ヒストールのブログ

ふんぐるい むぐるうなふ

【チェンソーマン82話】「デンジ君」の正体 〜キミの名は〜

f:id:tenfingers:20200925135637j:plain

開けて
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ヴィヴリア神話ムーソロギアー漫画まんがきの一読者いちどくしゃ、ヒストール。よろしくね。
 これは『チェンソーマン』82父殺ちちごろ考察こうさつで、85までのネタバレ注意ちゅうい
 
 
 
 まずは前提ぜんていから…。

  

f:id:tenfingers:20200918210836j:plain

なぜか知っているデンジ君
 この画像がぞうからループをかんがえたひとおおいはすだ。ただ、なぜデンジくんがパワーとクラッカー🎉とケーキ🎂をおもせたかを理解りかいするには【父殺ちちごろしの真相しんそうすべ】を理解りかいする必要ひつようがある。順序じゅんじょよくなぞかそう。

      

f:id:tenfingers:20200920151246p:plain

のどを撃たれる(前)・のどは撃たれない(今)
 この漫画まんがにおいて、黒枠内くろわくないかれたコマはまえ世界せかいしめしている。
 今回こんかい荒井あらいとコベニとパワーをげる。
 まえ世界せかいにおいて、荒井あらいはのどをたれ、つぎ頭部とうぶたれ絶命ぜつめいした。
 いま世界せかいにおいて、荒井あらい頭部とうぶだけをたれ絶命ぜつめいした。
 いま世界せかいにおける過去かこ回想かいそうは、この合成ごうせい画像がぞう右側みぎがわのようにトーンがられている。  

 

f:id:tenfingers:20200925111059p:plain

返り血なし・あり
 今の世界せかいのコベニ(左)は顔に返り血を浴びず、顔の血をこすった形跡はない。
 まえ世界せかいのコベニ(右)は顔に返り血を浴びている。
 

f:id:tenfingers:20200920143507p:plain

野生的なパワー
 今の世界せかいのパワーはスーツを着て体や髪を洗い、時刻を守る理性的なパワーだ。
 まえ世界せかいのパワーは全裸で体や髪を洗わず、おそらく時刻の観念がないパワー。
 野生的なパワーが現代文明的なパワーになるまで数週間はかかりそうだ。その間ずっとコウモリの悪魔がニャーコを世話するとは考えにくい。

 

f:id:tenfingers:20200924133716p:plain

舌を怪我している前のコウモリ
 今の世界せかいのコウモリは舌を負傷していないが、まえの世界では舌を負傷してたり、檻をもたなかったりする。野生的なパワーでは不憫ふびんなことにニャーコを助けられない。
 
 
 このように、黒枠はまえの世界で、今の世界とは違う。それを踏まえ、デンジ()とポチタの契約「三つ」を振り返ってみよう。

 

f:id:tenfingers:20200925113449p:plain

一つ目の契約
 一つ目。前の世界。
 デンジ「お前を助けてやるから…俺を助けろ やっぱ俺も死にたくねえ…」  

 

f:id:tenfingers:20200925171215p:plain

二つ目の契約(約束ではなかった)
  二つ目の契約。前の世界。
 デンジ「悪魔には…死んだ人の体を乗っ取れるヤツもいるらしい
 デンジ「ポチタにそれができるんだったら……
 デンジ「俺の体をポチタにあげてーんだ丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶丶
 デンジ「普通の暮らしをして 普通の死に方をしてほしい
 デンジ「俺の夢を叶えてくれよ

f:id:tenfingers:20200829191251p:plain

三つ目の契約
 
 三つ目の契約。今の世界。
 ポチタ「私の心臓をやるかわりに……デンジの夢を私に見せてくれ
 
 さて、黒枠が前の世界とすると、1話におけるデンジとポチタの契約が、一つ目と二つ目はないことになる━━普通に考えれば。三つ目だけが有効な契約に思える。しかし、三つとも有効だ。

 

f:id:tenfingers:20200925104823j:plain

「キミ」がポチタとしたのは約束じゃなく契約
①「キミが普通の生活をするかわりに」
②「ポチタはキミに心臓をあげる……」
③「キミがポチタとしたのは約束じゃなくて契約だったんだよ」
④「私は考えたんだ どうすればその契約を破棄する事ができるかって」
 
 ものすごくややこしい!
 どれがどの契約かわかりにくい!
 特に④「その契約」って三つのうちどれだ?
 黒枠が前の世界と踏まえ、三つの契約を全文把握しないと全くわからない。
 まず、この回でマキマは「デンジ君」「キミ」を両方多用し、
 実は「キミ」を二種類で使い分けている。
 さらにあえて一度も呼ばない言い方【デンジ】を隠している。
 
 読んでる人は?????だろう。
 なので難しい話は全部やめて、別の言い方をしよう。

 

 

 今の世界の「デンジ君」は【デンジ】ではない。

 「デンジ君」は前のポチタが今の世界に来た時、

 【デンジ】の体を乗っ取ってしまった存在だ。

 そう、この世界には二人(匹)のポチタがいた。

 

 

>デンジ「俺の体をポチタにあげてーんだ
>デンジ「俺の体をポチタにあげてーんだ
>デンジ「俺の体をポチタにあげてーんだ
 
 おそらく前の世界でデンジは死に、
 ポチタは何らかの力で今の世界、
 幼少期のデンジがいる時期にやって来た。 
 その時、二つ目の契約により、
 ポチタは前のデンジの死体ではなく、 
 新しい世界の子供デンジの体を自動的に乗っ取った。
 
>デンジ「普通の暮らしをして 普通の死に方をしてほしい
>デンジ「俺の夢を叶えてくれよ
 
 生きたままの乗っ取りなので魔人とは違い、頭部が変化せず、
 前のポチタは「普通」の子供並に弱くなり、自分が誰か忘れた。

 

  

f:id:tenfingers:20200925122538j:plain

キミの名は
 そして「普通」の子供として暮らしていた
 今の世界の「デンジ君」、【ポチタ=デンジ】は、
 酔ったデンジの父親に殺されそうになった。
 その時、一つ目の契約の「俺を助けろ やっぱ俺も死にたくねえ…」が発動、
 「普通」の「デンジ君」はチェンソーマンに変身…

  

f:id:tenfingers:20200925123458j:plain

影がチェンソーマン

  

 そして「キミ(チェンソーマン)」は死なないためにデンジの父を殺した。
 
 “デンジ君(ポチタ=デンジ)のお父さん”
 “キミ(チェンソーマン)が殺したんでしょ”

 

 

f:id:tenfingers:20200925124350j:plain

一つ目の契約により

  

  仕方がなかった。
 デンジ乗っ取りもデンジ父殺しも契約によるものだった。
 しかし、事が済んだ後の「デンジ君」は
 前のデンジ「普通の暮らしをして 普通の死に方をしてほしい
 今のポチタ「デンジの夢を私に見せてくれ
 という契約のため、「普通の暮らし」のため、記憶を封印した。

 

f:id:tenfingers:20200925132427j:plain

普通の生活は…
  「デンジ君」はデンジという人間ではなかった。

 

f:id:tenfingers:20200925132723j:plain

ファンゆえに下から目線のマキマ
 キミの名はチェンソーマン。

 

f:id:tenfingers:20200925134721j:plain

もう普通じゃない
 自分をデンジだと思っていたチェンソーマン。

 

f:id:tenfingers:20200925134815p:plain

キミの意識は
 キミはデンジの夢を生きたチェンソーマンだった。 
 
 
 
 
 ………。
 けれども、なぜ地獄のヒーローが犬になり、デンジと絆を結べたのか、
 デンジとしてアキやパワーと本当の家族になれたのか、
 どこかに神の救いと慈悲が残されているように感じられる。
 ポチタ=デンジがたまに見せる悪魔性はチェンソーマンの本性だとしても、
 全てが偽物だったと言うには「デンジ君」は人間らしい。
 この漫画は地獄の申し子のようなチェンソーマンが愛を知る物語ではないだろうか。
 ポチタが犬、dog(Godの逆さ)なのがすでに救いに思える。
 どんな悪魔を食べても満たされなかったチェンソーマンが「腹いっぱい」に、
 食べなくてもデンジと共にいて「胸いっぱい」に満たされる物語。
 「父殺し」の大罪すら赦される愛の物語。
 

f:id:tenfingers:20200925141702p:plain

誰の意識?
  そしでまだ、謎は残っている。
 「デンジ君」の夢に出てくる前の(?)デンジは、本物のデンジ?
 なぜ前の世界が今の「デンジ君」の夢にいつも出てきたのか。

 

f:id:tenfingers:20200925131201p:plain

異なる扉
 「デンジ君(ポチタ=デンジ)」の罪の扉と
 「開けちゃ駄目だ」の扉はドアノブの位置が逆で周りも違う。

 

 

f:id:tenfingers:20200923173631p:plain

好きなタイプ
 マキマの好きなタイプは「デンジ」?

 

f:id:tenfingers:20200923175833p:plain

マキマの涙
 マキマの涙は何だったのか。

 

f:id:tenfingers:20200919061611p:plain

はじめての

 

 マキマのハグは何だったのか。
 
 『チェンソーマン』の愛と救いの物語は続く。