ヒストールのブログ

ここは新葦原中邦の島

誤訳「進化🎦」と偽ダーウィン🐒で19年だます国害自民党

f:id:tenfingers:20200628124304j:plain

「進化」は誤訳で、ダーウィンはそう言っていない。

 

 誤訳「進化シンカ」や偽ダーウィン🐒を語ることは国害だ。

 

Evolutionに《進》《化》の字面はない。

Evolutionはex《外》+ラテン語 volvere 《巻》"to roll," 。

エヴォリューションは「巻かれたものを外す(開く)」。外巻はずしまき。意訳なら開巻ひらきまき。中国風の音読みでは子供や学生にわからないので、日本語の訓読みにすべき。

 

自民党は偽ダーウィンの言葉を誤用しているが、ダーウィンのどの著書📚にもこの言葉はない。おまけにこの訳の最後は、肝心の部分が抜けている。

 

It isn't the strongest of the species that survive,
nor the most intelligent but the ones most responsive to change.

「最も強い者が生き残るのではなく、最も賢い者が生き延びる訳でもない。唯一生き残るのは、変化できる者である。」

   

  国害自民党は「進化シンカ」を語り、「憲法ケンポウ」改正を目論んでいるが、それは「国民主権コクミンシュケン(popular sovereignty)」を排除するためで、「国民主権コクミンシュケン」は国の最低条件だ。国害自民党は国の最低条件「国民主権コクミンシュケン」が何かわからないまま、国の礎を壊そうとする国害グループ。国の礎を壊すことを「進化シンカ」と呼ぶ危険な国害グループはテロリストよりも危険だ。テロリストより危険な国害を与党の座につけるメディアや大衆もきわめて危険だ。

 

また、さらに危険なことに、「憲法ケンポウ」「国民コクミン」「主権シュケン」「民主主義ミンシュシュギ」は全文字誤訳で、原語と逆の漢字が使われている。自民党に対して「憲法」を守れ、「国民主権」を守れ、「民主主義」を守れ、と反対する側さえも国害老害の類。国害自民党も、反自民の国害も、何も考えて生きていない。

 

世界と江戸時代に「国民コクミン」「権利ケンリ」という言葉はない。The peopleは国や「民族」で区別しない用語だから、人の等しさの柱になれる。Rightは返事や語尾や“右👉”として使われる日常語で、権威や利益と違い万人が持っているもの。スラングじゃあるまいし、「国民」「権利」という真逆の汚い字を使う大人は、頭がどうかしている。

 

進化シンカ」や偽ダーウィンを語る国害自民党も、「憲法ケンポウ」「国民コクミン」「主権シュケン」「権利ケンリ民主主義ミンシュシュギ」というスラングを語る国害も、どちらも日本に不要な老害だ。

 

偽物語ニセモノガタリをやめて、まことモダニズムをそろそろ始めなければならない。まずはエヴォリューションの訳、外巻はずしまき、意訳の開巻ひらきまきから始めよう 。