ヒストールのブログ

ここは新葦原中邦の島

【呪術廻戦132話】アイヌのオオカミ神「虎杖丸」

 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ヴィヴリア神話ムーソロギアーアイヌ叙事詩ユカ好きのヒストール、よろしくね。
 これは『呪術廻戦』の132話考察。虎杖悠仁の正体に近づくための記事。
 ネタバレ注意。
 今回は凄すぎた。興奮冷めやらない。わたしは眠れないので記事を書く。
 
 

f:id:tenfingers:20201207010650p:plain

狩るものと狩られるもの
 
 Kino(超最高傑作の映画)。
 美しい…。見惚れる光景だ。
 

f:id:tenfingers:20201207010818p:plain

エゾオオカミの魂?
 
 雪景色に、オオカミとしての悠仁、ウサギとしての真人。
 

f:id:tenfingers:20201207011015p:plain

俺はオマエだ
 
 悠仁は覚悟を決めた。「ただオマエを殺す」と。以前の悠仁は誰の顔も思い浮かべず主語も目的語もないまま「ブッ殺してやる」と言う殺意マシーンだった。今の悠仁は自分がナナミンに後を頼まれた呪術師で、相手が真人という呪霊で、「俺はオマエだ」とハッキリ意識している。前の悠仁と今の悠仁は覚悟が違う。
 

f:id:tenfingers:20201207011309p:plain

咄嗟の判断
 
 真人は東堂の拍手を理解できず、恐れて振り返った。悠仁は東堂の意図を察して待った。このシーンはいい意味で昔話めいている。ここで勝敗が分かれた。
 

f:id:tenfingers:20201207011509p:plain

今までの全てを利用した
 
 真人戦のMVPは東堂!東堂のナイスアシスト!東堂は負傷し術式を失いながら知恵と勇気で呪霊をだまし抜いた。
  

f:id:tenfingers:20201207013131p:plain

助ける気が微塵みじんもない顔
 
 偽夏油がやって来たがすごく怖い顔をしている。真人が偽夏油にどう答えてもひどい結末を迎えそう。偽夏油が素の顔を真人に見せるのは初めて。偽夏油と真人については次回を待つとしよう…。
 

f:id:tenfingers:20201206114146p:plain

アイヌと虎杖丸とオオカミ
  
 北海道民族学、梅木佳代の論文『口承文芸にあらわれるアイヌのオオカミ観:先行研究との比較を中心に 』によれば、アイヌの英雄叙事詩ユカに登場する虎杖丸いたどりまる(原語:クトネシリカ」と呼ばれるカムイ
の刀は「オオカミの意匠の表現が確認できる
ようだ。『呪術廻戦』0巻では夜蛾が「アイヌの呪術連にも協力を要請しろ」と言っている。132話で虎杖悠仁はオオカミの姿で象徴化シンボライズされた。悠仁は、オオカミの意匠持つ虎杖丸いたどりまるに関わりある生まれか。
 

f:id:tenfingers:20201206135408j:plain

秋田犬よりデカい「ホケウ(狼)カムイ(神)」
 
 アイヌ語でオオカミを《ホケウ》と言う。『ゴールデンカムイ』では最後のエゾオオカミ「レタラ(アイヌ語:白)」が登場し、アシリパの父ウイルク(ポーランド語)もホケウを表し、黄金の場所もホケウに関するとか。アイヌにとってホケウはとても神聖な生き物だったようだ。虎杖悠仁はホケウカムイ(呪術師は土地とちがみを1級呪霊として扱う)の子か?悠仁の脚力や宿儺の魂に支配されない肉体はホケウカムイに由来するか?何やら話が急にアイヌめいてきた!
 

f:id:tenfingers:20201028111338j:plain

虎杖丸いたどりまる(クトネシリカ
 
  アイヌ語《ホケウカムイ(オオカミの神)》は「高位の天神」で「地上にオオカミの分体アバター」「虎杖丸いたどりまると呼ばれるカムイの刀の意匠」として現れる“力”らしい。わたしアイヌ叙事詩ユカは好きだが専門的に詳しくない。ちゃんと調べたい人は専門家をあてにしてね。とは言え、謎に包まれていた虎杖悠仁の出生は、アイヌ虎杖丸いたどりまる、オオカミで調べやすくなった。
 

アイヌ最強の剣”虎杖丸”とは?「虎杖悠二×アイヌ民族」徹底考察!!【呪術廻戦】
 
 素晴らしい考察者テルの“虎杖丸いたどりまる”考察動画を紹介。
 

ポイヤウンペとルロアイカムイの戦い 意訳版 アイヌ音声 日本語字幕
 
 虎杖丸いたどりまるを使う英雄ポイヤウンペのアニメーションを参考にどうぞ。
 
 この記事が面白かったら、スター押し、ブクマ、コメント、リツイートなど(人∀・)タノム