の部屋に入れたのだろう?
 

f:id:tenfingers:20210721145916j:plain

するっと
 
 別世界の京本は部屋を出ないものの、メイン世界の京本と同じ山形の美大に進む。そして2016年1月10日、京本は通り魔に襲われるが、藤野に助けられる。生き延びた京本は「藤野先生」と初トークし、連絡先を教えてもらい、帰宅する。京本は自室で藤野先生の4コマを見返しながら自分で4コマを描く。その4コマが風で飛ばされてドアの下をくぐり抜ける。
 

f:id:tenfingers:20210719053428j:plain

この出どころ
 
 今度は別世界からほぼ同じ時期のメイン世界に4コマが送られてきたように見える
 

f:id:tenfingers:20210721141833p:plain

8つ引く1
 
 しかし、この4コマはメイン世界の4コマで、窓に貼りついてる8つの4コマの一つが風で剥がれたもののようだ。ただ、なぜ真冬の1月に窓が開けっ放しなのか?誰が何のために窓を開けたのか?京本や京本の家族が真冬に窓を開けっ放しにする理由は思い当たらない。それに、メイン世界の京本は、通り魔に殺されている。だから、少なくともこの世界の京本は体験からこの4コマを描けないし、想像で描いたとしてもこれを描く理由がわからない。無意識な予知による警告?それに4コマの「藤野先生じゃないですか!?」「ケガはないかね」はメイン世界の京本✕藤野にしては他人行儀だし、カラテウーマンな藤野先生は別世界の藤野だ。メイン世界の藤野先生は漫画家なのだから。通り魔のエモノがつるはしなのは漫画的な演出か、本当につるはしだったのか。
 

f:id:tenfingers:20210719053254j:plain

背中をみて
 
 さらに別世界の藤野は通り魔の背中を蹴り4コマの藤野先生は通り魔の顔を蹴っている
 

f:id:tenfingers:20210719052618j:plain

別世界の通り魔
   
 そして別世界の通り魔の様子もメイン世界の通り魔と違うように見える。こっちは「(絵を)パクられた的な言動」。
 

f:id:tenfingers:20210721145612p:plain

絵画から
 
 メイン世界の記事「大学内に飾られている絵画から自分を罵倒する声が聞こえた」は、「元々オレの(絵)をパクった」とは違うような…?
 

f:id:tenfingers:20210721142141p:plain

違和感
 
 一応別世界の通り魔も「被害妄想により自分を罵倒する声が聞こえていた」と似たような話だが「絵画から」「被害妄想により」が違う。そして「実習棟で拾った先端の鋭利な工具」はこの別世界でも妙だ。
 

f:id:tenfingers:20210721142318p:plain

証言のズレ
 
 別世界の藤野は「ランニングしてたらなんか武器持った野郎が大学に入ってってさあ〜」と言ってる。この言い方だと通り魔は大学の敷地に入る前に武器を持っていた可能性がある。通り魔が実習棟で武器を拾ってためらって大学を出て、また大学に入ったとすれば、どこかに解説を入れそうだが…。
   
f:id:tenfingers:20210721142444p:plain
f:id:tenfingers:20210721142419p:plain
いろいろ

 
 メイン世界の報道も別世界と何か違う。
 
○犯行時刻
メイン世界は「正午」 
別世界は「11時19分」(京本と接触
 
○凶器
メイン世界「刃物」「斧のようなもの
別世界「先端の鋭利な工具」「武器(藤野証言)
 
 今のところ、わたしは1コマも4コマも通り魔もわからない!ヽ( ´ー)ノ フッ
 とりあえず疑問を言語化していけば頭が回るかも!考察しがいがある〜!
 
 可能性が高いのは
 
○別世界の京本が受け取った1コマはメイン世界の1コマではない。
○メイン世界の藤野が拾った4コマはメイン世界の窓に貼られたもの。
 
 よくわからないところ
 
○京本は「背中を見て」の4コマをいつ、どんな目的で描いたのか。
○別世界の通り魔が実習棟で(?)拾った「鋭利な工具/武器」。
  
 この辺りから広げられそう。
 

f:id:tenfingers:20210719062833j:plain

カレンダー📅
 
 それとコメント欄の考察者norihitoishidaから指摘された話(考察サンクス)。カレンダーがぜんぜん該当候補の年に当てはまらないこと。わたしもカレンダーを調べて、意図的なズレだと判断した。まだ何の意図かはわからない。カレンダー関係か不明な要素━━『チェンソーマン』と同じ━━この読切では太陽が描かれない。 
 
  『チェンソーマン』カレンダー検証。


  

f:id:tenfingers:20210721150116j:plain

みたいみたいみたい
 
 タツキなら『ルックバック』に何か仕掛けてそう!
 むしろイカれた何かを見たい!みたいみたいみたい!!
 タツキファンはそう期待する。
 まあタツキがジャンプ的にわかりやすい漫画を描くはずがない
 

shonenjumpplus.com

  
 『ルックバック』は143ページなのに長いと感じないし、ジャンプ本誌とは異なる形で情報量が多い。まずは繰り返し読むしかないな〜!
 
 わたしは人の考察は聞きたいような、ブログ記事にして欲しいような微妙な感じ!タツキ漫画は考察者がメチャクチャ増える価値があるんだぞと全世界に示してくれ〜!

 

 追記:2021年7月30日
 『ルックバック』の背景を見てルックバック銃の悪魔の正体が出てるから。