ヒストールのブログ

梶井基次郎がすき

【呪術廻戦×蒼天】曹操が歌う「契闊」と「真人」そして「忖度」

 

f:id:tenfingers:20210512041338p:plain

漢最後の
 
帝高陽之苗裔兮朕皇考曰伯庸━━『楚辞』離騒
漢より遥か昔、 皆が朕や詔や璽の語を使った。
 
 
 你好ニーハオ。 
 わたし聖書バイブル波斯古经アヴェスター变形记メタモルフォーゼ好きのヒストール、よろしくね。
 

f:id:tenfingers:20210512034843p:plain

始皇帝の境界線
 
 これは「宿儺と曹操そうそうが少し似てる」のアイディア我が見るから生まれた漫画記事。
(※切れ目がおかしいのは講談社のせい)
 

f:id:tenfingers:20210416235704p:plain

結界を閉じない
 
 二人とも狭い境界線を認めない王、
 

f:id:tenfingers:20210512035739p:plain

万里の長城を超える曹操郭嘉
  
 広い視野を持つ王、
 

f:id:tenfingers:20210416222410p:plain

f:id:tenfingers:20210416222432p:plain

広く使おう
 
 広い視野を持つ王。
 

f:id:tenfingers:20210330031631j:plain

儺と鬼門を書いた蔡邕(133-192)
 
 この記事は『呪術廻戦』と言うより『蒼天航路』の曹操孟徳そうそうもうとく(155-220)のポエム話。三国時代董卓とうたく(132?−192)に気に入られた蔡邕さいよう(133-192)が、《》━━四つ目の面をつけた方相氏が亡き人の来る夜に弓矢で疫鬼(疫病神)を祓う東北鬼門は万の鬼が出入りすると書いた。当然『呪術廻戦』の考察は漢文漢詩が要る。たとえば曹操そうそうは“契闊”や“真人”を詩で歌った。後漢の天下人は、歌の中で普通の人として酒を読み、学生に語る。
 
 

f:id:tenfingers:20210512135845p:plain

曹操そうそうの万国(萬國)
 
 漫画『王者天下キングダム』は『蒼天航路』というソーシャル友を追うフォロワー後に従うの一つ(※)。漢詩と聞くと遠そうだが、日本人が使う二文字は漢詩が多い。日本の学問教養のひとつ、詩歌をまとめた『文選もんぜん』の━━天地、天子、天罰、万国(曹操そうそう)国家、国土、国王、家門、故郷、学校、行事、凶器、傾城、経営、炎上、禍福、栄華、後悔、感激、元気、主人、夫婦、父子、賢人、英雄。
 
天地”創造の七日、 
国家”の“栄華”、
日出ずる処の“天子”、
英雄”への憧れ、
ネットの“炎上”、
学校”の“行事”、
故郷”への想い、
夫婦”の愛、
元気”な子供、
皆が好む“娯楽”、
凶器”による犯罪、
会社の“経営”、
感激”や“後悔”は、 
 
漢詩だ。いや、漢帝国の終わりに曹操そうそうが現れた。意識しなくても日本は中華詩だらけ。日本で『文選もんぜん』が共有されて日本の今がある。
 
 ※society/socialの「社会」は誤訳、正せば「友追ともおい(の)」。followerに「助ける」意はない。
 

f:id:tenfingers:20210512024559j:plain

酒飲むなら当然歌うだろ!
 
 『蒼天航路』27巻、曹操そうそうの『短歌行』。書き下し文はこのサイトから引用。
 
 
 

f:id:tenfingers:20210512024758j:plain

《銅爵臺》で歌う曹操
 
對酒當歌
人生幾何
譬如朝露
去日苦多
 
酒にたいしてまさに歌ふべし
人生 幾何いくばく
たとへば朝露あさつゆの如し
去る日ははなはだ多し
 
酒を前に歌うべきだろう
人生がどれだけあると?
たとえるなら朝露のように儚い
過ぎ去る日はあまりにも多い
   
青青子衿
悠悠我心
但爲君故
沈吟至今
 
青青せいせいたるえり
悠悠ゆうゆうたる我が心
だ君がためゆえ
沈吟ちんぎんして今に至る
 
青々とした襟の学生たちよ
我の心は遠い遠いところにいる
だた君たちのためゆえに
物思いし今詩を歌うに至った


f:id:tenfingers:20210512024906j:plain

契闊ぅー!
 
明明如月
何時可採
憂從中來
不可斷絶
越陌度阡
枉用相存
契闊談讌
心念舊恩
 
明明めいめいたること月の如きも
いずれの時か採るけんや
憂ひは中より來たる
斷絶すべからず
はくを越へせんわた
げてってあいはば
契闊けいかつ 談讌だんえんして
心に舊恩きゅうおんおもはむ
 
月は明るく明るいが
いつ月を手に取れるか?
憂いは心の中から来る
それを断絶できないが
君たちは東西を越え、南北を渡り
無理を押して訪ねてくれた者とともに
ひろまじわり、酒を交わして語り、
昔なじみの好意を常に思おう。 
 

f:id:tenfingers:20210416221523p:plain

宿儺の契闊
 
 曹操そうそうの契闊は少しひねって訳した。曹操そうそう始皇帝が引いた境界線(万里の長城)を超えた「天下を広く使う武の王」で、曹操そうそう自身は皇帝にならなかった。曹操そうそうの心情から、天皇にならなかった呪いの王・宿儺の心が見えるかもしれない。
 

f:id:tenfingers:20210512071057j:plain

ファンに皮肉が通じない
 
身爲宰相,人臣之貴已極,意望已過矣。今孤言此,若爲自大,欲人言盡,故無諱耳。設使國家無有孤,不知當幾人稱帝,幾人稱王。或者人見孤彊盛,又性不信天命之事,恐私心相評,言有不遜之志,妄相忖度,每用耿耿。齊桓、晉文所以垂稱至今日者,以其兵勢廣大,猶能奉事周室也。論語云『三分天下有其二,以服事殷,周之德可謂至德矣』,夫能以大事小也。
 
身は宰相の地位に昇り、人臣としての尊貴さは極まり、希望していたものからは行き過ぎである。いま孤がこう言うのは自負しているようにも見えるが、人々の噂話が絶えることを願って(?)包み隠さず話すのである。もし国家に孤(王や諸侯の謙遜した自称)がいなければ、幾人が帝を称し、幾人が王を称したか見当も付かない。それに天命のことを信じない性格の者がいて、孤の繁栄を見たとしたら、おそらくは心の中で計算して不遜の志を持っているのだと言ったり、勝手な忖度をしていつも耿耿(心が安らかでない)としていたりするだろう。
 
━━『三国志』巻一 魏書一 武帝

 

 邦訳引用元。
www.project-imagine.org
 
 忖度。『蒼天航路』30巻。曹操そうそうは魏王となり、「曹操そうそうをどこまでわかっている」かわからない曹操そうそうファンの双子デザイナーが曹操そうそう体をはかり、心をはかる魏王即位シーン。こえーよ。
 

f:id:tenfingers:20210512053551p:plain

渋谷炎上
  
  ポエムがわからない無能が「ポエム恥ずかしい」と言える狭苦しい場は炎上しろ!先ず王は悪い国を焼き払い、後に良きくにを築く。普通の国は英雄叙事詩を文学の基本とし、日記を文学の基本としない。英雄叙事詩史書により客観的な目を育てるのは初歩。本居宣長を含めて『源氏物語』を誇るのは無能の証。こういう輩は男らしくない愛国主義に逃げ、自国史を神話的で甘く妄想し、虚言を吐く。中上健次谷崎潤一郎が『源氏物語』に走ったことを【作家的に憎悪する】と言った。わたしはその危機感が解る。 『Fate/Grand Order』が法(canon lawやcivil law)を書かずに紫式部もてあそさまみにくいやしい。虚淵玄が『平家物語』剣巻のはじまりとして『人智統合真国シン』と嬴趙政えいちょうせい始皇帝)を書かなかったらFGOに価値はあるか?
 

f:id:tenfingers:20210512111534p:plain

平家物語
 
 わたしは〈皇帝〉〈王〉を━━〈天皇/源氏〉━━を問わない物語、「デーヴァ(天部)/アスラ(阿修羅)」と「アフラ(善神)/ダエーワ(悪神)」を問わないシナリオに価値を見ない。わたしが『呪術廻戦』を尊び、『Fate/Grand Order』を卑しむのは〈天皇/源氏〉〈平家物語〉を問い質すか否か。『呪術廻戦』で京都は素晴らしいと描かれたか?腐ったミカンのバーゲンセールとされたか?そもそも『呪術廻戦』を考察する時、祇園精舎うんたらの『平家物語』、両面宿儺を書いた『日本書紀』や坂口安吾、『往生要集』を書いた源信(獄門彊)━━神話や仏典や文学を排除すれば、何も考えられない。たとえ知識があっても「ぼくは日本すごいと思いました」の読書感想文なら便所の落書き。ヒストールが東洋古典を引用しつつ日本と中華に塩対応なのは、極東が甘ったれ、西部の塩気がないから丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶。必要と供給。
 

f:id:tenfingers:20210512121100p:plain

西部の塩気
 
 聖書や神仏や漢籍を知りつつ漫画を軽んじるやからも、漫画だけを読み「難しい本を読みたくない」と逃げる甘ったれも、【男じゃない】。受け身の対応者は不要。養豚場のオス豚は丁寧に生かされるが、それは男でないブタ野郎としてだ。
 

f:id:tenfingers:20210512130226p:plain

攻殻機動隊 SAC_2045』の1984
 
 日本であれ中国であれ、『1984年』のようにニュースピークを使うディストピアと化している。きっと韓国でも。漢字圏は、漫画、新聞、書籍で使う語彙がニュースピークと同じで、本当の近現代を一度も見ていない。ジョージ・オーウェルの『1984年』は『チェンソーマン』『攻殻機動隊 SAC_2045』『METAL GEAR SOLID Ⅴ』などに繰り返し出てるし、わたしは繰り返し警鐘を鳴らしている。わたしは漫画に限らない問題を書く。中世日本は「天地、天子、天罰、万国(曹操そうそう)国家、国土、国王、家門、故郷、学校、行事、凶器、傾城、経営、炎上、禍福、栄華、後悔、感激、元気、主人、夫婦、父子、賢人、英雄」を中華の詩歌として正しく認識していた。現代日本は詩歌も語彙も知らず、日中の区別ができない。さて、〈民主主義〉〈科学〉〈進化〉〈先進〉などの全文字誤訳丶丶丶丶丶を信じる日本は、科学と進化を信じる民主的な先進国か?それとも中世より退化したディストピアか?
 
 

f:id:tenfingers:20210512140311p:plain

真人と神人
 
我居昆侖山,所謂者真人
我居昆侖山,所謂者真人
道深有可得。
名山歷觀,遨游八极,枕石漱流飲泉。
沈吟不決,遂上升天。
歌以言志,我居昆侖山。
  
愿登泰華山,神人共遠游。
愿登泰華山,神人共遠游。
經歷昆侖山,到蓬萊。
飄遙八极,与神人俱。
思得神藥,万歲為期。
歌以言志,愿登泰華山。
━━秋胡行
 
 ヒストールが漢字圏にとっての「自分自国の問題」をべた時、それを庶民の自分に関係ないヨソの問題だと感じるなら、もう人ではない。洗脳は心を狂わせ、感覚や境界線まで壊す。始皇帝が引いた「朕や詔や璽は帝専用」「帝を陛下と呼べ」は、昔の話か?今の日本民に関係ある呪いか?民は人の心が分からない。西洋に民という言葉はない。「真人」や「神人」は民に分からない。
 

f:id:tenfingers:20210512143045p:plain

かぶる
 
 『呪術廻戦』を考察する時、《民》の枠から出て、魏国の皇帝と親魏倭王ヒミコ、隋国の天子と俀国の王、天皇と呪いの王、源氏と平氏、神仏や真人、天使や悪魔について考えざるを得ない。わたしは同じテーマを繰り返してるので、『呪術廻戦』や『チェンソーマン』やそれ以外の記事でも、似た話を読めるだろう。わたしの記事が未来の糧になれば幸いだ。
 

f:id:tenfingers:20210402032629j:plain

漏瑚に欠かせない社稷
 
 天地、真人、契闊、忖度、四つ目の儺、鬼門、社稷の瑚。『呪術廻戦』を読み解くのに、『蒼天航路』は必要になる。呪廻は漏瑚について説明しないだろうし、説明する漫画でもない。残念だがヤンジャンの『王者天下キングダム』は知と力が足りない。『蒼天航路』アニメ化しないかな…(何かを無かった事にする)。
  
 講談社そのものが『蒼天航路』を軽視してひどい電子書籍を販売したり、KONAMIそのものがゲームを恥として『METAL GEAR SOLID』を軽視したり、KADOKAWAそのものがニコニコ動画を破壊したり、バンナムが糞みたいな商法で『ジョジョの奇妙な冒険オールスターバトル』を販売したり、自社の商品価値を信じない糞みたいな日本企業は実在する。より糞なのはそれらに無関心な大人と学生だが。
 

f:id:tenfingers:20210512171857p:plain

目を養う
 
 日本は将棋の歩、包み紙に使われる浮世絵のような状態で、日本の名を捨て新しいくにに成って、はじめて真価が出る。歩は歩のままでいたくても、金に成った方が良い。朕は新しいくにを想定しつつ『呪術廻戦』や『チェンソーマン』の記事を書く。歩の国は負の国で、金のくにはゴールデン。安土桃山の時は金が出たが、鎖国してから金が出なくなった。歩の目線では漫画やアニメやゲームを評価できない。
 
 どうか広いくにひろくにひろくににLORDの祝福がありますように。