ヒストールのブログ

日を直すナホビノ

【呪術廻戦】真人の殺意はだいたい虎杖悠仁のせい 〜真人の正体2〜

 
帝高陽之苗裔兮皇考曰伯庸━━『楚辞』離騒
大いなる呪いより昔、誰もがや皇や詔や璽を用いた。
 
 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書バイブルとアヴェスターとナナミン好きのヒストール、よろしくね。
 これは『呪術廻戦』のひと正体しょうたい考察その2。とてもつらい記事なので悠仁ファンは注意。
  
 考察その1はこれ。この2だけ読んでもわかる(^ω^)

 

 

f:id:tenfingers:20210513055512p:plain

魂の姿
 
 ひとの正体は「ムラサキカガミ」だ。
 

f:id:tenfingers:20210513060048p:plain

剥き出し
 
 ひとが言ってる通り、このが「剥き出しの魂」。ムラサキカガミ。これは都市伝説で「紫の鏡」とも呼ばれ、【20歳まで覚えてると死ぬ】と言われる死の鏡。もちろん、ひとが都市伝説程度なら、漏瑚じょうごひとを呪霊の頭として据えない。ではどういう鏡か?
 

f:id:tenfingers:20210513060337p:plain

f:id:tenfingers:20210513060358p:plain

漏瑚じょうごの最後
 
 漏瑚じょうごは死の間際に、心象風景のような場ではなと話した。はなひとについて
 
「『人』が恐れ忌む『』」
「『人』にとって『』は
ひとはその鏡そのものです」
 
と言っていた。つまりひとが死の鏡な事は確定で、ひとの魂の色は紫だ。作中でひとがなぜ紫色か、死の鏡が何か説明はない。わたしは前にひとを地獄の鏡、浄玻璃の鏡として考察したが、これも正解の一部。正解をツギハギしていくとひとが何者かわかる。

 

 

 

f:id:tenfingers:20210513062252p:plain

「運がいい」&「感謝」

  ひとは鏡。ひとがたびたび言う「感謝」はナナミンの魂を映したもの。「運がいい」もナナミンの魂から。
 

f:id:tenfingers:20210513062530p:plain

黒閃こくせんインタビュー
 
 クォーターのナナミンは黒閃こくせんインタビューの時「運が良かっただけですよ」 と言っていた。これをひとが映した。ナナミンは謙遜けんそんでなく魂からそう思ってる。ナナミン好き。
 

f:id:tenfingers:20210513062803p:plain

f:id:tenfingers:20210513063027p:plain

ありがとー!
 
 ナナミンが高専に戻るきっかけになったのはパン屋の女性の「ありがとう」だった。この言葉と気持ちがナナミンの魂に焼き付いてる。イイ。
 

f:id:tenfingers:20210513065154p:plain

f:id:tenfingers:20210513065227p:plain

f:id:tenfingers:20210513065246p:plain

感謝だらけ
 
 ひとは二度もナナミンに「君に感謝を」と言った。ひとは(メカ丸に言われた下衆をメカ丸に返しながら)「感謝してよね」と言った。ひとは意識朦朧もうろうナナミンを見逃して、ナナミンがその場にいる改造人間たちを祓うまでずっと待ち、「ちょっとお話するかい?」「君には何度か付き合ってもらったし」とナナミンに感謝の意を示した。
 

f:id:tenfingers:20210513065848p:plain

エモし
 
 渋谷駅で夢現ゆめうつつなナナミンがひとの目の前を通り、ひとは両脚を上げて━━証明写真のカーテンを閉めて(直接描写はない)━━見逃した。このコマはその次、カーテンを開けてるところ。コミックで見直してみよう。
 
呪術廻戦 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

呪術廻戦 14 (ジャンプコミックスDIGITAL)

 

 

f:id:tenfingers:20210513075108j:plain

お互い
 
 またナナミンの「お互い生きていたら、また会いましょう」を
 

f:id:tenfingers:20210513075242p:plain

お互い
 
鏡のひとは「お互い無事で何よりだね」「ハグでもするかい?」「再会を祝して」と返した。なぜひとはナナミンにお辞儀をせず、握手を求めずに「ハグ」を選んだのだろう?
 

f:id:tenfingers:20210513080426p:plain

握手派
 
 ひとの「無為むい転変てんぺん」や「閉円頓へいえんどん」はどちらかと言えば握手だ。ひとがただ軽口を叩きたいなら「握手でもするかい?」と言っただろう。 
 

f:id:tenfingers:20210513075944p:plain

ナナミンプロフィール
 
 ナナミンの母方の祖父がデンマーク人。デンマーク人はあいさつでキスをあまりせず、ハグを好む。ナナミンは初対面のゆうにお辞儀をしたけども、素の魂ではハグを好むのだらう。ひとはそんなナナミンの魂を映し「ハグでもするかい?」と言った。
 

f:id:tenfingers:20210513080835p:plain

悠仁のせい
 
 鏡なるひとが人の命をもてあそぶのは…
 ぜんぶ悠仁が悪い!
 そう言いたげな矢印。ヒストールは優しいけど(?)、なんて芥見下々はいじわるなんだ!みんなそう思ったに違いない。
 

f:id:tenfingers:20210513081327p:plain

つらい真実
 
 そんな事ないよ!ゆうは悪くない。ゆうの今までを振り返ればわかるはず…。
 
爺ちゃんにました (1話)
(1話)
そうだな学校からはの予感がする (1話)
ぬのは怖い (1話)
爺ちゃんもぬのは怖かったかな (1話)
今目の前にある「」と爺ちゃんの「」何か違う? (1話)
爺ちゃんは正しくねたと思うよ (1話)
こっちは間違った「」だ (1話)
知ってた?人ってマジでぬんだよ (1話)
自分が知ってる人くらいは正しくんでほしい (1話)
(どっち道オマエはぬ気じゃねーか) (1話)
なんで俺が死刑しけいなんだって思ってる (2話)
自分のに様はもう決まってんだわ (2話)
俺 即 死刑しけい!? (3話)
この遺体いたい持って帰る (6話)
にたくない‼ここでんで‼んだんだとして‼それは「正しい」か⁉ (7話)
俺は強いと思ってた に時を選べる位には強いと思ってたんだ (7話)
あ゛ーー‼にたくねぇ‼嫌だ‼嫌だぁ!!! (7話)
でもぬんだ… (7話)
「正しい」か?じゃねぇよ 甘えんな (7話)
こちとらオマエにころされてんだぞ (11話)
んでまでテメーと一緒なのは納得いかねぇけど (11話)
結局テメェもにたくねぇんだろ (11話)
そもそもテメーのせいでんでんだよ (11話)

 

 いや、あるわ!ゆう、オメーのせいだ!
 死だらけゆうが「ブッ殺してやる」「ブッ殺してやる」「透明な殺意」「殺す!!」「殺せる」とか殺意をブッ込むから、ひとの殺意が高くなっちまった!
 

f:id:tenfingers:20210513081735p:plain

悠仁のせい
 
 ゆうに透明な殺意を叩き込まれたひとは、後天的な殺意(強)を宿した

 

f:id:tenfingers:20210513081952p:plain

やはり悠仁の…
 
 ひとはなに戦いという過程、今現在を楽しむようにススメた。ひとが「最中感じる愉悦や悦楽が(戦う)動機になったのはごく最近だよ」と言ってるコマ。その背景は、ひとゆうの殺意を受けた後のコマ、ゆうの「透明な殺意」のコマだ。つまりゆうの殺意のせいで、ひとが殺意を動機に戦いを楽しみ、満たされるようになった。やっぱりゆうが悪いのか…?
 

f:id:tenfingers:20210513083631p:plain

ペラッペラ
 
 ひとゆうに「命をもてあそぶ」理由について「ペラッペラ」と2回も言い
 

f:id:tenfingers:20210513083828p:plain

正しい死
 
後で「正す」「正しさ」「ペラッペラの正義」と言った。この魂の出処は。
 

f:id:tenfingers:20210513085307p:plain

正しく死んでほしい
 
 正解は〜虎杖いたどりゆうくんの「正しく死んでほしい」「正しい死」でした〜!
 ウェーイ ↓ヽ(´・ω・`)ノサガるわー
 ゆうのせいでひとが殺しを楽しみながら、ペラッペラの正義を押しつける戦争呪霊になっちまった!だから!
 

f:id:tenfingers:20210513085807p:plain

真実
 
 オマエは俺だ。
 ああ〜!あ゛あ゛あ゛あ゛ー!!
 つらい。とてもつらい。
 宿すくだけが悪いわけじゃなかった。ゆうが「透明な殺意」「ペラッペラの正義」をひとに叩き込まなかったら、渋谷の被害者数は何割か少なかったに違いない。
 わたしはとてもつらいので伏黒恵ふしぐろめぐみにだけそっと真実を伝え、めぐみが独り苦しむ姿を見て「めぐみはなんて友達想いのいいヤツなんだ」と他人事のように感激し、己のつらさを忘れたい(邪悪)
 ひとゆうが育てた。そんな悲しい真実を少しわきに置こう。
 

f:id:tenfingers:20210513090811p:plain

次は野薔薇のばら
 
 ひとが他に映した魂。野生美あふれる釘崎くぎさき野薔薇のばら🌹。野薔薇のばらは「私は綺麗にオシャレする私が大好きだ強くあろうとする私が大好きだ」と叫んだ。

 

f:id:tenfingers:20210513113502p:plain

オシャレ真人

 

 ひと野薔薇のばらのオシャレ魂を映し、あおいに「閉円頓へいえんどん」で攻撃しつつ「オシャレにしてやったのに」と言った。

 

f:id:tenfingers:20210513091115p:plain

野薔薇の魂
 
 ひと野薔薇のばらに触れた直後、自分の才能にゾクゾクしながら、野薔薇のばらのように叫び、
 「あぁ俺って…!!俺こそが!!『呪い』だ!!!」と自己肯定して黒閃こくせんキメた!
 これは!!野薔薇のばらの魂!!!
 
 …と、ここまで読めば、ひとが人を映す鏡だと十分わかるはず。それでもゆうファンはつらそうなので少しアシスト。ヒストールが見るところ、この漫画の終着駅は虎杖いたどりゆうの肯定だ。ただ否定的な漫画ならここまで面白くならないし、ヒストールも安心してゆうのせいと連呼できない。ヒストールがエグい事を言うときは、その先に良いことがある場合。大丈夫。マジで大丈夫(^ω^)
 

f:id:tenfingers:20210513092749p:plain

完璧
 
 さて。さらなる真実。西宮桃にしみやもも🍑が野薔薇のばら🌹に向かって“完璧”を語り、野薔薇のばらが完璧に対してオシャレと自己肯定で返したのがさっきの画像。この辺りがひとの伏線。
 

f:id:tenfingers:20210513093101p:plain

完璧主義を投げ出す
 
 そしてよし順平じゅんぺいゆうに『ミミズ人間2』について
 「完璧主義の人間が全てを投げ出すまでの感情の動きがちゃんと描けてるんだ」
 と言うコマがある。
 

f:id:tenfingers:20210513093417p:plain

f:id:tenfingers:20210513093458p:plain

ミミズ人間3
 
 順平じゅんぺいは映画館で『ミミズ人間3』を見ていた。漫画で映画館でタイトルを見せず、後で順平じゅんぺいにタイトルを言わせ、アニメ版でハッキリ『ミミズ人間3』とひとの正体に関するヒントを見せている
 
 続編記事は「ひとはミミズ人間」な記事!
 今回解説しなかった紫色も解説する!
 お楽しみに!

 

 追記:2021年5月15日
 続編が来た!