ヒストールのブログ

ふんぐるい むぐるうなふ

【呪術廻戦144話】四つ目の天元や宿儺はサグ・ディード?

 

f:id:tenfingers:20210320231759j:plain

帝高陽之苗裔兮皇考曰伯庸━━『楚辞』離騒
 
 昔は誰でも朕、詔、璽を使っていた。
 
 
 ハロー、ガイズ。
 わたし聖書ヴィヴリア神話ムーソロギアーゾロアスター好きのヒストール、よろしくね。
 これは『呪術廻戦』144話から天元と宿儺の四つ目考察。144話の感想記事じゃないよ!
 
 
 

f:id:tenfingers:20210329230728p:plain

地味な方の天元
 
 派手に爆発するイケメン天元でなく、エキストラ呪霊のような天元。これは天内理子と同化してないからか。
 

f:id:tenfingers:20210330131534p:plain

六眼
 
 天元は六眼持つ人(五条悟)がいると接触が不可能らしい。つまり天元は六眼に見られたくないものがある。それは、天元が宿儺に近しい存在だからでは。
 

f:id:tenfingers:20210330132314p:plain

進化先は宿儺
 
 もしも天元の進化━━「より高次の存在」「“意志”というものがない」━━が宿儺の配下的なもので、人類の敵なら…進化途上でも六眼で見られたくないはずだ。
 

f:id:tenfingers:20210224160333j:plain

f:id:tenfingers:20210329231531p:plain

おにやらい
 
 「宿儺」は有名になった。が、【儺】が「おにやらい」と読むことは広く知られていない。名は体を表す。宿儺は鬼を追い払う名で、鬼ではない。ビジュアル的に十二神将のよう。
 

f:id:tenfingers:20210330031631j:plain

蒼天航路』の蔡邕さいよう
 
疫神:帝顓頊有三子,生而亡去為鬼,其一者居江水,是為瘟鬼;其一者居若水,是為魍魎;其一者居人宮室樞隅處,善驚小兒。于是命方相氏黃金四目,蒙以熊皮,玄衣朱裳,執戈揚楯,常以歲竟十二月從百隸及童兒,而時以索宮中,敺疫鬼也。桃弧棘矢土鼓鼓,旦射之以赤丸,五穀播灑之以除疫殃,已而立桃人葦索,儋牙虎神荼、鬱壘以執之,儋牙虎神荼、鬱壘二神海中有度朔之山,上有桃木蟠屈三千里卑枝,東北有鬼門,萬鬼所出入也。神荼與鬱壘二神居其門,主閱領諸鬼,其惡害之鬼,執以葦索食虎,故十二月歲竟,常以先臘之夜逐除之也,乃畫荼壘并懸葦索于門戶以禦凶也。━━『蔡中郎集』外集巻四「独断」

 

 節分はついという大晦日の行事を源の一つとする。『蒼天航路』で董卓に高評価された蔡邕さいよう(133-192年)。彼が書いた『蔡中郎集』外集巻四「独断」では、つい方相氏は黄金四つ目(の面をつけ)、黒と赤の衣を着て、熊の皮をかぶり、矛をとり、盾を揚げて鬼を祓う(おにやらい宮中行事だ。四つ目の後に火を持った奴隷と童の百人ほどが続く。桃の弓に棘の矢をつがえ、土鼓を鳴らす。昔は方相氏が鬼を祓う側だったが、時を経て、方相氏が鬼として追われる側に零落した。ついの「儺」「四つ目」「火」「弓」は宿儺とかぶる。
 

f:id:tenfingers:20210330182050j:plain

偽風水による猿ヶ辻
 
 日本風水の「東北に有る鬼門、万の鬼が出入りする所なり」は蔡邕さいようの鬼門通り。蔡邕さいよう王充おうじゅう(27-97年)の『論衡ろんこう』から鬼門を書いた。ネットに「鬼門の起源は『山海経せんがいきょう』にある」「新井白石が『鬼門説』でそう書いた」のページがあるが、『山海経せんがいきょう』に鬼門の語はない。白石は『論衡ろんこう』を真に受けて間違えた。中国語の鬼は主に目に見えない「幽霊」や蔑称で、怪力で恐ろしい存在じゃない。中国風水は東北を鬼門として固定化しないし、鬼門は研究や論文のテーマとして書かれない。要するに鬼門は、京都や江戸の都市計画にする程の由緒がない。「鬼門の方角を欠くべき(例:猿ヶ辻)」も迷信に過ぎない。
 

f:id:tenfingers:20210331055652p:plain

つい≒ハロウィン🎃!?


 

ついより四方拝に続くこそ面白けれ。晦日の夜、いたう闇きに、松どもともして、夜半過ぐるまで、人の、門叩き、走りありきて、何事にかあらん、ことことしくのゝしりて、足を空に惑ふが、暁がたより、さすがに音なくなりぬるこそ、年の名残も心ぼそけれ。亡き人のくる夜とて魂祭るわざは、このごろ都にはなきを、東のかたには、なほする事にてありしこそ、あはれなりしか。━━『徒然草
 
 渋谷事変の日付と死滅回遊の十九日ネタを引っ張ると『徒然草』の十九段もついの事が書いてある。ついは「亡き人の来る夜として魂を祀る」ハロウィン🎃!都(京都)にはなく、東ではまだやってるのが「あはれ」。
 

tenfingers.hatenablog.com

 

f:id:tenfingers:20210331060700p:plain

宝剣(草薙剣)は失せにけり━━『平家物語

 

 日本は『平家物語』でヤマタノオロチを神竜と書き、草薙剣を「千尋の海の底、神竜の宝になりしかば、再び人間に返らざるも理とこそ覚えけれ」と記し、謡った。草薙剣は壇ノ浦で失われた。今の草薙剣は偽物、鏡も疑わしい。また伊勢に三種の神器というしきたりはなかった。神器が失われた不安から、浄土宗や浄土真宗が流行した。有名な鬼神、酒呑童子は伊吹大明神(ヤマタノオロチ)の子と位置づけられ、草薙剣の正統所有者と暗示された者。
 

f:id:tenfingers:20210330140935p:plain

f:id:tenfingers:20210330140958p:plain

ネウロ136話
 
 中華の鬼は、帝の証を持つべき者という含みはない。ただし、儒が理想とする堯舜の帝、堯から舜への禅譲は凄まじく黒い裏がある。舜でなく四凶渾敦コントン窮奇キュウキ梼杌トウコツ饕餮トウテツ)に真の帝たるべき者がいた。今『逃げ上手の若君』を描いている松井優征は、『魔人探偵脳噛ネウロ』において洪水テロを起こしたDRを中華を裏側から操る一族、共工キョウコウ窮奇キュウキ)の末裔として描いた。共工キョウコウは洪水を起こした水神とされ、DRの洪水テロもそこから来る。が、「共工キョウコウは全土(九有)の覇者━━『国語』巻04」 とあり、共工キョウコウの娘の匂龍コウリュウコウ(全土の地母神)だ。共工キョウコウは天を西北に傾け、中国の河川をすべて東南向きに流した超人指導者だった。娘も全土の地母神とされるほど超人。 共工キョウコウは、治水ができないが人心掌握と情報操作に長けた舜に政権争いで負け、治水でなく洪水を起こした悪神や化物にされたのだろう。月刊マガジン『龍帥の翼』の窮奇キュウキ張良チョウリョウ側の武人として描かれている。窮奇キュウキ共工キョウコウ)は風神で日本の鎌鼬カマイタチの原型とされ、ついにおいて厄を食べる獣ともされる。『キングダム』ネタは無いッ。    

 

shonenjumpplus.com

 

両面スクナの分身の片面は天皇たるべき人であったに相違ないように思われる。そして、それが天武天皇によって亡ぼされたこともほぼ確実でしょう。━━坂口安吾安吾の新日本地理 飛騨・高山の抹殺』

 

 ヒストリー初の天皇は天武。天武は日本建国者で『古事記』『日本書紀』を編纂させた。しかし、坂口安吾宿儺を初代天皇たるべき人と書いている。天皇の位牌を預かる泉涌寺はなぜか天武系の位牌だけ除外している。さらに「平安時代になってからの記録を調べると、歴代の天皇陵に対する“奉幣ほうへいの儀”が、天武系の天皇に対しては、まったく行われていない」。初代天皇で日本建国者が子孫ごと非天皇扱い。日本や中華の帝はごく初期からいびつだ。そして記紀天皇をかかげた明治維新と政府もひどくいびつだ。  

 

tenfingers.hatenablog.com

 

f:id:tenfingers:20210330223917j:plain

京都市東寺の悪魔インドラ像
 
ゴータマ・ブッダの「ゴータマ」は“最高の牛”。ゴータマの角持つ者をオニとするのは仏への逆らい。シッダルタは無駄な苦行努力をやめて牛乳粥を食べた。「丑寅(牛虎)」を悪い方角と言うのは仏法に反するし、「丑三つ刻」を悪い時間とするのは仏道に外れる。インドや中東や西洋は「右が善で左が悪」。右なる“rights【正】”は権や利ではない。初期仏典では七が聖なる数で五が未熟者や苦を示す。善神なるアフラは阿修羅ではない。悪魔なるインドラは帝釈天仏道の“天皇”)ではない。四魔王は四天王ではない。明星の堕天使丶丶丶丶丶丶は菩薩ではない。呪われた島とは、ゴータマに反して牛乳を飲まず、苦行努力を好み、ゴータマの角持つ者をオニと呼び、丑寅を不吉な方角、丑三つ刻を不吉とし、左眼から生まれた魔の太陽を崇め、左を上にして和服を着て、左大臣を右大臣よりえらい者とし、右なる正しさを権利と偽り、鬼門の七殺を語り、五色幕で寺を飾り、明星天子ルシファー虚空蔵菩薩)に取り憑かれたスカイシー空海を崇敬し、善神なるアフラを阿修羅に貶め、悪魔帝のインドラを帝釈天と崇め、四魔王を四天王として崇める島だろう
 
  
 日本では四つ目の犬(眉で四つ目のような犬)は不吉とされる。ところが、インドやイランの四つ目の犬は聖なる犬だ。
 
サラマー(神話的牝犬)の子なる二匹の犬、四つ眼にして斑あるを、直路に過ぎり走れ。しかしてよく賜物を頒つ祖先に近づけ、ヤマ(閻魔)と共なる饗宴を楽しむところの。
ヤマよ、汝の二匹の番犬、四つ眼にして、道を守り、人間を監視するこれらの〔犬〕に、彼(死者)を託せ、王(ヤマ)よ。彼に安寧と無病とを授けよ。
鼻広く・茶褐色(?)にして、生命を奪う・ヤマの二匹の使者は、人間のあいだを徘徊す。この二匹は、今日ここに、幸多き生命をわれらに返し与えよ、〔われらが〕太陽を見んがために。━━『リグ・ヴェーダ』ヤマの歌10・14・10〜12
 
 黄色の四つ目の、(あるいは)白色で黄色の耳をもつ犬を、三度その道で往来させよ。
スピターマ・ザラスシュトラよ、
黄色の四つ目、(あるいは)白色で黄色の耳をもつ犬が連れてこられるや、かの死魔は北方へ逃げ去る。━━『アヴェスター』ウィーデーウ・ダート8-15

 

 いわゆる拝火教ゾロアスター教の啓典『アヴェスター』において、四つ目の犬━━両眼の上に斑点がある犬━━は屍魔ナスを駆逐するとされ、サグ・ディード(いぬ)と称して検死の役を担い、浄めにも重要な役割を持つ。四つ目の犬は悪魔祓い、おにやらいの聖犬。呪われた日本は四つ目の聖犬を不吉とする迷信があったが、宿儺や天元の四つ目は、アヴェスターやヴェーダの四つ目かもしれない。アフラ(善神)とダエーワ(悪神)の流れは、ユダヤやキリストやイスラムに継承された。アスラ(阿修羅)とデーヴァ(神々)の流れを組む仏道は悪魔的。わたしは前に真人を閻魔の鏡(浄玻璃の鏡)として考察した。『リグ・ヴェーダ』のヤマ王(閻魔)の生命を奪う犬と宿儺王・真人はつながるかもしれない

 

tenfingers.hatenablog.com

 

 

f:id:tenfingers:20210330225719j:plain

アルダシール1世(左)とアフラ・マズダー(右)
 
 アヴェスターでは世界の輪廻超越として、四角い方舟にイマ(閻魔)が入り、世界を沈めるアンラ・マンユの大雪(大洪水に該当)が降る。世界は滅び、人の生まれ変わりはない。なぜなら、四角は廻らない。日本で知られていないが、ゾロアスターから善神と悪神(天使と悪魔)、終末、終末に向けてのヒストリー、サオシュヤント(メシア、キリスト、弥勒)、救世主の白馬、復活、総審判(最後の審判)などが始まった。アフラ・マズダー智慧神)の息子アータル(火)は、護摩の火の源。眞言マンスラ真言マントラの源。ゾロアスター以前と以後の世界は別物。ゾロアスターの影響力と質において、後発のブッダなど比較にならない。ユダヤやキリストやイスラムゾロアスターを消化しきれていない若者だ。13世紀インドで仏道は絶滅した。仏道は死にゆく老人。またヴェーダは征服者アーリア人にもたらされたもので、インドに元々いた人々の発案じゃない。
 

f:id:tenfingers:20210330205055p:plain

兄貴認定
 
 偽りの初代天皇が作らせた神話は「兄弟姉妹」があるが、世界は兄弟姉妹や先輩後輩や帝臣民の上下用語はない。目上目下や先生生徒もない。三年の東堂葵は先輩面や兄貴面をしないブラザーなので、張相と葵はどんな関係になるだろう。

 

tenfingers.hatenablog.com

 

f:id:tenfingers:20210330231628p:plain

星が敵
 
 呪術廻戦は、絶望的な日本が描かれる。野薔薇や菜々子・美々子の田舎な地元が邪悪。京都の名門は老害。都会の呪霊は地方より悪質。呪術界は腐ったミカンのバーゲンセール。非術師は無自覚に呪霊を生む。呪術師はヒーローじゃない。日本人は愛を普段言わない。世界で年齢差のないブラザーやシスターを上下関係だけで呼ぶ。土地神(産土神うぶすながみ)に呪術師が殺される。土地神を1級呪霊として祓う。森や海も空も人の敵。高次の存在が人間の敵。ハロウィンに隕石が降り、1000万の呪霊が湧き、首都が壊滅する。
 

f:id:tenfingers:20210330231914p:plain

呪いの向こうへ
 
 兄弟も姉妹も民も天皇も神も仏も鬼も偽物の島で「考える」には、日本や漢文や仏典にない言語が要る。聖書や英語はもちろん、仏道を駆逐する四つ目の犬が要る。聖犬見サグ・ディードで呪いから脱却するか━━アンラ・マンユの大雪で旧世界は滅ぶべきか。わたしは呪いなき新しい世界を見てみたい。

 

 追記:2021年4月4日
 蒼天航路曹操から海っぼい漏瑚の《瑚》がなぜ大地なのかわかる。

 

tenfingers.hatenablog.com

 

ゾロアスター教の悪魔払い

ゾロアスター教の悪魔払い

 

 

リグ・ヴェーダ讃歌 (岩波文庫)

リグ・ヴェーダ讃歌 (岩波文庫)

  • 発売日: 1970/05/16
  • メディア: 文庫